巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu88

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.6

今までの訪問者数664人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (八十八)

 やがて結婚式会場の教会に着いてみると、私の結婚式を見たさに集まった人の数は何千人か数が知れなかった。老いも若きもいやが上にも押し重なり、互いに何か私の噂をつぶやいていた。教会の中の会堂の入り口から、婚礼する神卓の前に至まで以前からの私の寄付で一条の絹を敷きつめ、さらに高貴な天蓋(てんがい)も吊して、その下に様々に冬の花が並べ連ねてあった。

 会堂の中も、群衆は外と変わることなく、ただ一条の絹の道だけがわずかに開けてあった。私はマリノ侯爵と共にここを伝い、神卓の所に行くと、ここには私が特に招いた貴紳の人、およそ二十名ばかりが、絹の綱を張って群衆が入るのを防いだ設けの席に居並んでいた。

 私はこれらの人々に挨拶を済ませた上、高い神卓のそばまで登って行き、ここに控えて待っていると、最も私の目に留まり、また私の心にかかわってきたのは、かたわらの壁に描いてあった昔の聖人尊者などの像だった。勿論私の神経の迷いだったが、全ての画像が生きた人のように私を取り囲み、私の冷酷な復讐を叱っているかと思われた。

 「ああ、ハピョ、お前はこの復讐を思いとどまることはできないのか。お前は一点の慈悲心もないのか。」どうやらこのような声が私の耳に入るような心地がしたが、私は断固として又心に答えた。「否、否、この冷酷な復讐のため未来永劫(みらいえいごう)地獄の底に投げ込まれ、絶える時のない火の中に焼かれようとも、今は、そうだ、今はまだこの世の人だ。この世の復讐を成し遂げずにはやめることなどできようか」と。

 確かに私はこの復讐の冷酷な事は知っている。また私の行いの罪深いことも知っている。だが、このことは私が初めて決心したときから分かっていたことだ。今更どうして思いとどまることができるだろうか。女の不実は世として、時として無いことではないが、この世に於いて十分にこれを罰することはあったためしがない。私の前にもまだ無かったし、私の後にもまた無いことだろう。

 私をしてただ一度、女の不実を罰せさせて欲しい。私がこれを罰しなければ女の不実は天地開闢(かいびゃく)の初めから、世界終滅の末日までついにはこの世で十分な罰を受けずに終わってしまう。

 恵み深いキリストの肖像も両手を開いて私の目の前に有る。「来たれ、来たる者は救われん。」とまるで私をお呼びになっているかのようだが、私は復讐を捨てて行くことはできない。この復讐が終わらなければ、キリストにも、悪魔にも天国にも地獄にも行くことはできない。ああ、私は狂っている。実に復讐のために狂ったのだ。

 この時、もし澄んだ音色の音楽が私のまわりから起こらなかったら、私は我が心が積む恨みに耐えられず実に発狂して、手を握り、歯を噛みしめ、神卓の前に立ち上がったかも知れなかった。

 ただ幸いにかねて備えて置いた演奏家達はゆっくりと微妙な音を送ってきて、あたかも慰めるように私の耳に入ったので、私はようやく、この席が結婚式の席なのを思い起こし、我が怒りを押し静め、我が胸を落ち着けた。

 これは婚礼の席か、思えば実に二度目の婚礼なのだ。夫は私、妻はナイナ、同じ場所で同じ人、同じ二度目の婚礼を挙げるとは、全く不思議な縁ではないか。いや、いや、これは婚礼ではない。私とナイナは既に最初の結婚で夫婦なのだ。夫婦でまた結婚すると言うことがあるだろうか。

 今回は復讐なのだ、離縁なのだ。私とナイナの間に残る汚らわしい夫婦の縁をこの儀式で切り破るのだ。前の婚礼はむしろ私とナイナをつなぐよりも、私と親友ギドウを切り離すもとになった。今は私とナイナを切り離すもととなる。不思議と言わずに何と言おうか。

 私はこのように考えながら、密かにポケット探って、ナイナに与える婚礼の指輪を取りだし、一人その光が素晴らしいのを見て、又満足してもとに納めた。この指輪は私がギドウの死骸から抜き取ったものだ。

 前に私ハピョがナイナと縁を固めたとき、夫婦の印としてはめたもので、ただナイナにそれと悟られないために、金銀細工師の手に掛けて、少しその形を変えさせ、更に新たに磨かせたものだ。この指輪をナイナに返せば、これナイナと私笹田折葉との縁を繋(つなぎ)ぐのではなく、ナイナと私ハピョとの縁を切るのだ。ナイナの目が鋭くても、この指輪が前のハピョの品だとは気づかないだろう。

 しばらくして十一時の鐘が鳴るのと同時に、横の入り口の戸を開ける者がいた。私はそのところから入って来る人の姿を見ないうちに、まず口々につぶやき合う群衆の声を聞いた。群衆は何をつぶやいているのだろう。私は少し首を斜めにして入り口の方を眺めて初めて知った。

 入ってきたのは我が妻ナイナで、群衆がつぶやくのはその美しさ驚いたからだ。ナイナの美しさは今に始まったことではないが、見慣れかつ憎み慣れた私でさえ、これはと思うばかり日頃よりまた立ち勝った姿だった。ああ、読者よ、いよいよ私が待ちに待っていた復讐の時が定まった。いよいよ今夜という今夜だ。


次89へ

a:664 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花