巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

hakuhatu97

白髪鬼

マリー・コレリ 著   黒岩涙香 翻案   トシ  口語訳

文字サイズ:

since2010.3.14

今までの訪問者数633人
今日の訪問者数1人
昨日の訪問者0人

             (九十七)

 「早く連れ出してください。」と必死になってしがみついたが、私は何の返事もせず。彼女の恐れがますます深くなるのにまかせておこうと、仁王のように立ったまま、動きもしないで控えていると、しばらくして彼女も耐えられなくなり、たちまち私の体から飛び離れ、あたかも私がもしや他人になったのではないかと危ぶむように私を見上げ、

 「これ、貴方、どうなさったのです。なぜそのように動かないのです。なぜ無言なのです。まあ、何とか一言おっしゃってくださいな。さあ、私をお抱きなさい、キスしなさい、何とでも良いですからただ貴方の声だけでも聞かせてください。」と言い、泣き出しそうな声とともにぶるぶるその体を震わせているので、もう口を聞いても良い頃だと見て、私はしっかりと彼女の手を取り、一糸も乱れない練り固めた音声で、

 「静かにしなさい。ここは泣いたり叫んだりする場所ではない。今お前が見て取ったとおり墓倉だ。最後にはお前の体を埋める所、いや、お前のかって嫁いだロウマナイ家代々の墓倉だ。」
 これだけの言葉に彼女ナイナは涙声も喉にふさがり、息さえもできないと言うように、開いた口に声もなく、ただ襲われたように目を見張って私の顔を眺めるだけだった。

 私は言葉を継いで、
 「ここだ、ロウマナイ家幾十代の義人も貞女も皆この中に亡骸を留めてある。今から一年に足りない以前、お前の夫ハピョ・ロウマナイが葬られたのもこの墓倉だ。ここはハピョのいる所だ。」
 これだけ言って、言葉の効き目はどれほどだろうと私はしばらく口を止めたが、ナイナは一句一句に恐れおののいて顔色を失うばかりだったが、ようやく、とぎれとぎれの声をつなぎ、

 「貴方は気が違いはしませんか。」と言い、私がなおも無言なのを見て、こわごわにじり寄り、「さあ、早く行きましょう。このようなところには用はありません。この上いては寿命が尽きます。帰りましょう。帰りましょう。どのような宝物でもここにある物は要りません。さあ、さあ」と促すのはただ墓倉と言う場所を恐れるだけで、今だ、私の目的がこれよりももっと恐ろしい事にあるのに気がつかないように見える。

 私は再び彼女の手をしっかりと取り、
 「まだ見せる物がある。ここへ来なさい」と言って彼女を薄暗い隅に引いた。この隅は前に私を葬った破れた棺の有るところだ。私はその棺を指さしながら、「さあ、これを見なさい。これは何です。分からないならばよく調べなさい。粗末な板にくぎを打った棺です。昨年コレラの病人を葬るのに使った既製の粗悪品の棺です。」

 「ふたに月日を書き、ハピョ・ロウマナイとしてあるのはお前の夫ハピョを入れてこの墓倉に葬ったその棺だ。ええ、何をそんなに驚くのだ。これ、蓋(ふた)を見なさい。この通り破れている。誰が破った、誰がこの蓋を、え、納得が行かなければ、さらに中を見なさい、中には何にもない。本当の空ではないか。この棺の中に入れたハピョはどこにいる。さあ、どこに、彼はどこに!」

 彼はどこにと問詰めると、今まで墓倉という場所だけを恐れていたナイナの顔にまた一種の新しい大恐怖が加わわって来た。身も魂も全く消え尽くすかと思われるばかりだった。彼女は手はあっても何もつかむことができず、足があっても踏むことができなかった。沈むようにそこに膝を折り、うわ言に似た声でむなしく私の言葉を繰り返し、「彼はどこに、彼はどこに」とつぶやくばかり。

 これまでは私はなるべく我が怒りを押し静め、我が言葉を落ち着けて言ってきたが、もはや落ち着ける必要はない。いや、落ち着けようにも落ち着ける事はできない。鋭い口調で叱るように、

 「さあ、どこだ、どこだ、お前の夫はどこにいる。彼を憐れみなさい。この穴に葬られる時までもその妻に未練を残し、妻ナイナの名を呼び続けだったのに、その妻は彼のために一夜の祈り、一度の冥福も唱えず、操を破り、欲に迷い、彼が残したその家のベッドの上でその夜から不義を楽しみ、彼を踏みつけ、彼をあざけり、それで天罰が当たらないと思っていた。これ、ナイナ、彼ほど憐れむべき善人が又と有ろうか。今彼がどこにいるか、ここにいる!ここにいる!、ここに、ここに!」と言いながら私はナイナにせり寄り、彼女を我が足元に引き据えて、

 「これ、ナイナ、私の約束を忘れてはいないだろうな。婚礼をしたらその夜の内にこのサングラスをはずし、私の本当の顔を見せてやると言ったことを、その上、またお前のために今夜は全く若返ったと言ったことは、まだ耳に響いているだろう。さあ、その約束を実行するのは今ここでだ。」と言い、私はサングラスを外し、防寒コートの衿を引き下げ、ろうそくの光に向かって十分私の顔を照らし出して、

 「さあ、よく見なさい、ナイナ、私の顔を、これ、二度まで私と結婚した妻ナイナ、私の顔に覚えが有るだろう。よく見なさい、今夜お前との婚礼は二度目の婚礼、先の婚礼とただ私の名前が変わっただけ、名は変わっても人は同じ、笹田折葉という当年三十才の若者だ。この通りハピョはここにいる。ここに、ここに、さあ、見ろさあ!」と言いながらも、恨みに光る私の目は鋭く彼女の顔を射すくめた。



次98へ



a:633 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花