巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu18

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2009.12.23

今までの訪問者数815人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (十八)

 船は間もなく港を出た。幸い波静かにして風も又順風なので、その進むこと矢よりも早かった。あまりの平穏に船長も退屈に困ったと見えて、日が暮れる頃に巻きたばこの箱を手に私のそばにやってきた。

 「旦那、一本差し上げましょう。」と言う。私は水夫の荒々しい言葉で、「旦那などと言われては気が詰まるよ。え、船長、お前だって同じ水の中の職人じゃないか。朋輩とか、兄弟とか気が詰まらないように呼んでくれよ。」とあくまで水夫気取りで言うと、彼はまだうやうやしい態度で、

 「旦那、からかっちゃいけませんよ、餓鬼の頃から船乗りをしているんで、本当の珊瑚漁師と姿を変えた紳士との見分けぐらいはつきますよ。」

 さては、私の忍びの姿にはまだ玄人をだませない所があったか。私はぎょっと驚いたが、今更言い紛らわせる言葉も出てこないので、むなしく彼の顔を見るだけだったが、彼は面白そうに笑みを浮かべて、

 「第一貴方のお手を見れば、漁師でないことはすぐに分かります。漁師の手に、これほど白くきれいなのはありません。」と言い、静かに私の手を取り上げた。
 私は払いのけもしないで自分の手を見るとなるほど、漁師の手ではなかった。
 昨日は病後の衰えでひどくしなびて見えたが、今日は早くもそれさえいくらか直り、ほとんど元のハビョの手に近かった。

 彼は更に言葉を続けて、「第一貴方がこの船に乗るときから、私は本当の水夫ではないと思いました。珊瑚漁などというものは、ずいぶん金になる仕事でも、その漁師は皆貧乏です。漁に行くため港を出るときには、誰の船へでも無賃で乗り込み、帰りに船賃だけの珊瑚をくれるのです。貴方のように船長どうか乗せてくれなどと丁寧に頼み、私が断れば莫大な船賃をくださるなど、そんな珊瑚漁師がどこの世界にありましょう。」

 私は何とも申し開きようがなく、顔を赤らめてもじもじしていると、彼は気の毒にと思ったのか、「いや、なに、船長をしていれば、忍びの紳士貴婦人などをお送りする事はたびたびあります。あっても、これが商売の余得ですから、決して、深く追求したりはしません。貴方のご身分は知りませんが、漁師の着物を着て居なさるには、必ずそれだけのご都合がおありなのでしょう。私は知らない顔でまたこの次のご利用を願うのです。」

 「その代わりこの後も、もし貴方が再び忍びの旅行をなさりたいときは、羅浦丸の船長と言い、いつでも港でお尋ねなされば、すぐに私がご用を伺います。はい、私はお名前も聞かず、お出先も聞かず黙ってお送り申します。後で、警察からでも、そのほかの人からでも、もしや、これこれの忍びの紳士を乗せなかったかと聞かれたら、少しも覚えがありませんと、立派に申し開きをして上げますから。」と言うその言葉付き、顔つきに注意して見ていたが、少しも悪意があるようには見えなかった。

 全く、親切一方の言葉なので、私はようやく安心して礼を言いながら、差し出した彼のたばこを受け取って、くゆらせると、偶然なことにこのたばこは私が贅沢の第一として、かって、ハバナから取り寄せていた別製最上と同じ品だった。

 勿論、このような貨物船の船長が持つべき品ではないので、どのようにして手に入れたのかを聞くと、彼は、あたかも、遙かに離れた陸地の人に聞かれるのを嫌うかのように、辺りを見回し、声を低くして、「旦那だから申しますが、これは、海賊カルメロネリに貰ったのですよ。この広いイタリアでこのたばこを取り寄せるぜいたく家はカルメロネリとロウマナイ家のハビョ様か、朝廷の上役かしかないそうです。」

 私は実に不思議な気がした。私のポケットからカバンの中に満ちている大金も、これ、カルネロネリのものだが、今また彼のたばこを恵まれる、私と彼はどのような前世の宿縁があるのだろう。私は自然と顔色が変わるかと思われるほどだったが、何とかごまかし、「そうだろう。パリで何時だったかご馳走になったほかは、このようなたばこは飲んだことがない。だが、カルメロネリが飲むたばこがどうして、お前の手に入ったのだ。」

 「彼に貰ったのです。」「お前は海賊王を知っているのか。」「はい、地中海の船乗りでカルメロネリを知らない者は一人も居ません。誰でもカルメロネリから多少のまいないを受けています。それだから、彼は地中海を自由自在に逃げ回り、警察がいくら厳重に取り締まっても捕まらないのです。どの船の船長でもカルメロネリが密かに乗せてくれと言えば決して嫌とは言いません。」

 「ほほー、カルメロネリはそれほど偉いのかなあ。」
「世界第一と言う海賊ですから、偉いには相違ありませんが、しかし、彼ももう運の尽きでしょう。昨年、すでに自分の乗る船は政府に捕らわれ、今は行く先々で警察が待っているほどですから、こう言う内にも、もう捕まっているかも知れません。」

 「だけれども、あれほどの大盗賊だから警察などの気が付かないどこかの島に隠れているだろう。」
「いや、そうでもありません。地中海の島々は残らずその筋の手が回り、陸よりかえって危険ですから、彼は今年の春以来、陸にばかり隠れています。海賊が陸に上がったら、水を離れた魚のようなものですから、いくらあがいても逃れられないに決まっています。」

 「だが、それにしてもお前はだいぶカルメロネリのことに詳しいではないか。」
「と言うほどでもありませんが、実はね、丁度先々月の今頃でしたか、私がゲータの港に船を止めていますと、夜の2時頃、ひげだらけの恐ろしそうな男が来て、俺をテルミニ港まで送れと言い、莫大な船賃を差し出しました。その男がすなわちカルメロネリです。私はすぐその言葉に従いましたが、彼はもうテルミニ以外に逃げるところがないと言い、その妻、照子と言う美人も連れていました。」

 私はカルメロネリの噂を聞きとる必要はないが、なぜか聞きたい気持ちが抑えられなくて、なおあれこれ根を掘って、「え、カルメロネリが美人を連れているのか。」
 「美人もあれほど美しい女はそう沢山はありますまい、旦那方に見せたいと思いますよ。」

 私は一瞬も心から離れない不義者ナイナに引き比べ、「そんな美人が良くカルメロネリのような恐ろしい男に従って居るなあ、きっと、カルメロネリの目をかすめて手下のなかの美男子とくっついて居るのじゃないか。」と笑いながら聞いてみた。

 身の不幸から出る一種の愚痴と言うべきか、船長は私の問にあきれるような顔で、
 「そんなことをしたらカルメロネリが殺してしまいますよ。照子は不思議な貞女です。」
 ああ、盗賊の群にも貞女が居る。かえって社会の上流たる貴族の家に不貞不操の妻があるか。

次へ

a:815 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花