巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu103

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(拡大率125%が見やすい)

since2010.3.20

今までの訪問者数686人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (一〇三)

 心を入れ変え貞女となり、今までの罪を償うと涙ながらに詫びるナイナの言葉、これ、真に彼女の本心だろうか。私はほとんど判断しかねて更に黙っていると、彼女は後悔の思いに耐えられないといったように、ひどくしおれながら、また愛情に耐えられないというようにますます密接に私に抱きつき、涙をためたその目を上げて私を見つめ、その柔らかな唇を、私のキスを迎えようとするように、動かし始めた。私はまだ無言のままだったが、彼女は消えてしまいそうなやわらかなささやき声で、

 「ご覧なさい、私の容貌はまだ衰えません。この美しさはこれから先も、ただ貴方一人の美しさです。」と言った。ああ、その心の誠実か偽りかは、今更言うまでもないことだ。また今更見破るには及ばない。彼女が今まで自分を愛する者に向かい、どれほど罪深い行動をしたかを思い、また、彼女の唇が偽りの外は言ったことがないことを思うと、私はどうしてこれらの甘い言葉に引き込まれることができようか。いやできない。私が苦労に苦労を重ねた復讐は、この場に及んで、どうして1センチでもゆるめることができようか。いやゆるめることはできない。

 私の腸にはただ私の前途有望な一生涯を人面獣心の一婦人のために過ち終わった悔やみの思いは有るが、その人面獣心の一婦人が今になってもまだ私を丸め込もうとしようとするかと思うと、腹立たしさが又一層加わるのを感じるばかりだ。だから私は非常に悲しそうに、非常に腹立たしそうな声で、

 「何、美しさ、なるほど、お前の美しさはまだ衰えてはいないかも知れないが、顔ばかり美しくても、心が醜ければ何の甲斐が有るだろう。あはははは、ナイナ、心を入れ変え、貞女になるとは、もう、言うことが遅れたよ、その言葉がお前の口から今一年、いや、今半年早く出たなら、お前は当国第一の幸せを得て、生涯を安楽に暮らせただろう。許してくれと言ったところで、今は許しようの無い時だ。許し方の有るような軽い罪や、軽い恨みなら、その言葉に免じて、許してもやりたいが、お前の罪とこちらの恨みはとうてい許しようがない、許す、許さないと言う、世間の罪とは、罪が違う。許す許さぬにも許しようがない。お前はただ私が宣告した罪に服し、この暗い穴蔵で一人苦しんで死ぬだけだ。これが、逃げられない運命だと諦めなさい。」

 断固として言い切ると、ナイナはまだ私の膝から離れもせず、あたかも過ぎ去った夢の跡をを訪ねるように、茫然(ぼうぜん)として空中を眺めるだけだった。彼女も言わず、私も言わず、二人無言で、無言の行をしているかと怪しまれるほどだったが、外には、宵の頃から吹き出した冬の風、今は暴風になったと見え、鉄の戸の外に吹きしきり、吹きすさび、近辺の樹木を鳴らし、枝を折り、葉を飛ばす音、あたかも、別な世界の物音のように聞こえ、すさまじいことと言ったら、言いようがなかった。

 しばらくして、茫然としていた彼女ナイナの顔に、たちまち電光のきらめきのような一種の決心が、ぱっと現れ出たので、私は怪しみ、彼女は何事を思いついたのかと推測する暇もない間に、彼女は素速く私の膝から離れ、私が腰に着けていたあのミラノ製の短剣を奪い取りその鞘を抜き捨て立ち上がった。ああ、彼女は、穴の中に朽ちて行くその運命が余りに恐ろしく、ついに自殺してその苦痛を断ち切る決心をしたかと、私が見て取るや取らぬ間に、彼女は雷のように大きく鋭い声で、

 「なんだ、許しようのない罪だと、そちらこそ許しようのない罪だ、罪人め、さあ、この短剣で死んでしまえ、」と叫びながら、飛びかかって来て、私に切りつけた。
 ああ、悪女め、自殺するかと思い、しおらしいと思っていたが、自殺ではなく、私を殺すつもりらしい。窮鼠(きゅうそ)かえって猫をはむ。太きも太い奴なるかな。

 私ははっと飛び退きざま、壊れた棺のふたを持ち、辛くも我が身を守ったが、もし、飛び退く事が一瞬遅ければ肩先深く切りつけられ、彼女の冷酷な唇で気味良しと嘲(あざけ)られるところだった。私は棺のふたを盾にして進み寄り、ついに短剣を持っている彼女の手首をつかんだが、彼女は日頃のか弱さに似ず、必死となって狂ったためか、身をもがくその力、強いことと言ったら、たとえようがなかった。

 手首をしっかりとつかまれながらも、短剣をなかなか離さず、極めてわずかな間だが、ほとんど人間以外の力を得て、私に飛びつき、食いつき、私の服を裂き私の肉を破り、押しつぶすにもつぶすのが難しかった。私にもしちょっとでも油断があったら、かえって彼女に切りまくられるほどの状態だったので、私も実に必死になり、ようやく彼女を膝の下に組み敷き、その手をねじって、あの短剣を取り返した。

 私は更にこの怒りに乗じて彼女を膝下から動かさず、ただ一刺しにその首を刺し殺そうかと構えたが、凶器さえ取り返せば、手を汚すにも及ばないこと。刺して一思いに殺すより、初めの通り穴の中で腐らせるのが彼女に似つかわしい罰だと、たちまち思い返した。


次104へ



a:686 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花