巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu16

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2009.12.20

今までの訪問者数816人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (十六)

 読者よ、読者、私は追いかけて、不義の二人を捕まえようと言う考えも浮かばず、彼らを家の中に隠れるまで見送って、ふらふらと茂みの中から出て来た。ああ、私はこれ何者だ。今はこの世に用もなく、生き甲斐もない全くの邪魔者だ。喜んで出向かい、喜んで抱きつくだろうと思っていたナイナとギドウの邪魔者であるだけでなく、実に自分にさえ邪魔になる我が身であった。

 生きていても誰を妻、誰を友、どこを家、何を食物としてどこに住む。昨日までの友も、妻も、友でもなく、妻でもない。我が家と言えども、私が一度死んだからには、私が前から書いて置いた遺言書により、今は、ナイナのもの。そうだ、先祖伝来の一切の宝とともに、この家も、この庭も、この池もみなナイナのもの。ギドウとナイナに不義の楽しみを貪(むさぼ)らせるその元手となってしまった。

 これを私の手に奪い返し、彼らの不義を妨げるためには裁判所に訴え出て、私ハピョが実際は死んでおらず、生き返ったことを証明し、法律の力で元の主人とならなくてはならず、わけもないようだが、悲しいことに、私にはそれだけの証拠も無く、証人もいない。

 私自ら大声を出して私はハピョ・ロウマナイだと言っても、変わり果てたこの姿を誰がハピョだと思うだろう。裁判所も取り上げてくれず、よしんば、取り上げられたとしても、それでは証人にと、第一番に呼び出されるのはナイナとギドウに決まっている。

 彼らは心では私の生き返ったのを認めても、3年も私を欺き、私の名誉を踏みにじり、なお後悔する事を知らない恥知らずな者たちだから、一言で私を亡き者にし、この資産を永久に自分たちの不義の元手にするため、この白髪鬼は決してハピョではない。ロウマナイ家の財産を奪おうとする恐るべき悪人だと言い張って、私を二度とこの世に顔も出せない人間にするのは確実だ。

 ああ、私は今、全く世に運も望み尽きた人間だ。家もなく、食もなく、頼れる杖も、命の綱もない。あるのはただ、消すに消されぬ火のような復讐の一念だけだ。
 この世の楽しみということがすべて無くなってしまったので、見るもの、聞くもの味もなく趣もなく、愛も情もない。

 昨日まで二つと無い絶景と思っていたこの庭も、依然としてナポリ湾を見下ろしているが、見下ろすのが何の絶景だ。木老い、月冴え、風清く、水は白く、これを景色という人は、復讐の念が無いからだ。

 月が冴えても曇っても、水が白くても黒くても、復讐に役立たないならば、月も水も木も風も、私の心を察してくれない最大の無情な怪物であるだけだ。私はただ復讐の思いを友として、復讐の思いを命とする。この思いのために生き、この思いのために動く。

 この思いのほかに景色も知らず、浮き世も知らず、義理も人情も全て知らず。復讐を遂げる日は私の目的が尽きる日。死んでも本望だ。その日までは死ねない。

 だが私はどうやって復讐をすれば良いのだろう。今朝聞いた仕立屋の老主人は妻を即座に刺し殺し、その刀を形見と言って男の胸に葬り去ったという。ああ、私はあの老人より劣っているのか。現に姦夫姦婦が私をののしっているのを見ても聞いても二人を殺すこともできず、無事に向こうに行かせ、むなしく機会を取り逃がした。

 いやいや、私の復讐はただ、姦夫姦婦を殺すような、世間にありふれた仕方で済ますべきではない。ギドウとナイナは世間の普通の不義ではない。私の受けた辱めは世間の普通の辱められかたとは違う。目を抜かれたら目を抜いて仇を返し、手を一本切られたら手を一本切って仇を返す。命を取られたら命を取る、これが、昔から勇士の復讐と言うもので、その仕方はすべて、先方の仕方に準ずる。

 私が彼らから受けた苦痛はただ命を取られたような平凡な苦痛ではない。彼らを殺すのは勿論として、殺した上になお莫大な苦しみを与え、彼らを、絶望の底の底に落とし入れ、このためには景色を見ても景色とも思わず、望みも運も尽き果て、又一寸一分の逃げ道さえも無いように苦しめずには置かない。これくらい成し遂げなければ真の復讐とは言えない。

 命を奪うよりもまずは心を苦しめよう。心を苦しめるよりはまずは魂を苦しめよう。このように苦しめに苦しめて、真に苦しめ抜いた後、死なせて初めてやめよう。読者よ、イタリア人は執念深い、その内でも私はなおさら執念深いと言われよう。笑いたい者は笑え、私と同じ辱めを受けて、私と同じ執念に落ちない者は人ではない。

 いや、人にして真の愛情の無い者だ。無情だ。私は無情の人に見せようと思ってこの文を書くのではない。私の心を理解するだけの情の無い読者はこの後は読まないで欲しい。私の復讐のその気持ち、その味は、ただ私と同じ心を持っている人だけが初めて理解できるものだからだ。

 私は実にとてつもない復讐を計画しようとしている。押し入って彼らを殺すのは難しくはないが、今は殺さない。世間から人殺しの罪を犯したと言われては、我が家の名にもかかわる。

 さすがにロウマナイ家の一男子、良くもここまで深く計画し、ここまで辛抱し、ここまで小気味よく復讐をしたものだと、多くの読者のうち一人でも思って私の気持ちをくみ取ってくれる人がいれば、私は死んでも恨みはない。私はとてつもない辱めのため、とてつもない復讐を計画するのだ。計画するほうが不当か、読者よ。

 私は夜の更けるまで庭の木陰を徘徊し、あれこれと考えたがこれと言った考えが浮かばなかった。神もし無慈悲な復讐を憎むなら、私は神を捨てて悪魔を祈ろう。悪魔、悪魔、お前の最も残酷な心でお前の最も非道な知恵を使い、世の善人も悪人も聞いて、皆震える、最も恐ろしい復讐法を私に教えろ。

 私はこの復讐さえ成し遂げることができたら、もはやこの世に何の望みもない。この身をもってお前の恩に報いるだろう。お前は私を殺せ。私の肉を張り裂いて、むさぼり食え。永久に私を魔道に落とし、浮かぶ瀬のない餓鬼として私をこき使え。私は復讐の後の事はどうなっても苦情は言わない。

 読者よ、私はこのようなことをつぶやきながら考えていたが、ようやく一つの考えが浮かんできた。非常に難しい方法だが、これならギドウとナイナに私の恨みを晴らすのに十分だ。どれほど難しくても、復讐のほかに目的のない身に出来ないことがあるだろうか。

 復讐のためには火も踏もう。水もくぐろう。再び生き埋めにされるほどの苦痛も受けよう。どれほどの苦痛であっても、復讐せずに耐え忍ぶ、その苦痛より辛いものは無いはずだからだ。私はこの心が揺るがないようにと思い、ナイナの胸から落ちて散ったバラの花を拾い上げ、大事にポケットの中にしまい込み、また、そっと、この場を立ち去った。

次へ

a:816 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花