巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu59

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.2.4

今までの訪問者数669人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

白髪鬼

             (五十九)

 ああ、読者よ、私がギドウの偽りを知ってから今に至るまですでに三千五百時間、その間私の心は少しの絶え間もなく人として耐えることができない屈辱をこらえ、たとえるものもない苦悩を背負い、ただ復讐の時が熟するのを待っていた。

 時々刻々と私の胸には深く剣を刺してえぐられるほどの痛みを感じない時はなく、一時間に一度としても私の腹はちぎれにちぎれて三千五百切れのずたずたとなった。血にも余り、涙にも更に余りある私の思いは、積もりに積もって今にも張り裂ける間際となっていた。

 テーブルの一端に立って、一同を見回し、返す目にギドウの顔をにらむ。私の目の光はもし黒めがねをはずしたならば、満堂の来客を焼き殺すほどかも知れなかった。

 私はただ必死の思いでまず声を和らげ、再び「諸君」と叫ぶと、宴もたけなわだった来客は私の声がなかなか耳に入らず、私の左に座っていたマリナ男爵は私を気の毒に思ったのか、ナイフの柄を持って、テーブルの上を叩くと、この音に驚かされて一同はようやく静かになって私の言葉を厳粛に聞いてくれた。

 私はおもむろに言葉を継いで言った。
 「せっかく諸君の興も乗っていたところを邪魔して申し上げるのも恐縮ですが、決してお邪魔を申し上げるのではなく、実は諸君にもっと喜ばしい一事をお知らせし、一層その興を深くするためです。(ひゅうひゅうの声起こる)

 諸君、今夕のパーティーはすでに招待状に記した通りここにいる花里魏堂君を歓迎するためのものです。花里君は後進の社交家とは言えこの席に列する紳士はいずれも花里君を兄弟のように思い、君の喜びはともに喜び、君の悲しみはともに悲しむ間柄で有りましょう。(そうだ、そうだの声)

 この花里君が今夕ローマから帰られたのは、ただの帰郷ではなくもっとも喜ばしい帰郷です。花里君は非常な財産を相続し、その身にふさわしいだけの財産を得て帰られました。これからの花里君は今日までの君と違いもっとも裕福な紳士ですから、私は諸君と供に花里君のために、祝杯を挙げる事を希望します。」と述べると、拍手喝采はテーブルの周囲からくまなく起こった。

 喝采が終わると供に一同は盃を上げて「花里魏堂君の満福を祈る」と言い、一斉にに飲み干すと、ギドウはほとんど人間満足の絶頂に達したようにその笑顔を隠すことができなかった。あまりに笑いくずれるのをきまり悪いと思ったのか、ちょっと小巻のたばこをくゆらせ、窓の方に振り向いて漁り火点々としているネープル《ナポリ》湾を眺めた。

 私は実にどれくらいギドウが喜んでいるか知っている。彼は早、社交界の大立て者になった気になり、これからは栄耀栄華も快楽もただ心の赴(おもむく)くままになると思っているのだ。しかし、今が彼ギドウの最後の楽しいひとときだ。彼の身にはこの後楽しみは無いだろう。上がることがいよいよ高ければ落ちる痛みもますます強いのたとえ通り、私はただ彼を九地の底に落とすため、まず九天の上に上げたのだ。

 私は一同のギドウを祝す声がややしずまるのを待って、再び言葉を継ぎ、
 「しかしながら諸君。この他にもまだ一つ、最もこれはついでですが、諸君に披露して同じく喜んでいただかなければならないことがあります。(謹聴、謹聴と言う声)というのは他でもありませんが、近々私伯爵笹田折葉の身に降りかかる最大の幸福です。」異様な言葉に来客はますます耳を澄まし、今は私の一呼一吸も聞き漏らさないようにしようとするかのようだった。

 「諸君はきっと以外だと思いましょうが、私すらも以外です。ご存知の通り私は礼儀にも慣れず交際の作法にも暗く、(ノーノーの声四方から上がる)いやいくらノーノーとおっしゃっても、とにかく私は花里氏をはじめ満堂の諸君のようには決して婦人から大騒ぎをされるような男ではありません。私自身も今の今まで婦人の事には断念しておりました。」ここまで言うと、来客は誰も「なるほど以外のことだ。」と言わないばかりに顔を見合わせ、中でもギドウはほとんどあきれ返ったようにそのたばこを取り落とした。

 「私は年も年、健康も今は衰え、半ば病人、半ば盲目と言うほどですが、これが本当に結びの神のいたずらとでも言うものか、天女のような美しい婦人に会い、その婦人が私をにくからずと思い初めるということになりましたので、私は近々結婚することにしました。」ギドウは何を思ったのか、顔の色を青くして立ち上がり、私に問いただす事が有るように、その唇を動かしたが、たちまち思い直してか尻餅をついた。

 他の一同はしばらく言葉も出ないほど驚いたが、やがて口々に祝辞を述べ、「笹田伯爵万歳万歳」と言うものもあれば、「新夫人万歳」と言うのもあった。一ダースの口から出る喜びの声は、しばらくは鳴りやまなかった。最後に一人、私と同じ独身主義を取るガルドロ子爵が声高く私に呼びかけ、

 「伯爵よ、婚礼さえしなければネープル(ナポリ)の美人は皆我が物と同じ事です。その中の一人を選び法律上の我が物とすると、他の美人は皆失望して、我が物でなくなります。貴方は一人の美人のため、百人の美人を失いますよ。」と笑いながらに問いかける。私は真面目にこれを受け、

 「いや、お説は前から私も同感です。同感なればこそ、五十余才の今日が日まで独身主義を貫きましたが、悲しいことに真の美人に会っては、どれほどの独身主義も粉々に崩れました。世界にまたとないと思われるほどの笑顔で、私の前に来て、私に好きなようにさせ、機嫌を取り、私に結婚の申し込みを催促します。人は木石でない限り、これを無情に振り捨てられるでしょうか。(ヒューヒュー)。とにかく、今はすでに確定して婚礼を挙げるばかりですから、諸君になにとぞ私の未来の妻のために祝杯を上げられんことを希望します。」

 ガルドロ子爵は第一に高く杯を上げ、他の人も勇んでその例に従ったが、一人ギドウだけは何か非常に気づかわしそうにして、なかなか立たなかった。この時マリイ侯爵は私に向かい、「願わくば、その新夫人のお名前までご披露いただければと思います。」と言うと、ギドウも初めて力を得たように立ち上がり、乾いて声が通らない喉を一杯の酒で潤し、なおも震える不穏な調子で、「私もその問を発しようと思っていました。名前を聞いたとしても、きっと我々の知らない美人で有りましょうが。それにしても名前を聞かなければ。」と言い、ようやく他の人々と同じく盃を取り上げた。私は音声を朗らかに、

 「それではここで披露しましょう。私の新夫人は諸君が皆ご存じです。故ハピョ・ロウマナイの妻だった、ナイナ夫人であります。」
 一同わっと驚いてまだ驚きの声も発しないその時、間髪を入れずにギドウは早くも烈火のごとく、怒りに怒る叫び声で、

 「おのれ、悪人め、人非人め」と鋭く私をののしるやいなや、手に持っているなみなみの祝杯を砕けるばかりに私の顔に叩きつけた。乱暴、乱暴、宴会場はただ鼎(かなえ)が沸き立つように泡立った。

59終わり次へ

a:669 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花