巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

bijinnogoku22

美人の獄 (金櫻堂、今古堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ作   黒岩涙香、丸亭素人 共訳  トシ 口語訳

since 2015.9.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

美人の獄   黒岩涙香、丸亭素人 共訳 

            第二十二回

 丸子嬢は何が故にこの様に心に驚いたのだろう。嬢が書店に入って来た時、その入り口に立っていた二人の紳士は、声高く梅林雪子の重罪事件を評判していた。
 甲「雪子は有罪サ、一旦放免に成ったにもせよ、今に見たまえ、処刑の報に接するのは必然さ。」
 乙「併し左様(そう)でも無かろう。僕の考えでは、罪は無いかと思えるデ。」
と頻りに雪子、雪子と呼ぶ声、嬢の為には、その胸に刺し込む剣に異なら無い。

 嬢は先日、服部勤が、
 「梅林雪子の名前は欧羅巴(ヨーロッパ)中で恐らく知ら無い者は無し。」
と言ったことが偽りでは無かったと感じ、今若しこの土地で、その身が雪子の化身であることを人に知られることがあれば、その恥ずかしさ、その苦しさは、身を切られるよりも大きいに違い無いと思い惑ったので、身を措(お)く場所が益々狭く思われ、脆弱(かよわ)い婦女(おんな)の常として、俄(にわ)かに心が病(やま)しくなって、用事を終わる暇をも待たれず、僅かに一冊の小説を買い求めて、そのまま旅館(やどや)に立ち帰り、嬢が室に入った時は、目も暗む程に心を責めて、卓志(テーブル)の傍らに倒れ、暫しは人事も打ち忘れていた。

 ややあって、旅館の下婢(めしつかい)がこの部屋に入って来た。嬢の苦悶の有様を見て、非常に驚き、早速主人にその由を告げ、医師を迎えて厚い手当てを施した。それでなくても嬢は弱り果て、気も心も常ならないのに加之(かててくわ)えて、倒れた時、その胸部を打ち挫(くじ)いたので、非常に心臓を刺激した。

 医師も容態の危篤なのを認めて、看護婦人を雇い入れ、治療に心を尽くしたが、不幸なる嬢の病気は益々その勢いを増し、翌七月一日には、最早医師もその生死を見分け兼ねる程に至った。この日は、「シチー・オブ・ピーアル」号が新約克(ニューヨーク)に出帆するはずの日である。我が身にこの様な災害が降りかかろうとは、予め知る由も無かったので、嬢は書店に行く前に、既に汽船宿で乗船切符を買い入れて置き、更に乗客名簿に記名をさえ済ましていたが、出帆の当日に及び、嬢は病床に在って、九死一生の有様であった。汽船は嬢の回復を待たず、定めの時間に艫綱(ともづな)を解き、新約克(ニューヨーク)に向け出帆してしまった。

 嗚呼丸子嬢の身には、何時まで不幸が纏(まと)わるのだろうか。漸くにして囚獄の苦を逃れ、更に楽しい月日を送るための端緒(いとぐち)を開こうとすれば、今又病の為に、危篤の淵に沈む。嬢は再び生き回(かえ)って、この世の人と成ることが出来るだろうか。嬢は全く世人の疑いを解くことが出来ずに、冥土(あのよ)へ旅立つに至るのだろうか。今後三、五日の間は、実に嬢の運命を定めてしまう厄日であると思われる。

 この様にして、七月一日を以って里波不(リバプール)を出帆した「シチー・オブ・ビーアール」号は、その後幾許も無くして、一つの驚くべき凶報を全英国に与えた。同号は新約克(ニューヨーク)に航海中、米国の軍艦「ロヤル・オルパート」号と衝突し、共に船体が酷く裂け砕けて、数千の水兵旅客は悉く海底の魚腹に葬られ、僅かに死を遁(のが)れて生命を全うした者は、一人だけとなり、全英国の各新聞紙が、一旦その報道を掲げるや、読む人は皆、その不幸な旅客が、非業の死を遂げたことを悲しまない者は無かったが、中でも服部勤の驚愕(おどろき)と哀悼(かなしみ)とは、一体どれ程だったことだろうか。

 初めの頃は真誠(まこと)の事と思う事が出来ず、呆然として宛(あたか)も夢を見ている様であったが、重ねて新聞紙を繰り返すと、更に明瞭簡単に下の雑報を掲げていた。

 海上の惨害、「シチー・オブ・ビーアール」号は旅客、貨物を搭載したまま洋中で沈没した。溺死者の人名は下の通りと、その表をさえ掲げた。ビーアール号は紛れも無く、丸子嬢が新約克(ニューヨーク)に海航する為に乗るはずの汽船である。嬢が病の為めに遮(さえぎ)られて、同号に乗り組まなかった事を知らない服部勤は、驚き余って心も狂うばかりであった。傍に在る書記に向かい、

 服部「オイ、君は梅林雪子夫人を覚えて居るだろう。」
と突然の尋問(たずね)に書記は喫驚(びっくり)し、急に顔色を変えて、
 書記「ハイ、存じております。」
 服部「あの夫人は既に姓名を安部丸子嬢と変え、「シチー・オブ・ビーアール」号で出立したが、可哀相に運悪く船が衝突して溺死した。コレこの通り死んだ人名表に明らかに記載してあるではないか。」

と言うのを聞くより、何故か書記は猶更面色を失い、宛も死せる人の様になり、終日元に戻らなかった。服部は却って、その為体(ていたらく)に驚いたほどであった。
 一方、里波不(リバプール)に在る丸子嬢は、数多い苦難に冒(おか)されたけれども、未だ命数は尽き果てず、その後、病も日に増して平癒に赴き、やや人心に回(かえ)った時、「シチー・オブ・ビーアール」号の沈没の報道を聞き、更に妾(わ)が名が溺死者中に並び書かれたことを知り、苦しい胸を擦りながら、

 丸「アア私は是で死ぬのが二度だ。梅林雪子で居る時、故郷で死んで、安部丸子と成ってから又海の中で溺死した。もうこの上はこの世界で、誰も私の身の上を知って居る人は無い。夫も無し、家も無し、天が下に知人(しりびと)の無い、真(ほん)の一人者と成って了った。実に行く末心細い身の上と成った。」
と独り嘆きながら、瘦せ細った両手を顔に押し当てて、唯潜々(さめざめ)と泣いて居た。




次(第二十三話)へ

a:151 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花