巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume147

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四十七) 姉か妹か

 「古江田利八の二女梅子」
 是が路田梨英の母の母である。そうすれば梨英は利八の曽孫(ひまご)に当たる。
 併し、梅子を二女と言うのは何かの間違いでは無いだろうか。利八に松竹梅の三女が有ったと言うことから見れば、二女は竹子で、梅子は即ち第三女ては無いだろうか。既に谷川弁護士も、利八の二女は竹子であるとして、鰐革の嚢(ふくろ)を竹子の孫である蛭田江南に渡すことに極めて了(しま)った。

 とは言え、名前が梅子であるから、竹子の妹で有るとは限らない。名前は何うでも親の随意に附けるのでは無いか。姉を梅子と附けては成らないと言う規則が、何処に在るか。其れに人は、自分に幾人の子が生まれると言うことを、前以て計算して居る訳では無い。

 多分利八は長女の生まれた時に松子と附け、其の後に次の女が生まれたから梅子と附けたのであろう。此の時には次に又も女が生まれるとは知らなかった。其れだから長女が松子で二女が梅子である。此の様な例は世間に幾等も在ろう。所が其の又次に女が生まれた。此の女には長女が松であり、二女が梅である縁故を以って竹子と附けたのかも知れぬ。

 何にしても名前が梅と言い、竹と言う丈で、出産の前後を証拠立てることは出来ない。名前よりは記録所に在る戸籍面が確かな証拠である。戸籍面に二女梅子と在る以上は、梅子は二女に相違ない。名前が何で有ろうと、二女は二女だ。然(さ)すれば、古江田利八の鰐革の嚢は、蛭田江南が受けるべきでは無く、勿論路田梨英が受けるべきで有ろう。

 アアそうだ。こう思って見ると、蛭田江南自身が、確かに竹子が三女だと知ってる。其れだから、谷川弁護士が、第二女の子孫に与えると言った時、江南は顔色を青くして幾度も問返した。又其れだから直ぐに紅宝石(ルビー)を受け取る程の勇気が出なかった。

 彼蛭田江南の心では、梅子が第二女であると言う証拠を掻き消し、万に一つも露見する恐れの無い様にして、その上で受け取ると言う積りで有ろう。彼は善事には甚だ愚鈍な男であるが、悪事に掛けては、驚くべきほど綿密である。彼が梅子の縁付いたワルシー市へ旅行したのも、証拠を隠滅する為らしい。

 其れニ附けても路田梨英が此の時に、古江田利八の名を思い出すことが出来なかったのは残念である。若し思い出したならば、鰐革の嚢の事も、従って思い出し、何とか運動を始めたであろう。

 梨英が戸籍の記録を見て幾日の後である。此の登記所へ入り込んで同じ記録を検めた一紳士がある。其れは蛭田江南であった。彼はワルシー市から、更に此の筆捨(ペンブローク)市まで遣って来たのだ。



次(百四十八)へ

a:100 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花