巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu13

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2009.12.17

今までの訪問者数776人
今日の訪問者数2人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (十三)

 ああ、ギドウとナイナ、私が今まで無二の友と、無二の妻よと思い込んでいたのに引き替えて、彼ら二人は無二の凶物、無二の敵だ。友であり夫である私ハビョが死んでまだ2日と経たないのに、共々人生第一の不義を続け、私の名誉を殺し、私の心を殺しつつあるのだ。

 彼らの一挙一動はすべて剣を持って私の胸を刺し貫くのと同じだ。彼らが座った椅子は私が隠れている茂みから3歩も離れてはいず、すぐ私の目の前と言うほどだ。彼らが顔のひと筋を動かすのもありありと私の目に見え、彼らが忍ぶ息の音もはっきりと私の耳に聞こえる。それも百雷のように聞こえる。

 横さまにナイナを抱くギドウの左の手は、腰を下ろした後もまだナイナの腰の辺りをまさぐり、ナイナの顔はギドウの胸に押しつけて、私の方には頭の後ろを向けた。後ろにたれた黄金の髪の毛、夕風にそそぎかかるのを、ギドウは左の手でもてあそぶのに余年がなかった。しかも、ナイナの右手はゆるくギドウの首にかかっていた。

 彼もこれも愛にに溺れ、情にあまって、離れられない様子は絵にも描けない。夫たる私の身として目の前にこのような有様を見ることに、読者よ、私の心はどんな状態だと思う。私は実に怒りの塊となり、体は固くなって動けなくなった。

 ただ目だけを光らせて、なおも見ていると、しばらくして、二人が今まで、人目に邪魔されて話すことができなかった互いの愛が口から出だし、その愛を行動に現し、十分味わうつもりらしく、ナイナの手が先ずゆっくりと残り惜しげにギドウの首から離れ、ナイナは向きを変えながら正面の私の方を向いた。

 ナイナの白い夏服はその優しい姿によく似合っていて、全身に一点の汚れもなく、汚れているその心となんと大きな違いがあることか。ただ、その胸の所に赤い血の色を見せているのは、これは血ではなく、ギドウの胸にある花と一対をなすあのバラの花だった。月に映じて衿(えり)に光るのは私が与えたダイヤモンドだ。

 読者よ、読者、あのダイヤモンドがある辺りに、恨みの短剣をたたき込み、あの花をさす胸の辺りまで花より赤い血を流してやったら、どれほど私の恨みは晴れるだろう。いやいや、私の恨みはそのような浅はかな報いで晴れるほど浅いものではない。

 晴れないとは言え、せめて、それだけの報いでもと、私は火よりも熱い手で自分のポケットを探ったが、悲しいことに、一寸の刃物もなかった。我が家に帰って刃物が必要になるとは私は毛筋ほども、爪のかけほども思っていなかったからである。

 怒っている私がここにいるとは知るよしもなく、ナイナの顔は非常に安心し切っており、非常にうれしそうで、その上非常に美しかった。昨日、私が死んだ事を聞いてから一滴の涙もこぼさず、顔に心配の一筋も寄せなかったことは、一目見て明らかだ。顔のどこにも、目元のどの辺にも悲しげな、心配げなあとは少しもない。ぬぐってもここまで拭い去れるものではない。

 特に、その口元に至っては、これがあの仕立屋の老主人が我妻に似ている悪魔の笑みと言ったその笑みかは知らないが、あふれ出る愛嬌があった。生まれたての赤ん坊にさえ、ここまで清らかで罪のない笑みは浮かばない。なるほど、この笑みの底の底には男を殺す魔力もあるだろう。誰だってこの無邪気な口から偽りのいの字も出るとは思わないだろう。

 しばらくするとそのか細い口が少し開き、人を酔わせる音楽よりも、もっとさわやかな声をだした。低いがしかし清く、たとえば、細い谷川を流れる清水の音とでも言うべきか。ああ、ナイナ、何を言う。私は首を縮め、息を凝らした。

 「おお、ギドウ、ギドウ」これだけが先ず口火だった。何と親しげな呼び方ではないか。読者よ、きっと、知らないと思うが、西洋ではどの国でも、年頃の男女が互いに呼び合う時は必ず様付けをして、その姓を呼ぶ。決して呼び捨てにして、名前だけを呼んだりはしない。ただ、兄弟か切るに切れないごく親しい友人かさもなければ夫婦の間に限る。

 たとえば、花里魏堂を呼ぶのに、花里君と姓を呼ばずにただギドウと名を呼べば、それは、ギドウに対して、妻たるの約束ができていることを示している。ナイナすでにギドウと呼ぶのは、私をハピョ、ハピョと呼ぶのと同じで、姓を呼ばずにその名を呼び捨てている。声に応じてギドウがナイナの顔を見上げるのを待ち、ナイナが何と後の言葉を継ぐかと思えば、「だがね、ギドウ、丁度良いときにハピョが死んだから良かったけれど」

 読者よ、読者、妻は私の死を丁度良い時と言った。
 「もし、死ななかったらどうなるところだったろう。」ギドウの返事こそ聞きものだ。私は目と耳を一時に張り開くと、ギドウは軽く笑みを浮かべ、先ず、自分の妻と確かめて置くつもりのように「そうさナイナ」と呼び捨てにして、その上で、後を続けた。昨日まで、私の前では奥様奥様と敬っていたのが、今日は恐ろしいほどの違いだ。

 彼は軽い笑みを嘲あ(あざけ)りの調子にかえ、「なあに、きゃつが生きていたって気がつくものか。お前だって、俺だってあんな馬鹿者に悟られるようなうっかりじゃない。それに、きゃつはうぬぼれが強いから幸せさ。自分の妻は自分ばかりを愛していて、とうてい他人が盗めるものではないと、一人でこう決めて、安心しているのだから。」

 この話を聞いて、清きはモンブランの雪のごとく、高きは天井の星のごとしと、かって、ギドウが評した私の妻ナイナは微笑んでまた声を低くし、「だけれど、私はハピョが死んでくれてうれしいわ、でもね、ギドウ、お前、当分の間、少し遠ざかっていないといけないよ。召使いなどが噂して世間の口の端(は)にかかっては困るから。」

 「それに、私だって世間体があるから、いやでも、6ヶ月の間はハピョの喪に服するまねをしていなくては。」とまだ、何事かを言い続けようとするのを、ギドウはキスをしてとめ、「してみると、いっそハピョが生きていた方がやりやすかったよ。きゃつは他人を追いやる二人の番人も同じで、お前と俺と二人の間を少しも疑わず、そうして、知らず知らずに他人にも疑わせない役目をしていたのだから。」

 私はあまりの彼の言いようの憎さ、かつ、顔に似合わぬその心の恐ろしさに、思わずぴくりと体を動かし、茂る木の葉に音を立たせた。ナイナはこの音を聞き、気味悪そうに立ちかかり、不安の様子であちこち見回した。」 

次へ

a:776 t:2 y:0

 

     

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花