巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume104

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.14

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四) 終に水涸れの様に

 「父親が此の通り、身代限り《破産》をして、二銭の縄で首を縊(くく)り、一家が分散した者ですから、添子嬢も何処へ行ったか、姿を隠して了(しま)った。しかし翌年、私は或る地方へ行き、芝居を見ました所、何うでしょう、添子嬢が、女優に成って舞台へ出て居るでは有りませんか。

 勿論姿は変わって居ますけれど、私は一目で其れと知りました。其れから数日の後に、私は其の添子が、蛭田江南と共に丁度人の聞くのを厭(いと)う様に、密々(ひそひそ)と話しながら、其の土地の公園の片隅を散歩しているのを見受け、扨(さ)ては江南の世話で女優と為ったので、二人の間に秘密の関係が続いて居ると知りました。

 それから今度逢って見ると、初鳥未亡人と名乗り、貴女の付き添い人に成って居るのでしょう。全体誰が世話したかと聞き合わせて見ると、江南が谷川弁護士に推薦したのだと分かりました。是で見ると、初鳥未亡人と名乗るのも怪しい者です。矢張り江南が、世話をしなければ成らない様な関係が有るので、其れで彼が推薦した者としか思われません。

 其の江南が貴女の良人(夫)と為ると聞けば、私は内々貴女へ初鳥夫人の事だけを、注意せずには居られ無いでは有りませんか。何しても貴女は、成るたけ早く初鳥夫人を解庸《解雇》するのが好いでしょう。」
 成るほど真実に親切な忠告である。

 是で漸(ようや)く夫人の言葉は、水涸れの様に止んだ。網守子は初めて口を開く機会を得、
 「唐崎夫人、貴女の御親切は誠に有難く存じます。江南の小説に就いての秘密は、決して私の口を洩れませんから御安心為さって下さい。次に初鳥添子の事も、今伺って一々驚きましたが、私も腑に落ちない所が有りますので、成るべく早く解傭《解雇》しましょう。けれど貴女の祝辞だけは、御受けする訳に行きません。」

 夫人「アレ、早や喧嘩したのですか。若い者は気が早くて困る。宜しい、其の様な仲を直すのは、私が妙を得ていますから、何にも言わずに、私へお任せなさい。」
 成るほど、何処まで世話好きであるか、底が知れない。
 網「イイエ、喧嘩でも仲違いでも有りません。私と蛭田江南とは、縁談などの出来るほど、親しくは無いのです。」

 婦人は怪訝(けげん)な顔をして、
 「でも江南と貴女とは、常に芝居でも公園でも、連れ立って居たでは有りませんか。」
 「イイエ、あれは江南が私へ附き纏(まと)ったのです。約束でも無く、話も持たずに。」
 唐「其れは意外です。」

 網「そうして今朝、国民美術院へ私の後を追って来て、縁談の様な事を言いました。」
 唐「あれ、国民美術院の中で縁談を、呆れた者だ。」
 網「其れを私はキッパリと断りました。」
 夫人は目を丸くして、
 「では江南は、出来ない縁談を出来たなどと、此の私を欺いたのだ。甚(ひど)い、甚い。」



次(百五)へ

a:104 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花