巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

musume50

嬢一代   (明文館書店刊より)(転載禁止)

バアサ・エム・クレイ作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2013.8.21

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

musumeitidai

               五十

 死骸と思った春人が目を開き、虫の息でまだ我が事を罵(ののし)るのを見、イリーンは跳ね返る程驚いたが、彼の命の在るうちは我が復讐の念も未だ消えない。
 今彼に心の弱い様を見られて成るものかと、必死の想いで身を落ち着け、静かに彼の指環を春人の目の前に差し附けて、我が身にさえ怪しまれる程の穏やかな音調で、

 「モシ、西富子爵、貴方にまだ息が有るのは幸です。死に切らないうちに一言聞かせたい事が有ります。是れこの指輪を御覧なさい。貴方は見覚えが有りましょう。」
 春人は答えることは出来ない。又その指環を眺め詰める気力も無い。開いて居た目を眠る様に閉じたので、さては是だけで彼の命が尽きたのかと思ううち、彼再び眼を開き、その指環を眺める様子は、何(どう)やら其(そ)の覚え有との意を伝えている様に見えたので、イリーンは又穏かに言葉を継ぎ、

 「コレは貴方が神を欺き、私を欺いた偽りの指環です。是が私の手に在るうちは、私の恨みも消えず、貴方の罪も亡びません。今は貴方に返しますから、是を嵌めてお死になさい。是さえ返せば、私と貴方の間に少しも残る勘定は無く、互いに全くの綺麗な身となって仕舞います。」
と言ったが、彼にはそもそも手を出して受け取る力は無い。

 「オヤ、受け取る事が出来ませんか。貴方の手に触(さわ)るのさえ汚らわしいと思いますが、今は仕方が有りません。ドレ私が嵌めて上げましょう。是を嵌めて上げるのが、私の最後の親切だとお思いなさい。」
 言いながら血に塗れた春人の手を取り上げ、静かに其の指環を嵌めると、春人は少しの抵抗をも現さずに唯為す儘(まま)に任せるのは、何の力もその身に残っていない為に違いない。

 「是でもうこの世でもあの世でも、再び貴方と顔合わせる事はないでしょう。」
と言い、やおらその所を立ち去ろうとすると、春人の唇はしきりに物言う様に動くので、さては何事をか言いつつ有るのだろう、此の場合に臨んで彼が何を言っても、我が身にとって聞くのを恐れる事があるだろうかと、イリーンは耳をその口元に傾けると、果せるかな唯唇が動くだけではなく、蚊の泣くよりももっと微(かす)かな声で、

 「コレ、夫人、今と言う今は本当に思い知りました。もう貴女に助けて下さいと言っても無益、又言いも致しません。唯一つのお慈悲には、一思いに私を殺して下さい。私にはもう自分で死ぬ力も有りません。如何か、如何か殺して下さい。そこ等に石でも有りましょう。一打ちに私の頭を叩き砕けば、貴女の復讐は終わります。是だけが願いです。サア、サア」
と訴えるのは、生きて死ぬよりもっと辛い苦しみを、死んで逃れようとする為に違いない。

 今一思いに彼の頭を叩き割るのは、それ程難しい事では無い。石を拾って其の上に落とせば足りる。
 そうして彼の命を絶てば、イリーンの身は如何ほどか安心だろう。夫公爵が捜索して、たとえ春人の死骸を見出したとしても、死人に口無し、それがイリーンの仕業である事を訴えることは出来ない。

 彼さえ訴えなければ、誰か又公爵夫人イリーンが、人殺しの罪を犯したと疑うだろう。しかしながらイリーンは唯の一刻もこのような考えを心に浮かべず、唯断固として、
 「イイエ、私にその様な事は出来ません。」
と言い切った。
 こう言い切って彼の身に、虫の息でも通わせて置いた為に、我が身がどの様に為って行くかは、イリーンの少しも思わない所である。

 仮令(たと)え如何(どの)様な事があるにもせよ、自ら手を下して人を殺そうとの心は無い。春人が死ぬのは其の身の怪我、我が身の為には天の下した復讐であるだけ、我が身は唯彼を救わないというのに過ぎない。
 我より進んで石を投じ、彼の身を害することは、たとえその苦痛を救う為にもせよ、イリーンの心は之を許さない。

 春人は漸(ようや)く、イリーンの耳に聞こえる程に絶叫した。
 「エ、エ、この願いさい聞き届けて呉れませんか。」
 「ハイ、手を下して人を殺すことは、どう有っても出来ません。」
 春人は切れ切れに、
 「エエ、情け無い、何時まで生きて苦しまなければならない事か。夫人、貴女の仕方は本当に嬲(なぶ)り殺しと言うものです。」

 イリーンは最早留まって、彼の言葉を聞く事は出来ず、そのままここを逃げ去った。逃げる後から何物かが追って来る様に思われ、再び後を振り向くことも出来ない。唯一散に我家に帰ると、この時午後も早や三時過ぎで、一同の客人は春人のまだ音沙汰が無いのに気も休まらず、もし便りがあったら我先に之を聞こうと思う様に、皆玄関脇にある一室に集まって、顔と顔見合わせて居た。

 春人の妻李羅子は、今にも死のうとする病人かと思われるほどその顔色が青かったが、是も一室に籠もることが出来ず、心配に掻き立てられて、茲(ここ)に来た。来客中の貴夫人に労(いた)わられながら控えて居た。

 イリーンの夫公爵は、早や約束の通り数多の人夫を捜索に送り出し、自分は中央の指図役としてこの室の一方に椅子を置き、人夫から知らせて来る報知を、李羅子を初め一同に伝え聞かせた。
 しかしながら春人の運の尽きとも言うべきか、数隊の人夫は夫々人の通うための道のある所を目指して行き、春人が今現に倒れて居る、道の無い所へは誰も行かない。道の無き所に分け入って、春人が倒れて居ようとは誰も思わないからだ。

 イリーンは帰って来て、先ず部屋に入って我が姿を正し、漸(ようや)く心を落ち着けてこの部屋にやって来た。一同の口から、これらの次第を聞いて、少し安心の想いを為し、この分では人夫等が春人を見出すのは今日中の事ではない。早くても春人が死に切った後になるに違いない。
 愈々以って我が身が疑われる恐れは無いと、密かに我が胸を撫(なで)る折しも、忽ちこの部屋に躍(おど)り入った一物があった。

 何かと思えば是こそ夫公爵が、かって我が身に贈って呉れたベドという飼い犬である。
 ベドは人々の注意を呼ぼうとする様に、非常に異様な声で吠え唸(うな)ったので、イリーンは第一にその姿に目を注いで見ると、これはどうした事だろう、ベドの首には血の付た一個のハンカチが結んで有った。

 何の為だろうと疑うまでも無く、イリーンの心には忽(たちま)ちに分かった。
 アア、この犬、我が身の後を追って彼春人の倒れて居る所に到り、春人の手でこのハンケチを結ばれたのだ。春人は其(そ)の身が怪我で倒れて居る事を一同に知らせる為、必死の力でこの犬の首に、このハンケチを結んだのだ。アア春人の運は未だ尽きていない。


次(五十一)へ

a:366 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花