巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu19

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2009.12.24

今までの訪問者数781人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

              (十九)

 私はあざ笑う調子で、
「貞女と言われる女ほど当てにならない者はない。上辺は貞女で内心はとんだ食わせ者が多いから。」と言うと船長は熱心に、「ところが照子にかぎり決してそうではなく、上辺も内心も全くの貞女です。すでに先日も、カルメロネリの手下に有名な美男子があり、それが照子に思いを掛け、カルメロネリの留守を見はからい、何か一言、照子の耳にささやいたそうです。」

 「すると照子は返事もせず、かねてから、カルメロネリに貰っていた懐剣を取るより早く、私の心はこの通りだと言って、その者を刺し通しました。もっとも、その者はまだ死にきらず、半死半生で居たところにカルメロネリが帰り、そのことを聞いてすぐにその者にとどめを刺したと言います。」

 「え、旦那、荒熊のような恐ろしそうな顔かたちの上、しかも、海賊まで働くような悪人なのに、それに又、操を立てる妻が居るとは実に不思議ではありませんか。おまけに、その女が貴族の奥方にでもしたいと思うほどの美人ですよ、カルメロネリなどの妻にしておくのはもったいないと思います。もっとも、そのように操がかたいからカルメロネリが自分の妻にしているのです。」

 「もし、操が腐っていたら、いくら、美人でも妻にはできないじゃありませんか。男の身として妻に欺かれて、どうして勘弁ができるでしょう。とくに、カルメロネリは気性の激しい男ですから、少しでも怪しい女ならすぐ殺してしまいますわ。」

 ああ、天地に居られない海賊でさえ、妻には真実に愛せられると言うのに、私ハビョは何のために妻と親友とに欺かれ、生きてこの世に住む甲斐もない不幸の身となったのだろう。私はほとんど、涙の雨が目に湧き出るのをやっと止めて、

 「それは、なにしろ感心な女だなー。」
 「別に感心ではありません。それが当たり前でしょう。自分の亭主の目をかすめるようでは女ではなく怪物です。殺す以外にありません。ただしかし、その照子というのは年も若くカルメロネリと比べたら親子ほども年が離れているのに、少しも、カルメロネリを嫌がらず、かえってカルメロネリを愛するのを自慢にするかと思えるほどです。」

 私はますます不愉快になり、聞くに従い、いよいよ我妻ナイナの憎さを思い、自然に言葉まで荒々しくなったと見え、船長もいい加減に切り上げて自分の部屋へと帰って行った。
 私はただ一人になり、話し相手にする者もいないのを、結局は心が休まるように思い、それから又腹の中で復讐の方法を反復すると、そうだ、そうだ、私はひどく我が妻と友に欺かれた。その変わり、それに応じてひどく彼らに復讐しよう。私は紳士だ。貴族だ。文明世界の男子でもある。

 世の俗人と同じように、怒りに任せてひと思いに敵を殺すような味も素っ気もないただの殺戮(さつりく)はすべきではない。紳士のように、貴族のように、又、文明人のように、磨きに磨きを掛けた綿密な計画に基づいた復讐が必要だ。

 手を切られたら、手を切り返せ、目をつぶされたら、目をつぶし返せ、名誉を傷つけられたら、名誉を傷つけて返せ、これが復讐の本当の原則だ。この原則を一歩もはずさず、自分が害せられた通り、彼らを害して返し、自分が辱められた通り、彼らを辱めて返さなければならない。

 ただこの復讐の邪魔になるのは私の娘星子だ。私は今まで余りの腹立たしさにほとんど星子の事を忘れるほどだったが、船の中で波の音を聞きながらゆっくりと考えてみると、その母ナイナには罪はあるが、星子には何の罪もない。だからと言って、母であるナイナを苦しめれば、そのことが娘の星子まで苦しめることにはならないだろうか。

 なんとか、星子だけは復讐の戦場から救い出す方法は無いだろうか。私はこのことだけを懸命に考えるうち、また、非常に忌まわしい疑いが湧き起こって来た。ああ、星子、これは、果たして我が子なのだろうか。表向き、我が子であるが実はギドウめの汚れた胤(たね)ではないか。

 ああ、憎々(にくにく)しい、いまいましい、「ととさん」、「ととさん」、と私の首にすがりついた、あの細い手も、思えば偽りの手だったのか。それとも気付かずに星子の事だけを気づかっていた我が心の不愉快さ。ああ、今は何をするのもためらわない。

 星子も同じく敵の一員だと私はほとんど両のこぶしを握り固めたが、また良く考え直してみると、いやいや、星子はどうしても私の娘だ。ロウマナイ家の立派な血筋を引いている。

 第一、星子がナイナの腹に宿ったのは結婚から2ヶ月目で、ギドウがナイナと通じたのは、それから1ヶ月も経ってからだとギドウとナイナの会話から明らかだ。ギドウは確かに私が結婚した後3月が経って初めてナイナの耳にささやく時が巡って来たと言った。それだけでなく、ナイナもまたギドウの前で私を指さし、星子の父だと言った。

 それにもしギドウの胤ならば、彼はいくらかでも星子を愛し、いたわるべきはずだが、彼は少しもいたわる様子は見せていない。ただ、星子が生まれた時、一度その額にキスしたのを見たが、その後は少しの愛情のきざしもない。

 今から思えば、彼はむしろ、ナイナの腹に私の胤が宿ったのを、ねたましく思っているのではないか、と疑われる様子もなきにしもあらずだ。星子はどうしても私の子だ。その母と母の姦夫に仇を返しても、星子だけは助けなければならない。

 よし、よし、復讐の前には一人星子を助けるのは難しいが、復讐が済んだら、私は十分に厚く星子を育てる手だてを講じよう。
星子を思う愛のために復讐の矛(ほこ)さきを鈍らせてはいけない。

 昔の勇士は戦場に向かうときは、家を忘れ、子を忘れると言う。私は復讐の戦場に登る者。星子を忘れなければならない。やむを得ない場合ならば星子を刺し殺しても、復讐の目的を貫きたい。読者よ、私の復讐の決心は実にこれほど強かったのだ。

 この後船中では別に取り立てて書くほどの事はなかった。風の状況も全く順風で良かったので、この日の翌日の午後6時、早くもパレルモの港に着いた。着いて錨を降ろそうとするその時、小舟でこぎ着ける数人の警察官があたかも罪人を追うようにこの船に取り付き、会釈もせずに上がって来た。

 さては、この船に誰か逮捕されなければならないような人が隠れているのかと、怪しむ間もなく、先頭の警官が「さあ、この船だ、この船だ、海賊カルメロネリをゲータの港か、テルミニに送った船は。」と叫んだ。

次へ

a:781 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花