巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume115

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.4.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百十五) 危険の淵

 自分の身が立つまでは、お目に掛からないと言うのが梨英の決心らしい。更に手紙は次の様に続いた。
 「貴女は実に幸福な御身分ですが、私には心配で仕方が無い事が有ります。其れは都の空気が偽りに満ちて居る事で有ります。」

 実に都の空気は偽りに満ちて居る。網守子は今其の偽りに囲まれて、身の振り方も分からないほどに思って居る際である。
 「貴女の様な、誰にも羨まれる若い婦人には、取り分けて、何の様な偽りの網が、掛かろうとするかも知れません。」

 殆ど網守子の境遇を見抜いた様な言葉である。網守子は益々感動して読み続けた。
 「私の様な都の空気に慣れた者でさえ、実は偽りの網に罹(か)かり、身を滅ぼすほどに立ち至りました。其れを救って下さったのが貴女のお言葉であります。今は其の同じ偽りの網が、貴女の身に罹かりはしないかと気遣います。」

 真に其の通りである。何うして梨英はここまで見抜くことが出来たので有ろう。実は怪しむに足りない。梨英は嘗(かつ)て此の部屋を尋ねた時、炉の上に、江南詩集が在るのを見ただけで無く、其の表紙裏に在った、尋常(ただ)ならない文句をも読んだ。彼が殆ど狂人の様に、此の部屋から立ち去ったのも、此の文句を見てからの事であった。
 其の後、彼の心には其のことだけが気に掛かり、何うかして網守子を、此の禍いから救う道は無いかと、寝ても醒めても此の心配に駆られて居るのだ。

 「出来る事なら、私が都に踏み留まり、貴女の影身に添って、偽りの危険に対して、貴女を守護したい程にも思いますけれど、自分が偽りに罹(かか)る様な意気地無しで、何して人を保護する事が出来るだろうと思い直して、独り残念に思うのも度々です。今は当分都に帰る事も出来ないだろうと思うため、心配の余りこの様に申し上げます。何うぞ貴女は、御自分へ最も親切らしく見える人を、最も危険であると思い、何も彼も十分に見定めた上で無ければ、何人の如何なる請いにも、承諾を与えない様にして下さい。誠に無理な、辻褄の合わない様な申し分では有りますけれど、私は唯誠心を以って貴女の為に申すのです。」

 網守子は読み終わって全く涙を催した。ここまで自分の為を思うて呉れる者を、何うにかして都へ呼び返さなければならない。其の居所は?其の居所は?若し蛭田江南が知って居なければ、他に知る人は無い。今まで江南の素へ行く用事は有っても、躊躇して居たが、今は何はともあれ、躊躇しては居られないと、愈々江南を訪(と)う事になったのは、自分から危険の淵に接近する様な者では無いだろうか。


次(百十六)へ

a:123 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花