巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume107

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.17

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百七) 忘れ得ぬ鰐革の袋

        
 谷川弁護士は何の為に来たので有ろう。網守子は怪しみつつも、先ず自分の部屋に請じて、来意を聞くと、
 「イヤ大した用事でも有りませんが、今朝、丁度此の付近へ来る用事の有った所へ、貴女からの電話でした。其れで直ぐに上がると申したのです。先ず貴女の御用から伺いましょう。」

 網守子も自分の用事を先に話して了(しま)うがの好いと思い、
 「私は初鳥添子を解雇したいと思いますが、何うでしょう。其の理由・・・・・」
 谷「イヤ、理由は伺うに及びません。雇人は雇主の気に入らなければ成らないので、貴女が解雇したいとお思い成されば、其れが解雇の理由であります。」

 実に谷川氏は要領を得た人である。網守子は少し安心し、
 「ですが、代わりの付添人が無ければ。」
 谷「其れはそうです。付添人無しには。」
 網「其れで何うか貴方に、代わりの付添人を捜して頂き度い。」
 谷「心得ました。直ぐに有るか否かは分かりませんが、兎も角も直ぐに捜して、有り次第に伺わせる事に致しましょう。が、貴女の御用は其れだけですか。」

 網「ハイ、是れだけです。何うか貴方の御用を。」
 谷「今より五年前に、貴女の財産の幾分を、貴女のお名前で銀行へ預けました。其の中に、鰐革の袋のあった事をご存知でしょうか。もしお忘れならば、目録を見れば分かります。ここに写しが有りますから。」
と云い、鞄の中から書類を取り出そうとした。

 書類を見なくても、忘れる筈はない。寒村島を出た目的の中の一つは、彼の鰐皮の袋をば、古江田利八と言う者の子孫へ返したいという一念であった。其れで詳しく其の次第を谷川弁護士に語り、何うか其の子孫を尋ねて呉れと頼んで置いた。その後も常に網守子の心には、其のことが気に掛かって居る。

 「イイエ、目録など見なくても好く覚えて居ます。何時まで経っても忘れる事などは有りません。」
 谷川は重大な様子を現して、
 「あの時も申しましたが、今日私は貴女に向かい、同じご忠告を繰り返しますために参りました。あの鰐革の袋には、ご存知の通り、大財産と言うべき、希代のルビーが沢山入って居ますが、あれは全く貴女の財産で、誰にも譲る義務が無いのです。

 貴女の財産の保管を託されている此の谷川は、何しても貴女へ、他人に譲ることなどは、お止めなさいと申さねば成りません。」
 網「でも彼(あ)れは古江田利八の子孫へ、返さなければ成らないと、貴方へ呉れ呉れも申したでは有りませんか。」
 谷「法律上、少しも貴女に其の様な義務が無いのです。」
 網守子はたちまち合点の行った様に、

 「アア分かりました。愈々(いよい)よ古江田の子孫が見つかりましたね。其れだから貴方は、其の様な事を仰るのでしょう。」
と星を指した。





次(百八)へ

a:148 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花