巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume159

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百五十九)  実は嬉しい

 自分の画を
 「買って呉れ、買って呉れ。」
と頼み歩いたことは有るが、「買い度い」と所望された事は、梨英に取って殆ど初めてである。彼は自ずから嘲笑(あざわら)って、「不思議、不思議」と云ったけれど、実は嬉しい。
 「では何の様な画でも、お望み通りに書きましょう。風景ですか、肖像ですか。」

 谷「貴方の筆なら何方(どっち)でも宜しいですが、新たに書いて貰うほどの猶予も有りません。今既に出来て居るのを。」
 梨「出来て居るのは一枚も有りません。」
 谷川は四辺(あたり)を見廻し、壁に伏せた小さい額に目を留めて、

 「彼(あ)れは。」
と言って立つと、梨英が少し慌てて、
 「其れは貴重品です。売りません。」
と云う中に、谷川は早や引き起こして画面を見、
 「オオ、是は全く蛭田江南の書く乙姫だ。私は先頃貴方の絵と江南のと別だと主張しましたけれど、殆ど取り消したくなりました。オヤオヤ是は網守嬢のーーーー。」

 梨「ハイ、五年前に私の写した、網守子の肖像です。」
 谷川は心に色々の思いが湧き出たけれど、自分で其れを押し伏せ、単に、
 「成る程、其れでは売られないでしょうね。」
とのみ云って座に帰った。

 「今出来て居るのが無ければ、下絵でも宜しい。只今直ぐに売って貰いましょう。」
 梨「下絵は後々用いる為のものです。売る品では有りません。」
 谷「でも指し当たって、用いる見込みの無いのも有りましょう。」

 谷川は何でも今直ぐに先刻の鑑定料を返し度いのである。梨英は考えつつ、
 「そうですね、此様(こん)なのが有りますけれど。」
と云い、筆捨(ペンブローク)の停車場で写した、乗り遅れの紳士の姿と、其れに並んで次の駅で写した其の横顔とを見せた。谷川は絵の巧拙を問う積りで無いけれど、一目見て感心し、

 「成る程貴方は蛭田江南に劣らない手腕がある。」
 梨英は笑って、
 「此の紳士が私ほど絵を書くでしょうか。」
と云った。 
 谷「エ、此の紳士とは」
 梨「其の下絵に写したモデルです。此のモデルは江南ですよ。」

 谷川は見直して、
 「成る程似て居るかも知れませんけれど。」
 梨「私が書いて見せれば貴方にも分かります。」
と云い、直ぐに梨英は鉛筆を持って、下絵帖の次へ、一個の顔を書き、

 「是は誰です。」
 谷「ヤ、実に旨い、貴方の筆は宛(まる)で飛ぶように走りますね。成るほど是は江南だ。」
 梨「此の顔へ偽せ髯を付ければ。」
と云い、又鉛筆を走らせて、見る間に偽髯を書き加えた。

 谷川は益々驚き、
 「成る程、成る程」
 梨「是れは私が筆捨(ペンブローク)の駅で写したのです。後で江南が附け髯を外して汽車の中に居ましたから、此の絵を見せて遣りましたが、彼は似て居る事を打ち消しましたけれど、此の下絵を呉れと云いました。」

 梨英は唯自分の画の知己を得た嬉しさに、何の思案も無く此の様な事を語るのである。
 谷「此の下絵三枚を三百圓に売って下さい。」



次(百六十)へ

a:96 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花