巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu102

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.3.19

今までの訪問者数749人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

              (一〇二)

 私は足元にしがみつくナイナの様子を見下ろすと、彼女が頭に乗せていた帽子は落ちて、絹糸よりももっと麗しい髪の毛も,散り乱れて肩に掛かり、防寒コートも半ば脱げ落ちて、その白い首から胸のあたりを、非常にあらわにむき出していたので、彼女の下半身に輝いているダイヤモンドは、さながら星の光に似ていた。

 ああ、これらのダイヤモンドは、私の母の形見だったものもあり、我が家、累代に伝わったものもある。私はこのような高貴な品物を、彼女の体に着けて置くのは汚らわしいと思い、容赦もなく頭から首から胸から、全てをむしり取り、ただ私が先日与えた、あの海賊カルメロネリのダイヤモンドだけを残し、

 「お前のような汚れた者にロウマナイ家、代々の宝物を着けさせて置くことはできない。ただ笹田折葉の贈った分だけは、ちょうどお前に見合った品物だ。カルメロネリと言う海賊が盗み貯(た)めた汚らわしい品だから」と言うと、ナイナは私の言葉の意味が十分理解できないと見え、問い返すように顔を上げた。

 「おお、まだ忘れていた約束がある。今夜お前に笹田折葉の、宝物を見せるつもりで、この墓倉に連れて来たが、今はそれを実行するときだ。さあ見ろ」と言いながら、私はあの海賊カルメロネリが、隠した棺のような宝物箱を開いて見せると、中はこれ私が前に、ナイナの目を、驚かせるように、一品一品、順を正して並べて置いた物なので、その光、燦然としてまばゆく、目を射るばかりに輝いているのを見て、泣き悲しんでいたナイナも、これには驚き、我知らず、「これはまあ」と叫びながら、立ち上がった。
 私はあざ笑って、

 「納得が行ったかナイナ、笹田折葉と言う老人が、今まで使った金銭は、皆ここから持ち出した物だ。これは海賊カルメロネリが、政府の捜索を逃れるために、この墓倉に隠した物で、ハピョが生き返ったとき、見つけたのだ。」

 「今から思えば、天から、この復讐を遂げよ、と言って、その費用のために、ハピョが賜(たまわ)ったのも同じこと、もう、復讐は終わったから、全てお前にやる。」と言うと、貪欲の外に、愛もなく、望みもないナイナなので、逃げる道が無い、この瀬戸際に来ても、まだ心はこれに奪われ、余りの見事さに、ほとんど魂が消えたように、うっとりとして眺め入っていた。

 私はまだ敗れた棺に、腰を下ろしたまま、彼女の様子を見ていたが、ああ、彼女、私がただ一夜で白髪の老人になったように、彼女もまた、ただ一夜で、いや、半夜で若々しい色艶は消え、全く容貌の崩れた、老女かと見誤るほどに衰えた。

 わずかにその目だけ、異様な光を放っているが、そのほかに今までのナイナと思われる所は、少しもなかった。彼女の心の苦しみも、私の苦しみにも負けていないか。私は怪しみながら、見るに従い、たちまち我が心の中に、一種の哀れみが起こって来た。

 自分からこの感情を押さえようとしたが、押さえることは難しかった。ますます見れば、ますます、哀れになり、私と言いナイナと言い、こんなにも不思議な運命を負う者が、又とこの世に有るだろうか、と思う心は、涙に潤む声となり、

 「これ、私の妻、ナイナ、私の最愛の妻、ナイナ、お前は死に際の今となっても、ただ一点の悔やみの思いも浮かばないのか。お前の行いを悪かったと悟り、本当にハピョに、済まないことをしたと、一言の詫びを言う気持ちも、起きないのか。」

 「私はお前を、二人といない女として愛し、お前のためには、死んでも良いと思うほどに思い、本当の貞女とは、お前の外にはいないだろうと、身も心も許し、自分の体よりもなお、大切にしていたのに、お前は何の悪魔に誘われて、私を欺くようになったのだ。」

 「これ、ナイナ、お前がもし、私のために、ただ一点の涙を落とし、悲しいと言ったなら、私はお前の罪を、全て許してやるところだった。たとえ墓倉から生き返り、お前がギドウの膝に、抱かれているのを見た時でも、お前がただ一言、ハピョが可愛そうだと言ったなら、私はお前の愛に免じ、そのまま姿を隠してしまい、ギドウとお前を末永く幸福に送らせるところだった。」

 「それが何だ、悲しみもせず、邪魔者を追い払ったなどと、気持ちよさそうに笑われて、どうして怒らずにおられようか。怒るのが無理か。怒るのも愛のためだ。これほど愛しさえしなければ、決してこんな復讐もしなかっただろう。」

 あたかも独り言のように、愚痴の心を繰り返すと、ナイナは耳を傾けてこれを聞き、恐る恐る懐かしそうに、私の方に少し寄り、色のさめた唇にわずかな笑いを浮かべ、昔、私の名前をささやいたときのような声で、「おお、ハピョ、ハピョ」とささやいた。

 私はこの柔らかな声を聞き、なぜか涙がこみ上げて来るのを感じ、自ら哀れさに耐えられないと言った声で、
 「おお、ハピョか、ハピョは死んだ人だ。ここにいるのはハピョの抜け殻、お前はその抜け殻をどうする気だ。ハピョはお前のために、愛を費やし尽くしたが、それでもお前が一点の愛も報いなかったため、この通り、抜け殻になってしまったのだ。」

 と更に独り言のように言いながらも、三十に足りるか足りないかの、血気盛んな一男子が、早くも抜け殻となり、愛も枯れ、身も枯れて、無情の境に入ったかと思うと、自ずから泣かないわけには行かない。泣きじゃくりに胸はふさがり、後は声さえ続かなかった。

 ナイナはこれを見て、その身に初めて哀れを催したか、悲しみ、かつ恥じらう顔つきで、私を慰めようとするように、私のそばに来て、私の膝に寄って来て、私の胸に寄りそい、片手を私の首に巻いて持たれ、「ハピョ、ハピョ」と言ううちにも、高く打つ彼女の胸の波が、聞こえた。彼女は更にその声を低くして、

 「おお、ハピョ、私が悪かった、間違いました、今までの罪は許して、ねえ、ハピョ、先ほどから言った言葉も皆、私の言い過ぎ、これからは心を入れ変え、貴方を愛し、十分貞女となり、今までの罪を償うので、どうか許して、元の通り私を愛して」と訴えるように詫(わ)びだした。

 彼女の声も私と同じく、早、なかば涙に曇っていた。



次103へ



a:749 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花