巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu94

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.11

今までの訪問者数591人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (九十四)

 忍び出た裏口に、人の影は全くなかった。約束の二十分はおおよそ経ったと思われるが、ナイナはどうして来ていないのだ。私は待ち遠しく、またもどかしく一分間も一時間よりまだ長い気がしたが、こうしているうちに、もし人にでも見られたら、どうしようもないと、気をいらだたせてじっと待っていたが、来ないものは仕方がない。

 ダンスホールの音楽は手に取るように耳に入り、踊り楽しむ人々の足音さえはっきりと聞こえるほど周りはもの静かだが、ただ、ナイナの足音だけが聞こえないのはどうしたことだろう。ああ、彼女はついに来ないのか。それともひそかに悟るところがあり、この間際に至って私の手から脱出したのか。

 疑い始めると思いの外に、私も気が気ではなく、いっそうもう一度引き返して、彼女を引きずって来ようかとまで思ったが、そうは言っても実際にはそんなことはできない。ほとんど地団駄を踏むだけだったが、ちょうどその時、うれしいことに、さわさわと足にまとわりつく絹服の音とともにナイナの姿が現れた。

 彼女も私を認めてうれしいのか、あたかも母の姿を見つけた小児が走って来るように早足で走ってきた。その姿をどうしたかと見ると、ロシアに産する貂(てん)の黒い毛皮で作った上着を今夜の服の上にまとい、その下から時にダイヤモンドがちらちらと見える様子は、暗夜の雲の間から時々星が洩(も)れ見えるのに似ていた。

 上着の黒いのに反映してひときわ目立つ白い頬も、いつもより紅の色が濃く見えるのは、今まで十分に踊った末、休む暇もなく急いで来たためでもあるだろうが、更に心が一方ならず浮き浮きしているからだろう。

 「おお、たいそうお待たせ申しました。」とささやきながら、私の手を取って吸い、更に「このような服装をなさると貴方の背が高く見えますこと。本当に血気盛んな少年の姿ですよ。」と言い、更にまた、「早く来ようと思っても踊りが終わらないものですから。ですが、どれほど面白い踊りだったか分かりません。貴方が一緒なら良いのにと思いました。」

 と言って、私の体に寄り添ったので、私はその手を取って引き寄せながら、「だが、どう言ってはずして来たのですか。」「いえ、踊りが一段終わったので少し息でもつぐふりをしてホールを出て、自分の部屋に駆け上がってこの上着を着るやいなや飛んできました。おお息が切れる。これこの動悸を」と言いながら、私の手を上着の下に引き込み、その胸に当てさせた。

 「だが、メードか誰かに見られはしませんでしたか。」
 「誰が見ていましょう。もう晩餐の時刻ですからホテルの者は皆その用意に取りかかり、私の介添えの者まで厨房にでも行ったと見え、その姿も見えませんでした。」

 私は我が胸にほっと安心を覚えた。そうすると、誰一人、私が抜け出したことを知らない。目的通り誰にも知られずにナイナを連れ去ることができるのだ。「では行こう。さあ」と言い、あたかも一人の体と見えるほど堅くナイナと抱き合って、裏口から裏庭を横切り、裏門の所に来て、ここにしばらくナイナを待たせ、私一人で外に出てすぐに辻馬車を雇ってきて、まずナイナを助けて乗らせ、、次に私も飛び乗り、グァルダの別荘までやってくれとその御者(ぎょしゃ)に命じた。

 グァルダの別荘とはあの恐ろしい墓倉に最も近い人家だ。ナイナはこの名を初めて聞くと見え、「え、どこの別荘です。」と聞いた。「なに、宝物を隠してある所のすぐ手前だ。」というと、彼女は全く安心して箱馬車の後ろに身を持たせ、軽くその首を私の肩に投げ掛けて、ガラス窓からもれてくる外灯の光が時々その顔をかすめるように照らし去るのに任せていた。

 ああ、これは何と言ったらいい風情だろう、何と言ったらいい趣だろう、私の外には見る人はいなく、私の外には見せる人がいない。私の物、私の自由、私はここに至って魂(たましい)も有頂天の外に上り、胸が高鳴った。これはうれしさからか。そうだ、うれしいのだ。

 生涯の大望一時に達し、身も世も忘れたうれしさだ。ナイナの気持ちはどうだろう。馬車の一揺れ揺れるごとに彼女の身は重く我が身にもたれてくる。私は気が酔い、神経が迷い「おお我が物、ついに我が物」と言いながら、彼女の首に手を回すと、彼女の身は私の両手の間に解けたのか、力のないことは生まれたての小児のようだ。

 生かすも殺すも、全てこれ私の自由、二度まで結婚して妻とした私の妻なのだ。二重に買い入れた奴隷よりも、もっと私の物、私は後宮に二千の美女を蓄えたトルコ皇帝がその美女をもてあそび、その美女を皮の袋に入れ、その美女を濠に投じて殺すのさえ自由だというように、彼女をどのように取り扱つかおうがすべて自由にならないことはない。

 私は彼女の皇帝であり、彼女の持ち主であり、彼女の飼い主なのだ。なぜならば彼女の夫のまた夫だからだ。彼女はたとえ、私が手でどのような目にあおうと、彼女のために私を訴える人はなく、彼女を惜しむ人もいないだろう。

 彼女はその家が富めるため敬われ愛されたようなもので、真実から彼女を愛する者は、ギドウのように、ハピョのようにすべて彼女にだまされ、彼女の敵となり、残っているのはただ心に彼女を恨んで、上辺で彼女を愛する者だけだからだ。

 彼女が亡びれば彼女が友とする多くの貴婦人までがかえって社交界での強敵を払いのけたたのを喜ぶばかりだ。どの方面から考えても、私は彼女に少しの手加減もするべきではないのだ。



次95へ

a:591 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花