巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku00

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作  黒岩涙香、丸亭素人  共訳翻案  トシ 口語訳

ボア・ゴベイ「メーブリック事件」の翻案小説

since 2015.9.6

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

この作品は当て字が多いので、読みを振ると()だらけになるので当て字はなるべく止めて、読みに当たる現代の漢字に直しました。

難しい漢字には煩わしいかも知れませんが振り仮名を付けました。

原作には各回に見出しは付いていませんが、便宜上簡単な見出しを付けます。

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳

            訳者前書き

 英国に「美人の獄」と呼ばれた大事件があった。殆ど英国の上下社会を動かした。その事件の怪しく思われる事、その事情の憐れを感じさせる事、実にこの「美人の獄」に匹敵するものは無い。事柄は即ち美人がその所天(おっと)を毒殺した顛末である。毒殺したのか、毒殺はしていないのか、是は実に怪しみ疑うべきだ。罪人として獄に下されたのは、年未だ若い美人である。是は実に憐れだ。英国の上下社会が之が為に動いたのも無理は無い。唯だ動いたのは英国だけではない、欧羅巴(ヨーロッパ)全州、「美人の獄」と云えば、知らない者はない。知って疑わない者は無く、疑って憐れまない者は居ない。ここに説き出だすのは、即ちその事件である。疑うべきその裁判の結果と憐れむべきその美人の身の上である。



次(第一話)へ

a:170 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花