巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume136

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.16

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百三十六) 愈々明後日

 谷川弁護士は自分の職務以外の事には、余り心を費やさない人である。此の江南の手紙にしても、若し疑えば疑うべき点が幾らも有ろうけれど、殆ど読み流す様にして、
 「ハハア、彼奴が今まで網守子に接近したのは、網守子を目的とするでは無く、余所ながら妻の顔を見度い為だった。」
と独語し、

 更に又、
 「彼は実に仕合せだ。明後日は彼に鰐革の嚢を引き渡すが、如何に踏み倒しても、五十万以上の値打ちが有る。独身の今までとは違い、妻が出来れば、二人分嬉しい筈だ。」
などと呟いた。

 愈々(いよいよ)明後日は、彼江南に大財産の転がり込む日である。江南はそうとは知らない。凡そ一万円ぐらいの値打ちの物が、渡されるだらうと思うけれど、其れも手に取る迄はと、未だ幾分の不安を感じて居る。

 此の二日の間、彼は新婦添子と共に、様々の会合に出席した。到る所で多くの人に取り囲まれ、祝辞やら質問やら、様々の言葉に接したが、彼は早や添子の指図を守り、含首(うなづき)役を練習して居る。成るべく言葉少なに、唯ニコニコと含首くのを返事に代えるのである。其の様子が如何にも新婚が嬉しくてしょうがない様に見えるので、或る人は云った、

 「夫婦に成って三年も別々に居た同士が、不意に一緒に成れば、新婚よりも嬉しいで有ろうよ。」
と。
 けれど此の夫婦は、成るべく添子が少しの間でも、初鳥未亡人と名乗って居た事を知って居る様な人を避けた。其れでも其の事を知って居る人も有り、中には意地悪く添子に向かい、
 「貴方が未亡人と称したのも、矢張り無情な尊親族の遺言の為でしたか。」
と問うも有った。

 添子は臆面も無く、
 「そうですとも、ですから恨めしかったのです。でも財産には代えられませんのでねえ。」
と言って、宛も其の遺言を守った為に、大なる財産を譲り渡されたかの様に仄(ほの)めかして、疑う人々の口を容易に閉じた。

 実に添子は劇場に於いてこそ、立派な女優とは成り得ることが出来なかったが、こうして世の中に立つと、巧妙無比の役者である。多分は今まで数年間の貧乏に煆(きた)えられた為で有ろう。添子の言葉は一々誠しやかで、大いに人の同情を引く。其の行いには、得も言われぬ品が有って、何人にも尊敬される。

 僅かに二日の間だけれど、幾人懇意な友を作り得たかも知れ無い。是でもう、添子の面会日である土曜日には、新しい客が江南の画室へ溢れるほど集うて来る見こみが付いた。
 この様な交際時間の外は、添子の身は様々の幽霊を捕らえる事に委ねられ、少しも暇の無い程に忙しかったが、何事も思う通りに運び、其の上に、思っても居なかった幸いまで転がり込む「明後日」が、愈々(いよいよ)来た。


次(百三十七)へ

a:98 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花