巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume150

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.5.30

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百五十)  魂が入って居る

 梨英の差し出した下絵を見て、江南は其の意味を理解することが出来ない様に、
 「是れが何(どう)した。」
と軽く問うた。
 梨「是は筆捨(ペンブローク)の停車場で写生したのだよ。余っぽど君に似て居るでは無いか。」
 江南の顔色は忽ち変わった。

 「ナニ、僕に似て居る。その様な事は無い。決して其の様なーーー。第一僕の顔には、何所に頬髯など生えて居る。」
 梨英は、余り江南が熱心に打ち消すのを、異様に感じつつ、
 「画家の目から見れば、此の人の骨相と君の骨相と、別人とは思われないよ。若しこの人の髯を取ったら、必ず君の顔の通りに成る。其れだから僕は君の事を思って居たのさ。其処へ丁度君が現れたから驚いたよ。」

 この言葉ほど江南に取って恐る可きことは無い。彼は何人にも知れては成ら無いが為に、故意(わざ)わざ変装して行ったのに、其の姿を此の通り、しかも梨英に写し取られたとは、何と云う不運であろう。
 彼は更に欺こうとする様に、

 「君の目は何うかして居る。此の人は五十以上の老人では無いか。其れを僕に似て居るなどとは。」
 梨英は、自分の手際を貶(けな)された様に感じて、少し怒りを現し、

 「君の様な画心の無い人に見せたとて仕方が無い。」
と云いつつ、下絵帖を閉じた。此の時江南は気が附いた。何でも此の下絵を奪わなければ成らないと。勿論彼は今までの経験で、梨英の弱点を知って居る。褒めさえすれば決して抵抗する力が無い。彼は忽ち語調を和らげ、

 「イヤ、其の下絵が僕に似て居ると云うことには、飽くまで反対する。けれど、流石に君の筆だよ。紳士が慌てて汽車へ馳せ付ける姿勢は、全く魂が入って居る。君、記念の為に其の下絵を僕に呉れたまえ。」
 今までの梨英ならば、無論此の甘言に乗せられたで有ろう。けれど今は、心の中に大いなる決心が出来て居る。

 「イヤ、僕はもう何の様な事が有っても、自分の画を人に渡さない。自分の画は自分の名で売ることにする。」
 下絵は早や衣嚢(かくし)の中へ納まったて了った。併し、江南は残念に思う色を隠して、更に益々打ち解けつつ、
 「併し君、今の下絵は兎も角もとして、ここへ君を誘ったのは、君と僕と今までの契約を、復活させ度いと思うが何うだ。相談に応じ無いか。」

 是が江南の真の目的である。
 梨「其れは先日の手紙の通りだ。」
 江「イヤ、彼の時とは事情が違う。僕は計らぬ幸運で、百万円の資産家に成ったから、報酬を倍にするよ。」
 梨「否だ否だ。」

 江「今に僕は美術界の中心になるのだよ。美術心に富んだ婦人と結婚したから。」
 此の言葉を聞き、今度は梨英の方が顔の色を変えた。扨(さ)ては江南は早や網守子と結婚したのか知らん。梨英は問い返そうとしたけれど、声さえ出すことが出来なかった。



次(百五十一)へ

a:94 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花