巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume105

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百五) 詐欺の網

 唐崎夫人は、多弁(おしゃべり)では有るけれど、親切な正直な人である。世間にはよく、真事(まこと)と嘘事(そらごと)とを取り雑(まぜ)て喋り立てる、お弁ちゃらとやらの婦人も有るけれど、其れとは違う。とりわけ上流社会の、厳しい几帳面な空気に慣れて居るので、自分に対して、嘘でも吐く人が有れば、腹を立てて、随分絶交もし兼ねない程である。

 其れだから、自分が江南に騙(だま)されたと知り、腹立たしそうにしばらく顔を赤くしたが、頓(やが)て静かに考えながら、
 「彼(あ)の江南が、貴女へ縁談を申し込んだのは今朝ですか。」
 網「そうです。」
 唐「今朝までは、縁談の事を仄(ほの)めかせた事も無いのですか。」

 網「ハイ、少しも其の様な事は有りません。」
 唐「其れでは全く私を騙したに相違無い。私へ言ったのは、一昨日ですよ。実は寒村網守嬢と縁談が出来ましたので、貴女だけへは、内々でお話ししますなどと云い、其の後で、未だ世間へは発表しないから、暫くは誰にも言って呉れるなと、口留めをしたのです。先ア何と言う嘘吐(つ)きでしょう。」

 網守子は江南が是れ位の嘘を吐いても、今更驚きはしないけれど、有りもしない縁談を、有った様に言い触らされては、腹が立つ。是を其のまま捨て置く分けには行かない。
 「唐橋夫人、私は何うすれば良いのでしょう。その様な事を言い触らされては迷惑ですが。」

 唐「其れは最もです。外の事とは違い、唯捨てて置く訳には行きません。然る可(べ)き人を遣って、談判し、以後を慎しませるのが宜しいのです。然る可き人が無ければ、手紙で言い送っても好いでしょう。此の様な事は曖昧では可(い)けませんから、唐崎夫人から直々に聞いたと、有りの儘(まま)をお書きなさい。」

 網「貴女のお名前を用いてでもーーー。」
 唐「ハイ介意(かま)いませんとも。私は自分を欺く様な男に、少しも容赦は加えません。是から帰れば絶交状を送ります。」
 網守子は、もっと、この様な何事にも通じて居る夫人に、聞きたいと思うことも有るけれど、其れほどの懇意でも無いのにと、遠慮して控えたが、夫人の方は少しも遠慮が無い。また何か思い出した様に、

 「良く考えると、是は大変な深い企みかも知れません。江南が添子を貴女の所へ住み込ませたのも、最初から、貴女の財産の事などを聞き込み、此の様な目的を起こした為では無いでしょうか。」
 そう言われて見ると、先頃初鳥夫人から受けた、数万円の無心を初め、色々と思い当たる気もせられる。けれど、網守子は其れと明(あか)ら様には云わない。

 「夫人、夫人、ロンドンと言う所は其の様な恐ろしい所でしょうか。」
 唐「其れは広い都ですから、善人も有れば悪人も有りますが、未婚の女に取っては、随分危険な事が多いのです。」
 網守子は何だか自分の周囲へ、詐欺の網が張り廻らされてある様にも感じた。



次(百六)へ

a:138 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花