巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu34

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.1.9

今までの訪問者数800人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             
                (三十四)

 そうは言ってもギドウは、私の深意を悟らず、ナイナが私を厚くもてなしたのも、全く一応のお世辞で、私としても自分の白髪に恥るくらいなので、嫉妬されるような振る舞いをしたわけではないと、彼は思い直して、ますます機嫌が良くなり、明日夫人を訪問する時間などを打ち合わせた。

 更に彼は様々な世間話を持ち出そうとするので、私もいろいろな事に託して彼の考えを引き出そうと思っていたので、彼の話を邪魔せず、かえって私が考える方向におびき出して行くと、彼は、義理も徳義も解しないただ、私欲一方の人間であることが明らかとなった。

 彼の品格を傷つける様な言葉が次から次と彼の口から出てきた。それらの話を一々ここに取り上げる必要はないが、ただその一、二を参考までに記すと、
 彼は男女の仲を説き、少しも確固とした操などは存在しないものだと言い、「なあに、女が二十歳前後の時は、随分見てもきれいで、更に愛嬌も有りますから、男はその愛嬌を値打ちと見て妻にするのです。それが、追々年を取れば愛嬌は次第に消え、美しい顔も皺(しわ)となり、白い色も赤くなり、優しい姿も肥え太って醜(みにく)くなります。」

 「おまけに夫に慣れるに従って、奉仕するという気持ちが無くなって、初めは嫌なことも押し隠して曲げて笑顔も作り、夫の機嫌を取っていたのが、ついにはその遠慮も無くなり、真からうれしいとき意外は喜びもせず、腹が立つ事が有れば、容赦もなく腹を立てると言うように、全てに飾り気が無くなりますから、愛嬌は消えてしまい、何も良いところのない荷物となります。」

 「さあ、初めは愛嬌を見込んで買った物が愛嬌の無い事になれば、ちょうど旨(うま)いだろうと思って買った食べ物が、味が変わってまずくなるのと同じことで、放り投げる以外に無いでしょう。世間の夫が浮気をするのは全てこの理屈です。」

 「法律で一夫一婦などと限ったのは実に人情に合わない仕方で、たとえば一度買った食物はたとい味が変わっても食べなければならない。決して他の食べ物に指を染めるなと言うのと同じ事です。」と言い、更に浅はかな議論で宗教道徳を罵(ののし)るので、私は愛想をつかしながらも、わざと言葉を合わせて、

 「それはそうです。今の世界は何事も当人の都合次第で、都合によっては、親友をも欺(あざむ)かなければなりません。明日、この者を殺そうと思っても、笑顔を見せて親しく交わっている場合もあるでしょう。」

 「そうですとも、もし、今の世にキリストが生まれてくれば十戒に追加して、決して他人に見破られることなかれ、と言う、十一戒を作るでしょう。他人に分からないように、悪い噂を立てられないようにすれば、どんな悪いことでもかまいません。」

 「つまり、露見すればこそ悪事、露見しなければ悪とも、善とも言われなくて済むのです。」こう言って、今度は女の方に移り、「女の婚礼前は何よりも操が大切です。もし、悪い噂を受けては、生涯良い夫を持つことはできません。」

 「その代わりいよいよ結婚すれば、操などと言うことはいらないことで、すなわち、第十一戒をよく守り、人に見破られないようにすれば、仮に他人の子をはらんだにしても、夫の子と見分けがつくものではなく、誰にも非難されずに済むのです。」

 「結局見破られると言うのは、度胸も知恵もない女のこと、真に度胸と知恵のある女は、死ぬまで夫の目をくらまし通します。」と言い、次は夫の事に移り、

 「あるいはまた分かったところで、夫はどうすることもできません。怒ってもし世間に分かれば、自分の恥、離縁をすれば妻はその後、天下晴れて姦夫の妻となるかも知れず、やむを得ず、決闘するとしたところで、勝ち負けはその時の運次第、事によっては姦夫に射殺されます。」

 「たとえ勝ったところで、妻の目からすると、決闘のため夫の値打ちはますます下がり、妻はいよいよ先の男を大事に思うことになります。ですから私などは妻を盗まれている人の顔を見ると本当におかしくなります。」

 これまでは私も笑顔で聞いていたが、もはや顔色を隠すことはできなくなった。この上少しでもここにいたら、我を忘れて彼の喉に飛びつくことになるのは確実なので、私はやむを得ず立ち上がったが、魏奴もその様子を怪しみ、

 「おや、伯爵、貴方はどうかなされましたか。お顔の色がたいそう変わってきましたが。」
 「いや、なに、これは私の持病です。長く一カ所に座っていると、すぐ、めまいがしてくるのです。実に年を取ると仕方がありません。」

 「ブランデーでも差し上げましょうか。」
 「いえ、このようなときは、ただ静かに寝る以外は有りません。失礼ですが宿に帰りましょう。先ほど求めたあの画類は後ほどしもべを取りによこしますから。」と言い、これでギドウに別れを告げて、私はほとんど逃げるようにして我が宿に帰った。

 帰って居間に入って行くとテーブルの上に、草の茎で編んだ美しい篭(かご)があって、中にはオレンジを初めとして色々なすばらしい果物が盛ってあった。私は前世のハピョの家にこのような果物が沢山実っていたことを思い出し、誰がここに置いたのかと不思議に思い、その篭を持ち上げてみると一枚の名刺が添えられていた。その傍らに、

 明日お訪ねくださると言いたまいし先刻のお約束を、思い出させたもうために庭園の果物を、ロウマナイ伯爵夫人より、笹田伯爵に慎んでお贈り申し上げます。

 文字は見覚えのあるナイナの筆だった。ああ、彼女、私の富のひとかたならないのを見て取り、早くも、私を虜(とりこ)にするつもりで、こんなふざけたまねをするのだろうと、私は今までこらえていた怒りを一度に爆発させ、部屋の隅にその篭をたたきつけた。

次へ

a:800 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花