巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume13

嬢一代   (明文館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.7.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

               十三

 夫の後を尾行(つけ)て行って、その振る舞いを探ろうとは、女の身には有ってはならない行為ではあるが、イリーンにとって今の場合は唯この外に手段(てだて)が無く、我が心にある疑いを晴らす為には、止むを得ない事と言うべきだろう。

 この様なことがあっても、この次春人が来た時も、イリーンはその疑いを顔にも言葉にも現さず、自分が彼の相乗りを見たなどとは更に知らさず、毎(いつも)の通りもてなしたが、春人は一夜を此処に明かし、翌日の午後三時半に馬に乗って、ロンドンへ出て行ったので、その後にイリーンはそこそこに仕度を調え、なるべく人目に立たない様最も地味な服を着け、外套に我が体を包み込み、四時発の汽車に乗り、ロンドンに向かった。

 ロンドンで西富子爵の邸といえば、ハイド公園に面した一構えにして、私人の宅とは思われない程立派なので、どの辻馬車の御者に聞いいても、殆どこれを知らない者は無く、イリーンは宵のうちから、その門前の人目に触れない辺(ほとり)に佇(たたず)み、出入りの人にだけ目を注いで居ると、やがて八時とも覚しき頃、一輌の馬車が出て来た。その戸を開いて控えるのは、是より主人を乗せていずれにか行こうとするものらしく、間もなくその傍らに現れて、静かに是に乗り、
 「是蘭(ゼランド)邸まで急げ」
と命じたのは、擬(まが)いも無い我が夫である。是蘭(ゼランド)邸はモント・ゼームス公園の辺にあり、イリーンはこれを知らなかったが、既にその名を聞いたので、馬車を頼んで後から追って行っても遅くはないと、先ず春人(ハルンド)の馬車を遣り過ごし、その後で辻馬車の屯所(たむろしょ)に行き、御者に聞くと、
 「知っています。私が参りましょう。」
と進み出る者があったので、直ぐに乗って走らせると、暫くして御者は、

 「ここです。」
と言い、西富邸にも劣らない程立派な屋敷の門前に停まったので、イリーンは先ず様子を見ると、夫春人の乗って来た馬車もまだ一方に控えて居たので、さては彼、今邸内に居る李羅子とやら言う令嬢と、何か話でもして居るのだろう。入って行って密かに様子を伺いたいけれど、まさかその様な事も出来ないので、如何しようかと、思案も未だ定まらないうちに、早や玄関から誰やら出て来ると見え、僕(しもべ)らしい者が現れたので、見咎められては成らないと思い、自分の馬車を物陰に潜(ひそ)ませながら、猶(なお)も玄関の方を見て居ると、間もなく此処に出て来たのは、我が夫春人のその手にすがって、なよなよと歩み来る一美人、是が令嬢李羅子に違いない。

 先きに春人と相乗りしていたその女である。イリーンは薄暗い所で、我が頬の熱くなるのを覚えたけれど、今更驚くことも無く、心を鎮めて待つ中に、春人は美人を助けて恭しく己と共に馬車に乗せ、御者に何事をか囁くと同時に、その馬車は早や門外に走り出て、イリーンの立つ前を通り過ぎた。彼ら二人は何処に行くのだろう。まさか此の夜中に、当ても無い運動では無いだろうと怪しむ様子を、事の慣れた御者は見て取り、

 「密かに今の馬車の後を尾(つ)けましょうか。」
と問う。
 アア御者にまで我がはしたない振る舞いを見破られたかと思うと、益々顔が赤らんだが、その外に工夫が無いので、 
 「そうしてお呉れ。」
と小声に命じ、直ちに追い掛始めたが、向こうの馬車は早や半町ほど先に在る。右に左に大道を経曲(へめぐ)るうち、その影を見失ったが、御者は少しも怯(ひる)む色はなく、

 「ナニ、道順で見当は分かっています。クイン劇場へ行ったのです。」
 さては我が身が願っても連れ行かなかった劇場へ、彼の令嬢を連れ行ったのかなどと、忙しい中にも気を廻しながら、走るが儘(まま)に任せて置くと、やがて馬車は白い息を吹く馬と共に、クイン劇場の入り口に停(とどま)った。

 此処で通例の人ならば、殆ど肝を潰すほどの高い賃金を払い渡して馬車を返し、イリーンは劇場の入り口に進んで行くと、その雑踏は言い様も無いほどで、如何にして漕ぎ分けるかも分らない程だったが、兎に角後部の方の一席を買い、これに座すると、満場一目に見渡せることだけは知れるので、漸く思う席を買い、覆面(ベール)を深く垂れて、我が身が誰とも分からぬ様にして、無事に入り込みは入り込んだが、しばらくは唯逆上(のぼ)せて眼が眩(くら)み、何が何やら見分けることが出来なかった。

 これではならないと心を落ち着け、光輝く満場を見渡すと、向こうの方にある第一等の桟敷に、皇族の席と隣あって我が夫春人が彼の美人と座しているのを見た。イリーンは忽ち胸轟き総身の震えるのを覚えたが、猶(なお)もその方を眺めると、春人は日頃よりも立派にして、さながら国王かとも疑われ、その傍に列なるかの美人は、衣服の着付けより、身の回りの飾り物、総て満場を圧倒するばかりにして、幾千の観客は皆その方に奪われ、殆ど舞台をも忘れたようであった。



次(十四)へ

a:379 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花