巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

ikijigoku63

活地獄(いきじごく)  (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

ボア・ゴベイ 作  黒岩涙香  翻訳  トシ 口語訳

since 2018.7.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 

   活地獄(一名大金の争ひ)    黒岩涙香 訳

   第六十三回 自殺の決意
 
 上田栄三が非常に恐ろしい決心を起したのは、唯借金を恐れての為では無い。罪なきお梅を殺したのみか、それが為、我が婿になるべき柳條健児に、莫大な財産を失わせた我罪の重さを知り、打ち続く不幸も総てその罪の酬(報い)であると悟って、潔よく天の裁判に服す為、ここに自殺の心を起したものだ。

 その心実に哀れむべきではあるが、その娘瀬浪の境遇も又甚だ哀れむべきである。瀬浪嬢は唯彼の伊蘇普(イソフ)を友として、之に我が嘆きを打ち明けるほか、心を寄せる者も居ない。今日しも居間の内に閉籠り、窓の外に置いた盆栽を打ち眺めて、深い溜息を発するばかりである。

 伊蘇普はその心の中を押し計ることはできなかったが、我れが馬平侯爵に逢い、柳條救い出しの一条を頼んだ次第を打ち明けたなら、幾分か嬢を慰めるのに足りるのではと思いながら、
 「嬢様何をその様にお嘆き為されます。」
と問う。嬢は又深い溜息を吐き、稍々(やや)あって、
 「此の花は昨年私の誕生日に柳條さんが呉れたのを、私が盆(鉢)に移し、今も此の通り咲いているのに、本人の柳條さんは、私の此の次の誕生日まで生きている事かーー。」
と言いながら涙に咽(むせ)んだ。

 伊蘇普は我知らず熱心の色を現わし、
 「イエ柳條さんは必ず助かります。ご安心なさい。私が請け合いますから。」
 嬢は此の言葉の異様なのを怪しみ、
 「お前は何故その様な事を云う。」
と問い返す。
 伊蘇普は打ち明けて好いか、隠した方が好いか、子供心の思案に余ったので、暫しがほど嬢の顔を見守るばかりだったが、漸くに思い切って、

 「若し」悪かったら謝罪(あやまり)ます。貴女に聞いてから仕ようかと思いましたが、貴女が余りお鬱(ふさ)ぎですから、黙って仕ても好いだろうと思いアノーーー」
 嬢「好かろうと思って何をしたのだエ。」
 伊「柳條さんが馬車から落ちた侯爵を助けたと聞いて居ましたから。」

 侯爵との一語に嬢は早や打ち驚き、
 「エ、馬平侯爵かエ。」
 伊「ハイ侯爵に情けがあれば、柳條さんを救い出して呉れるだろうと思い、私はーーー」
 嬢「お前は侯爵に逢ったのか。」
 伊蘇普は口籠りながら、

 「ハイ、その屋敷へ行きました。下僕が私を追い出そうとしましたけれど、その時侯爵が出て来て何事だと大層親切に聞いて呉れました。」
 嬢「それから」
 伊「それから牢に居る柳條健児をお救いくだされと云いましたら、私の顔を充分眺めた末、三日の中に貴女の所まで返事を持って行くと云いました。」

 嬢「何だと、私の所へ。」
 伊「ハイ」
 嬢「私はアノ人に逢わないよ。来ても逢いませんよ。お前は私の名をアノ人に云ったのかエ。」
 伊蘇普は早や打明けた事を後悔したが、偽(うそ)を云う力もないので、その首を打ち垂れて、悄然々(しおしお)と、
 「ハイ貴女からの使いだと申しました。」

 嬢は聞いて忽(たちま)ち顔を赤くし、
 「それはお前、好くない事をしたよ。アノ侯爵は柳條の恋ーー。」
と言い掛けて口を塞いだ。
伊「悪かったら許して下さい。デモ侯爵は屹度(きっと)柳條さんを助けて呉れますよ。それに貴女くらいの若い女も、矢張り柳條さんを助けて呉れと、侯爵の母君へ願いに来て居ましたから、私は助けて呉れると受け合います。」

 アア伊蘇普は益々禁制の場所に入ろうとする。
 嬢「なんだとエ、若い女が」
 伊「ハイ立派な着物を着て、供を連れ丁度貴女位ですよ。」
 嬢「それが柳條健児を助けて呉れと云ったのかえ。」
 伊「ハイ爾(そう)すると母君が警視総監に話して遣ろうと言いました。その女は嬉しそうに帰って行きました。私の考えでは、何でもソレ、貴女と一緒に柳條さんを救いに行った、エンフア街のアノ家の娘だろうと思いますよ。矢張りアノ家の下僕が供に就いて居ましたから。」

 柳條が怪我の為に、一月ほども留められた彼の家に、娘ありとは今聞くのが初めてなれど、一時は必ず外に女のある為に違いないと疑った事もある。その疑いが誠となり、我身の外に柳條を助けようとして、侯爵の家にまで入り込んで行く熱心な淑女ありとは、心憎い。嬢は口の中で、
 「では柳條さんが助かっても。」
と呟いたのみで、後は首を垂れて思いに沈んだ。

 伊蘇普は嬢の心を汲み取る事が出来ず、あたふたとして居たが、この様な所へ、静かに入り口の戸を開いて入って来たのは、嬢の父栄三である。その顔色は、強いて恐ろしい決心を隠くそうとする様子であるが、何となく悲しそうである。流石に親子で、嬢は尋常ならない思いをしたのか、一目見て、

 「オヤ阿父(おとう)さん貴方は何うなさったの。お顔の色が毎(いつ)もとは。」
 栄「イヤ何でもない。」
と言って伊蘇普の方を一寸見遣ると、彼れは心得て此の部屋を退いた。栄三は我が顔色を隠そうとしたが隠すことが出来なかった。

 突(つ)と嬢の傍に寄り、抱き寄せて嬢の顔を我が胸に押し当てた。胸の内に打つ波は嬢の顔にまで響いて居るに違いない。栄三はこの様にして、少しの間に我が顔色を作り直し、漸くに嬢を離して、
 「此の程も話した通り、色々商業上の手違いで大金の入り様が出来たから、私は古い貸金の残りを取り纏(まと)める為、英国へ立とう思うが。」
 嬢「オヤ英国へ何時。」
 栄三は、
 「明日の朝」
と答えたが、我が命明日の朝限りかと思うと、思わず一滴の涙を落とした。嬢は心敏(さと)く、

 「オヤ貴方は何故泣きます。英国へ行くお積りではありますまいーーー貴方はーーー」
と後は口に出ない。
 栄「英国でなくて何所へ行く者か。大抵二週間で帰る見込みだが、商業上の事だから都合に由れば、一月掛かるかも知れない。その留守に唯伊蘇普(イソフ)と下僕だけでは、お前もきっと心細かろう。それだから良く町川に話し込み、留守中お前を預って貰う事にする。」

 嬢は怪しいと思わないではなかったが、真逆(まさか)に我父が自殺する心だとは悟ることが出来なかった。
 「留守の事は何うでも好う御座いますから、貴方お早くお帰りを。」
と云われて栄三は、最早や我顔を嬢に合せる事が出来ず、その儘(まま)振り向いて、
 「アア店で会計が呼ぶ様だ。」
と紛らした。

次(第六十四回)へ

a:12 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花