巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu33

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.8

今までの訪問者数811人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             
             (三十三)
 
 ナイナは更にギドウをのけ者にして、一言二言私と談話したが、初対面の席に長居は不作法とみてか、はや、彼女は帰ろうとするかのように立ち上がった。私は笑顔で「本当に天女の降臨です、美しいお姿を十分には拝ませず、すぐ又お帰りですか。」
 
 ナイナも同じく笑顔で
 「はい、その代わり貴方のお約束を当てにして帰るのです。明日もしお出でが無ければ,天女は罰を当てますよ。」
 私は何もかも復讐の一念で他を全て忘れることにしたが、ただ、我が娘、星子の事だけは気がかりだった。不実なその母を見るたびに、星子の安否が気にかかり、それとなく遠回しに、「おお、花里さんから聞きましたところではハピョ殿に娘さんがお有りなさったと聞きましたが。」

  ナイナも初めて思い出したと見え、
「はい、本当に良くハピョに似ていますよ。明日お出でになったらお目通りをいたさせましょう。」と言い、更に何か言いたげな目で「きっとお出でくださいよ。」との言葉を添えて、再びその手を私の前に差し出した。
 
 私はもうその手を握るのに何の恐れを抱かないばかりか、更にいっそう大胆に、その手を取り上げて、唇をその甲に押しつけたが、ナイナもこれを怪しまず、そのままにして上のサングラスを眺めていたが、あまり長いのは作法に背くと思ってか、やがてその手を引きながら、

 「ああ、貴方はお目が悪いみたいですね。」
 「はい、長く熱帯の日光に射られましたため、それと、もう年ですから、」
 「え、貴方はまだそんなお年には見えません。私の目から見るとたいそうお若いように見えますが。」とこれは全くのお世辞ではなく、血気盛んな私の顔の血色を見て、むしろ、怪しそうに問うようなので、私はわざと驚いて、

 「このような白髪頭でもまだお若いとおっしゃられますか。」
 「若くても白髪の人はいくらでもおります。禿(はげ)た頭は婦人に嫌がられますが、白髪はかえって尊敬されます。私なども尊敬する一人ですよ。かえって、髪の毛の黒い方より気兼ねがありません。・・・・頼もしいと思います。」

 こう言いながら早や、敷居の所まで歩いて来ていたので、私と魏奴がその左右から手を取って介添えしようとすると、ナイナは魏奴を捨てて、私の手にすがり、外に出て馬車に乗るまでずうっと、うれしそうに私の腕を杖代わりにしていた。

 私も魏奴も馬車の影が見えなくなるまで見送って再びアトリエに戻ったが、見ると魏奴の顔が先ほどの笑顔からうって代わり、眉と眉の間が狭まり、よほど心配ごとがあるように物も言わず、茫然と考え事をしていた。

 分かった。分かった。彼はナイナが魏奴の手を捨てて、ことさら
に私の手を選んだことに、早くも嫉妬と言う毒虫が生じ、ちくり、ちくりと彼の心を刺すと見えた。このように浅はかな男ならば、私の復讐はますますやりやすいと心に祝いながら、

 「これ、花里君、何をそんなに考えているのです。」とその肩に手をかけると彼はびくり動いただけで、何の返事もなかった。
 私は一本の葉巻を取り出し、

 「おやおや、これはひどいふさぎ方。まあ、これでもくゆらしなさい。」と彼に与え、「全体あのような美人を見てなぜそのようにふさぎ込むのです。真に絶世の美人です。私はただ一度会っただけで心が清々しくなって来ました。」彼はたばこを飲みもせず、ただ指先にひねるだけで、ほとんどいまいましそうに私の顔を見て、

 「だから私は前もってそう言って置きました。地球が始まって以来これほどの美人はいないと。え、美人嫌いと言う貴方ですけれど、全く虜(とりこ)になってしまったではありませんか。」と言い、更にあざけるように、「貴方はよっぽど心の堅固な方だとろうと思っていましたが」、あにはからんや、そうではなかったとの気持ちは十分に明らかだ。私は少し驚いたふりをして、

 「おや、私が心酔したとおっしゃるのですか。まだ、心酔はしていないつもりですが。とにかく非常な美人であると言う点は貴方と同感です。」彼は少し厳しく、
 「同感だから、それからどうしたとおしゃいます。」
 「いや、同感だと言っただけでそれからはまだ何とも言いません。」

 彼はしばらく考えて、キッと私の顔を見つめ、
 「ですから、言わないことではありません、この後はよほど用心しないといけませんよ。」
 私は納得がいかないふりをして、
 「え、用心とは何に」
 「いえさ、ナイナ夫人です。」

 「ナイナ夫人について何を用心するのですか。あれほどの美人でも何か危ないところがありますか。」
 「いや、そう言うことではありませんが、初対面の人にあのようになれなれしくするのはあの人の癖です。癖と知らずにたいていの人は自分ばかりが何か特別に夫人の愛を得ているように思い、とんだ思い違いをしますから。」

 「へえ、そんなことが有りましたか。」
 「いや、まだありませんが、現に貴方でさえも、交際上の一通りのお世辞を本当の言葉と思い、深入りするようなことになると。」
 非常に遠回しに言って来たのを、私は初めて納得したように

 「ああ、そんな意味でそれを用心しろと言いますか。これはおかしい。私がこの年で夫人の愛に迷うなどと、これ花里さん、その点だけは十分にご安心なさい。心配するだけ無駄です。夫人の目から見れば、私は父とも言うべき年ですから。」

 このまことしやかな言葉に彼は少し安心したが、更に注意して私の顔を眺めながら、
 「でも、夫人は貴方を見て、そう老人には見えないと言い、更に色々なことを言いました。」
 私は腹の中で彼の心配を非常に面白く思いながら、

 「さ、それが社交上のお世辞と言うものでは有りませんか。それを誰が真に受けましょう。もっとも、夫人とて夫に別れて間もないことで、頼り少ない身の上から、あたかも、父が我が子を保護するように夫人を保護してあげるかも知れませんが、貴方の気遣う情夫のようには決してなりません。

 夫人がもし情夫でも持つほどなら第一貴方を選びますよ、貴方こそ夫人に似つかわしい美男子で、私と比べ物になりましょうか。」
 彼はようやく落ち着いてきまりの悪さを隠すため、初めて前のたばこをくゆらせ、あたかも言い訳をするように、

 「いや、実はハピョの生きています中から、ハピョが私を兄か弟のように見て、夫人と私の間にほとんど軽重を付けないくらいでしたから、従って私と夫人の間も全く兄妹のようになりました。ハピョが亡くなってみると、私こそあの夫人を我が妹のように保護してやらなければなりません。」

 「それに、夫人がご覧の通り年も若く、随分身を誤りかねない性質ですから、そのため私が非常に心配し、貴方にまで用心をしなさいと言ったのです。分かりましたか。」
 「はい、よく分かりました。もちろんのことです。」

 私はまじめにうなずいたが、本当に良くわかった。彼の気持ちは自分の畑に鍬(すき)を入れる密猟者を防ごうというところにあるのだ。彼にとっては当然だろうが、彼自身すでに密猟者で主人を追いのけ、自分が主人になったもので、真実の畑主である私に取っては少しも当然のことではない。

 私の腹の中には別の、私だけの考えがあるとは彼密猟者は知っているのやら知らないのやら。

第33回終り
次へ

a:811 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花