巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu90

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.3

今までの訪問者数680人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (九十)

 これから更に色々な儀式を行い、私とナイナは結婚したことを記す族籍の帳簿に夫婦の名前を書き留めることまで、滞りなく済ませた。
 復讐の時刻に、一刻一刻近づくにつれ、私は心がますますいらだち、式を終わって教会のドアを出て去る頃は、何事もすべて気にさわり、癪(しゃく)に障(さわる)る種になるほどになった。

 すでに私が迎えの馬車の間近まで進んだ頃、左右の人が私の足元に投げ打つ花の中に、紅バラの非常に立派なものがあったが、私はこれを見て、先年ローマの朝廷から賜(たまわった)ったあの盆栽のことを思い出し、あの花までもギドウとナイナの不義の胸を飾って終わったかと、今更のように腹立たしく、我知らず足を上げて、「ええ、いまいましい」と言いながら、その花を踏みにじって通り過ぎた。

 群集する人々は別に気もつかないようだったが、ナイナ一人は確かに私の口の中の言葉を聞いた。聞いて異様に思うようだったが、そのままここを去ったが、やがて迎かいの馬車に乗るや、彼女は誰も聞いていないのに安心し、不審そうに私を眺めて、

 「貴方はなぜあのように紅バラを踏みにじりました。」と聞いた。私は少し返事につかえたが、「ああ、血の色をしているから、それでいまいましいと言ったのです。」とはや夫たる者の口調で言い流すと、彼女はなぜかびくりとしたが、ただそれだけでこのことは話題にならず、そのうちに馬車は私の宿に着いた。

 宿にはすでに多くの招かれた客がいた。饗応の準備は早やテーブルの上にうずたかく整っていた。夫婦は一同の来客と共に席に着いたが、珍味は山海の美を尽くしたが、この席は夜に入って開くはずの舞踏会とは違って、むしろ真面目な方で、来客はただ目出度い祝いの言葉を言うだけで、別に興に乗るほどの面白みもなく、いわば本当の無事のうちに終わりを告げた。

 饗宴が終わって、客が思い思いに他の部屋に散って行くのを見て、私はナイナの手を引いて退いた。英国などの風習ではこの時、夫たる者は、その妻につきまとい、妻と一緒の部屋に入り、ちやほやする習慣だが、我がイタリヤでは饗宴が済んでもまだいくらかの他人行儀を守り、妻に最終の自由を楽しませるため、夫婦別室に退き、次に開く夜会舞踏などが済んだ後で、初めて妻として、夫として打ち解けるのだ。

 もっとも、この格式を破り、饗宴が終わっただけで、まだ夜会が始まらないのに、既に夫婦になりすます英国風を便利とする人もいるが、私はとにかく、私だけの品格として、そんなことはできないので、特に、夜会と言っても、もう時間も無いことと、その上ナイナは衣服を着替えるだけでも多くの時間を要するので、私は彼女をその居間に当てた一室に送り届け、彼女が打ちくつろいで腰を下ろすのを見届けて、自分の部屋に帰って来た。

 ここにはなお従者瓶造がアベリノに立ちもしないで控えていたので、私は彼にアベリノに行くように促すと、彼は何となくうら悲しそうに見えたが、私の言い付けに背けないと観念して、かしこまって退いたが、やがて私のハネムーンに出発するときの全ての支度だと言って、昨夜来、彼がとりまとめ荷造りしたものを一々持って来て私に渡し、「それでは少しの間、アベリノで待っていますが、パリで宿が決まり次第、直ぐ電報をいただければ、早速駆けつけて参りますから。」と言い、別れを惜しみながら立ち去った。

 彼の心情を私は可愛そうだと思わないわけではないが、彼のように年若い時は、愛情のため何もかも忘れやすいものなのだ。彼が行く手にはリラと言う最愛の目当てがある。私からの沙汰を待つうちに間もなく夫婦の縁を固めることになるだろう。

 当分は私が行方不明になったことを怪しみもし、悲しみもするだろうが、その内に忘れて楽しい生涯に入ることになるだろう。彼の身の上は、憐れむべきものではなく、実にうらやむべきものなのだ。私の境遇に比べたら、誰の境遇でも、うらやましくないものはないのだ。

 こう思って私も自分を慰め、窓の戸を開けて見ると、人々が私の婚礼のために騒いでいる様子は皇帝の即位式もこんなだろうかと思うばかりだった。私の宿の前は言うに及ばず、目の届く先々までも、無数の人が集まって踊り興じ、私のために幸福の祈りの歌を歌っている。

 それも無理はない。私はよしんばこの身が死なないまでも、今日を持って我が一代の終わりとし、この世のいとまを取るという気持ちで、有るだけの金を費やして、前からホテルの支配人に言い付けて、町々の酒店を買い切り、一日の居酒屋として全市民を饗応するばかりか、更に貧民が集まる場所場所には小銭を袋に入れて持って行かせ、配らせるなどして、カルメロネリの残した財産を大部分散らし尽くした。

 残るのはただ墓倉の中の珠玉宝石の類と私が先日カバンに詰めて船長羅浦に渡し、船の中に預けた通貨だけだった。私の前にその例が無く、私の後にもその類無き大復讐のために、このような儀式をもって祝するのも意義があると私は思った。いわんや、海賊の盗み集めた大財産、このようにしてでも施さなければ、彼、カルメロネリの罪は、私の罪と共に、一ミリでさえも亡ぼす方法がないからだ。

 私が満足して窓を閉めると、しばらくして、夜会の始まる合図の鈴が鳴るのが聞こえてきた。この音はあたかも私のためには復讐の戦場に向かって「進め」と言う悪魔の大号令のように聞こえた。


次91へ

a:680 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花