巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku19

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.5.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

      

     活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

     第十九回 運び込まれた柳條  

 抑(そもそ)も角三が、怪我人柳條を運び入れた、エンフア街の塀高い家は誰の住家だろう。是、角三が最愛の娘澤子を住まわせる所である。角三は上田栄三と同じく、早く其の妻を失い、一人の娘を生涯の楽しみとなし、金に糸目を附けずに養っている。

 しかしながら角三は、己が職業の探偵から、大暗室の支配人に移っていたが、人に忌嫌われる仕事であることを恥ぢ、探偵の娘と云われては、娶ろうと云う者も無く、更に当人も人に向かい、肩身の狭い想いをするに違いないと、夫れらの事を思い計かって、澤子が七歳の時、或女学校に預け昨年十八歳になって、卒業したので、此の所に家を求め、世間に知られずに住まわせて置いた。

 角三の目的は、之から充分な持参金を作り、社交界に立ち交れる、相応の家に嫁入らせようと思っているのだ。我が身は大暗室に近い或町に住まい、人には貿易商の隠居だと云い、時々澤子の顔を見に来ているのだ。澤子に侍(かしづ)いているのは、棒田夫人と云って、年五十に近い老女と杢助と云う下僕(しもべ)、および杢助の妻お杢の三人である。

 此の三人が角三の言葉に従い、転々(ころころ)と立ち働く有様は、殆ど昔の奴隷にも等しく、角三が斯(か)くせよと言付ければ如何なる事柄であっても、一言の異存なく黙って従うこと、殆ど不思議とも云うべき程である。角三は如何にして此の三人を、是ほどまで深く手名付けたのかと問えば、三人は角三に其の一命を握られて居るのだ。

 角三は兼ねてから、極めて従順な奴隷の様な下僕を雇入れようと心掛け居たところ、大暗室で開いて見た手紙の中に、お杢より杢助に送る一通があった。其の文言に由れば、お杢は或人の妻にて有りながら、杢助と不義の契りを結び、所天(おっと)を毒害して、杢助の妻になりたいと云って、毒薬を買う様に、杢助に頼んで遣った手紙であった。

 所天(おっと)の毒害とは、容易ならない事柄なので、其の手紙を幾通か手に入れた末、二人の身分を探ると、下僕には打って付けの男女なので、早速自ら探偵となって、杢助の許に行き、
 「生涯お杢と共に奴隷の様に我に仕えるならば、此の罪を隠して遣ろう。若し厭とならば、手紙を証拠として訴えてやる。」
と威(おど)したことから、二人は奴隷の様に角三に仕え、今は一種の忠義心をさへ、起こすに至ったのだ。

 尤も角三は二人が不平の余り、我を殺すに至る事を恐れ、充分な給金を遣り、何不自由なく暮らさせる上、更に二人に言い聞かせている事は、
 「彼(あ)の証拠は、尤も親しい人に預けてあるので、汝ら若し我を殺すに於いては、其の人が直ぐ様警察へあの手紙を持ち出すだろう。」
と云う厳重な脅しの為め、二人は生涯角三の奴隷と甘んじて奉公することとなった。

 今一人の棒田夫人も之に似寄りの訳合いで、角三に使われて居るが、此方は澤子の傍附きである上、万事此の家の取り締まりをしているので、杢助夫婦を追い使い、且つ角三に向かって己が考えを言い出る丈の自由を許されて居る。

 (因(ちな)みに記す。仏国(フランス)の探偵が、人の犯罪の弱味を押さえ、之を我が雇人となして、内実奴隷の様に使うということは、其の例少なからず。この様な訳なので、三人が黙々として角三の指図に従うのは、当然の事かも知れない。

 それはさて置き、角三が杢助と共に柳條を寝台に載せ、彼の家へと運び入れると、内より棒田夫人はお杢(もく)を引き連れ、手燭を取って出て迎えた。
 栗「夫人よ。もう澤子は寝たであろうな。」
 夫人「ハイ先ず寝たも同じ事です。寝間へ退いて、小説を読んで居ます。」

 栗「此の怪我人を預って、傷の癒えるまで、誰にも逢わさず留めて置かねばならないのだが、何所へ置こう。離れ座敷は何うだろう。」
 栗「夫人よ。最う澤子はハ寝たであらうか。」
 夫「ハイ先ず寝たのも同じ事です。寝間へ退いて小説を読んで居ます。」

 栗「此の怪我人を預って、傷が癒えるまで誰にも逢わさず留めて置かねば成らないのだが、何所へ置こう。離れ座敷は何うだろう。」
 夫「そうですネ。離れは嬢様が絵の稽古をなさる所にしてありますが。」
 栗「併し外には無いだろう。」
 夫「そうですね、外にはありません。」
 栗「では兎も角も離れへ運んで貰おう。」

 此の言葉に応じて、お杢は杢助と共に寝台を舁(かつ)ぎ、離れ座敷に運んで行く。角三は棒田夫人と共に、其の後に従いながら、実は此の怪我人は、医者に掛ける事が出来ないのだが、何うだろう、お前の手際で。」

 夫人は少し勿体を附け、
 「そうですね、医者に掛けて直る者なら、私の手で直ります。私は看護師の免状を取っています。」
 栗「爾(そう)さ。夫れを知って居るから相談するのだ。」
 夫「先ず傷の模様を拝見しましょう。爾(そう)すれば直るか直らないか分かります。」

 栗「夫れだ夫れだ。愈々(いよいよ)直らない者と分かれば、今夜中に空き地へ持って行って棄てさせる。」
と云う中に離れ座敷へ着いたので、夫人は事に慣れた様に袖口を巻(まく)り上げて、怪しいと云う顔さえせずに、先ず柳條の目を隠している布を解き、次には又手を解いて、服の釦(ボタン)を外し凡そ三十分ほどを経て、一切の傷所を検め、

 「傷は都合で七カ所あって、其の中胸の傷が一番深い様ですが、是も内蔵へは障(さわ)って居ませから、私の手で直ります。」
 角三は安心の息を吐き、
 「アア夫れは有難い。成る程、此の男は充分に狙って居る間に、幾度も敵に突かれたのだ。何でも叫び声を発したのは、皆此の男であった。」

 夫「成るほど、決闘でしたか。」
 栗「左様」
 夫「兎も角も当分ここへ置かなければなりませんが、若し澤子が来たら何と申しましょう。」

 此の問いには、角三は少し困った様に、暫しがほど考えて居た末、
 「澤子をここへ寄越さない様にして貰おう。」
 夫「来るなと云っても聞きませんが、若し澤子が来たら何と申しましょう。」
 栗「夫れは困るな。」
 夫「来れば色々の事を問うだろうと思います。」

 栗「問うても一切返事をしない様に。イヤ俺から返事を留められたと云えば好い。明朝又俺が来て澤子に何とか言い聞かせるから。」
 夫人は怪我人の顔を斜めに眺めながら、
 「大層好い男ですネ。澤子は常に小説など読み、色々な事を考えて居て、とりわけ小説らしい事が好きですから、ここへ来ると終には此の人を見初めるかも知れませんよ。」

 角三は忽(たちま)ち眉を顰(ひそ)め、
 「夫れは困る。決して見初めない様にして貰わなければ。」
 夫「でも澤子は私の手に負いませんもの。」
 栗「爾(そう)か、夫は益々困るなア。」
と言い掛けたが、頓(やが)て又思い直し、

 「ナニ今時の女の子は、何せ自分の気に入った亭主の外は持たないから、見初めても仕方がない。」
と云った。澤子が若し柳條の妻となれば、二百万法(フラン)以上の大金は、山分けにするには及ばない。其の儘(まま)我が家に転がり込むだろうと、角三は思ったのに違いない。是より凡そ一時間を経て、夜も早や三時に及びし頃、角三は一同に向かい、

 「呉々れも怪我人を大事にする様に。」
と言い置いて、我が住居を指し此の家を去った。



次(第二十回)へ

a:14 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花