巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume122

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百二十二) ピンと錠を卸(おろ)した

 網守子は梨英の書いた額の前に立ち、其の絵を見上げつつ叫んだ。
 「貴方の詐欺の証拠は、ここに在ります。此の額が証拠です。証拠です。」
 江南は冷ややかに、
 「飛んでも無い事を仰(おっしゃ)る。」
 「此の額は、路田梨英の書いたのです。其れへ蛭田江南と云う名を記し、自分の画として披瀝なさるは、此の上も無い詐欺では有りませんか。」

 江南は又打ち笑った。
 「アハハハハ、是は可笑しい。私は先夜貴女の許で、路田梨英の画と云うのを拝見し、一目で其れと見て取りました。寒村嬢よ。私の画名を慕い、窃(ひそ)かに私の画風を真似する者が、今の世に幾人あろうと、怪しむに足りません。私の画の贋作をした方が、出世が早いのです。丁度、柳本小笛嬢が、私の詩を写し取って、自分の詩だと言って人に見せ、其の上に、私の詩風を真似て詩を作るのと同じ事です。貴女は路田梨英とやらの贋作を本当と思い、却(かえ)って私の画を疑うとは、未だ此の都に、何れほど贋作家が多いかをご存知無いのです。」

 何と云う大胆な言葉であろう。余り偽りが激しいので、最早や此の様な人と、口を利くのも汚らわしいと思うほど、全く見下げ果てた。こうなると却(かえ)って心が冷やかになり、只無言で江南の顔を見詰めた。此の有様は宛(あたか)も、是が人間で有ろうかと怪しみ見る様である。

 江南も同じく無言で網守子の顔を見詰て居る。
双方の無言は、暫くして網守子の笑い声で破れた。今度は網守子の方が嘲笑(あざわら)い、非常に静かな調子と為って、

 「貴方は私へ左様な事を仰るのは、全く此の画をご存知無いのです。此の絵は何処の景色ですか。お返事が無いのは、ご存知の無い為でしょう。是は五年前に路田梨英が紫瑠璃群島へ来て写したのです。群島の中の何と云う島であるか、其れも貴方はご存知無いでしょう。其の上に、此の絵の中に居る少女は、五年前の私をモデルにしたのです。私の顔と、画の中の少女の顔と見比べ成されば、直ぐに分かりましょう。貴方は何時私をモデルに成されました。」

 流石の痴れ者も、此の争う余地の無い言葉には、驚いて顔の色が変わった。
 網守子の言葉は更に続いた。
 「貴方は此の絵を次の展覧会へお出し成さる相ですが、其の時には私が此の絵の前に立ち、私の友人達へ、此の絵が路田梨英の絵であることを信じさせますから、其の時に私を相手取り、詐欺の告訴を起すなりと、何うなりと御随意に成されませ。自然に黒白が分かりましょう。」

 こうまで云い詰めて、江南を喁(ぐう)の音も出ぬまでにした網守子は、更に江南に奥の手の有るのを知らなかった。
 江南は無言で入り口の戸の傍に行き、内からピンと錠を卸した。





次(百二十三)へ

a:123 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花