巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume148

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.28

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百四十八) 頬から顎に続く髯

 多分江南は梅子の証拠を掻き消す為に来たのであろう。彼は悪人の常に用いる手段の通り、変装して居る。
 日頃彼は八字髯だけしか無いのに、今は白髪雑じりの頬鬚と顎髯とが緻密に生えて、殆ど顔の全部を覆い、残る上部は黒い眼鏡で隠して居る。

 事慣れた人に聞くと、是が変装の中で一番容易な手段だと云う事である。頬から顎まで続いた仮鬘(かつら)を買えば、誰にでも出来るので、更に其の仮鬘(かつら)に白髪が雑じって居れば、若い人も直ぐに五十歳以上には見られる。其れに目までも隠したなら、容易に分かる者では無い。大方、彼はロンドンを出た後に、何所か途中で様々の用意を整えた者と見える。

 彼は登記所に入り、戸籍の記録を検めて居たが、やがて目指す所を探し当て、
 「古江田利八二女梅子」と云う文字を見出した。
 更に此の文字の続きに、路田梨英と云う名の有るのを見るに及び、彼は全く顔色を変じた。けれど幸いに附け髯と黒眼鏡の色までは変わらなかった。

 勿論、路田梨英の方でも知らないだろうが、江南の方でも、梨英と遠い従兄弟に当たるとは、今が今まで知らなかったのである。
 けれど相手が誰であろうと、遠慮会釈は無い。彼は唯、
 「古江田利八の二女梅子」
と云う名を無くせば好いのだ。

 彼は手帳を取り出して其のページの上に載せ、宛(あたか)も反対のページに在る人の戸籍を、写して取る様に見せかけて居たが、彼の鉛筆は、尖った刃の付いた針で有った。間も無く彼が登記所を立ち去る時には、梅子の名を記した一枚だけは綺麗に切り取られて、跡方も無く成った。

 実に驚くべき大胆な所業であるが、彼は此の手段をワルシーの登記所でも施して来たに違い無い。
 憐れむ可(べ)し。彼の競争者である路田梨英は、是で古江田利八の嫡流の曽孫とする道が無くなった。けれどそうと自ら知る筈は無い。

 この様にして江南は、直ぐにロンドンに引き返したが、其の同じ汽車に、路田梨英も同じくロンドンまで乗り込んだのは、何かの運命ででも有ろうか。実に奇遇とも云う可(べ)きだ。けれど互いに其れを知らなかった。其れは梨英が三等車に乗った為である。

 梨英は、質の田地の上借りをして、僅かばかりの金を得た。果たして其の金で、次の美術展覧会まで身を支えて、大傑作を作り出すことが出来るや否や。自分では大いに不足を感ずるけれど、此の上に金の出来ようが無いので、何の様な倹約をしてなりと、是れで目的を達すると云う決心で、再び都の「鼠の巣」を指して郷里を出た。



次(百四十九)へ

a:107 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花