巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

akutousinsi26

悪党紳士   (明進堂刊より)(転載禁止)

ボアゴベ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.7.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

akutousinsi

悪党紳士        涙香小史 訳

               第二十六回

 話替わり、大尉有浦は花房屋お蓮に向ひ、種々思う事を打ち語り、綾部安道よりは、蘭樽伯こそお仙の為に好ましい婿夫なので、綾部が心持を悪くして、此の家を立ち去ったのを幸い、綾部にもお仙にも縁組の事を思い切らせ、その上で蘭樽伯に交わりを結ぶのが好いと相談し、大方整ったので、別れを告げて立ち出でようとする折りしも、初めてお仙の家出したのに気付いた。

 お仙は有浦とお蓮が余念も無く語らって居るうち、私(ひそ)かに家を出て綾部の宿に尋ねて行ったことは、読者の既に知る所である。有浦も直ちに斯(そ)うと覚ったので、今お仙と綾部の仲を割こうと思う矢先に、二人を逢わせては一大事、直ぐ行って連れ帰ろうと、又も馬車に打ち乗って綾部の宿を指して急いだ。

 頓(やが)て其の宿に着き、梯子段を上ろうとする丁度その時、上から早足に下りて来る者があった。見れば是なんお仙嬢である。顔に無量の怒りを帯び、涼しき目に涙を浮かべ、傍(わき)目も振らない其の様子は、唯事では無いと、有浦は早くも引き留め、
 「コレお仙や、お前は全体何うしたのだ。」

 お仙は悔しそうに、
 「綾部に騙されました。綾部は外に女が有るのに、夫(それ)を隠して、今まで私を騙して居ました。アの様な不実者とは今が今まで。」
と半分云って、四辺(あたり)も憚(はば)からず泣き出すのを、有浦は推し宥(なだ)め、
 「イヤ、夫(それ)は結局幸いだ。お前の母御も、最(も)う綾部の事は思い切らせ、善い婿夫を取らせる積りで居るのだから。爾(そう)だ、綾部の事は是切りで思い切るが好い。決して最う二度と綾部に逢はない様に。ナニ泣くことは無い、思い切っー。」

 (仙)ハイ最(も)う思い切りました。二度と彼の様な人には、顔を逢はせません。
と制(こら)え兼ねて口走るのを、有浦は更に様々に言ひ賺(すか)し、終に我が馬車に推し乗せて、一人で母お蓮の許へ帰らせた。此の時三階の上の一室(ひとま)には、綾部安道と彼の怪しい女との悶着が、今猶(な)お最中であった。綾部は此の女の為に、又と無いお仙に愛想を尽かされたと思うので、何うして堪忍が出来るだろう。平生の柔和に引き換えて言葉さえも荒々しく、

 「コレ女、手前は全体何者だ。失敬にも俺の居間へ押し入ってサ、何しに来た、白状せよー。白状」
 女も此の荒い言葉には敵し兼ね、今は非常に不審の顔で、
 「私は有浦さんの案内状を受けて来たのです。何も貴方から其様に叱られる道理は有りません。来たのが悪けりゃ、有浦さんをお叱りなさい。」
 (綾)嘘だ、有浦が手前を茲(ここ)に寄越す筈が無い。
 (女)ダッて貴方、私が今まで貴方と親しいと云うのでは無し。此の宿に綾部安道と云う、此の様な腹立ちっぽい方が居ると云う事を、知って居る筈は無し。有浦さんから招かれなきゃ、私しが無理に茲(ここ)へ来る筈が有りません。

 (綾)手前は有浦の何者だ。
 (女)ハイ、有浦さんには此の頃始めてお目に掛って、酷(ひど)く御恩に為った、丸池お瀧と云う者です。
 (綾)何だか知らないが、手前の様な奴に用事は無い、早く出て行け。
と言いながら、遠慮も無く其の手を掴み、室(へや)の外へ突き飛ばそうとする。

 出会い頭に入って来た有浦、三人顔を見合わせて、
 (有)オヤ、
 (お瀧)オヤ
 (綾)オヤー
 解け無い不審に綾部は先ず、
 「有浦君、君は余りじゃアないか。訳も言はずに、突然此の様な女を寄越すとはー。」

 (有)俺は何も寄越しやア仕無いがー。
と聞いて、お瀧は夢中になり、
 「アレ、彼(あ)んな事を仰るー。貴方今私に馬車を寄越し、此の馬車に乗って直ぐに春田町の是々した所へ来いと、手紙をお寄越しなさった癖に。」
 (有)是は怪しからん。
 (瀧)貴方こそ怪しかりません。其の証拠には貴方から寄越した其の馬車が未だ外に待って居ます。ご覧なさい。

 三人均しく三階の窓から首を出し、其の下を俯し望むと、馬車らしき者は一輌も無い。お瀧は殆ど泣き出しそうな顔で、
 「アレ、先(ま)ア、何うしたら好いだろう。何時の間にか馬車は無く成りました。」
 (有)馬車は無くなっても、俺から遣ったと云う手紙が有ろう。有るなら見せろ。
 此の言葉にお瀧はホッと呼吸(いき)をつき、
 「アア忘れて居ました。其の手紙は茲(ここ)に有ります。サ是が何よりの証拠です。」
と云いながら差し出すのを、有浦と綾部は首を並べて読み下すと、

 「至急申し上げます。唯今から春田町の宿屋で、僕の友人綾部安道と云う者が、僕に夕飯を馳走するとの事なので、お前様も至急御出で下さい。知己(ちかずき)と為って置けば、後々屹度(きっと)お前様の為にも成る事でしょう。尤もこの人は、至って人交(ひとづき)が悪いので、入り口からお前様を突き返そうとするかも知れませんが、心の底は至極柔らかな人なので、強いて無理にも其の部屋の中へ御入りなさるって下さい。是には少々狂言の有ることなので、成る可く馴れ馴れしく話し掛け、無遠慮に成さる方が宜(よろ)しいかと思います。

 左すれば、綾部は、お前様の気象を愛し、頓(やが)て存外に打ち解けること請け合いです。何分にも無理に入って慣れなれしくすることが肝腎なので、お前さまの手際で、呉々(くれぐれ)も宜(よろ)しくお頼み申します。僕も直ぐに後から参りますので、又此の仔細は自然と分かる事になりますから、直ぐ様此の馬車に御乗りなされば、道筋は御者へ申して置きましたので、御心配には及びません。以上至急お知らせ申し上げます。月日、丸池お瀧様へ。大尉有浦より」

と有り、読み終わって、二人は一様に事の意味を悟り、
 (有)又曲者が。
 (綾)又曲者がー。
と一様に叫んだ。アア此の手紙は、曲者が綾部とお仙の間を割く為に、丸池お瀧の粗忽なのを幸いに、之を欺(あざむ)き寄せようとして、有浦の名を騙(かた)ったものだ。又二人の仲を割こうとする曲者の計略は、偶然にも有浦の思ふ事と符号したのは奇妙と云うほかは無い。

 斯(こ)うと全く分かったので、有浦は言葉を作ってお瀧を慰め、幾千(いくばく)かの金を与えて、帰したが、それに就けても恐ろしいのは、曲者の力である。彼何(いず)れの所に在るのかは知らないが、一々に人々の振る舞いを見張って居て、有浦が今朝ほど、丸池お瀧に恩を施せた事から、お仙が綾部の許(もと)へ、尋ねて来る事までも、詳しく知って居たことは疑いなく、其の手際は実に人間業とは思われ無い。

 是で有浦は、綾部に向い傍々(かたがた)、お仙を思い切るように説得(ときすす)め、お仙には既に婿夫とすべき人がある旨を告げて、帰って行った。其の後で、綾部は独り思案の末、
 「実に失敬な曲者だー。此の儘(まま)お仙を思ひ切るとも、曲者は許さない。私が影身になって保護して遣らなければ、お仙は何の様な目に逢ふかも知れない。可愛相にー。併しお仙は、此の俺を不実者と思って居るだろう。最も(う)一度逢って、今日の事を言い訳しなければ。爾(そう)だ、未だ思い切られ無い。アア曲者ー、お仙がー、可哀相ー。」
と取り留めも無く呟(つぶや)いて居た。

次(第二十七回)へ

a:270 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花