巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume163

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.6.12

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百六十三)  小さな糸口

 過日添子が四万円の金を持って来た時には、江南は其の四万円を拝み度い程に有難く思うたけれど、百万長者と為った今の彼には、単に目腐れ金の様に見える。
 彼は誰に遠慮も無く、頽(くづ)せるだけ自分の顔を頽(くず)して、独り考えつつ、喜びつつ、部屋の中に往きつ戻りつ歩んだ。今までの事が何も彼も馬鹿げて見える。

 「何して今まで、定まった財産無しに、身を支えることが出来ただろう。色々と自分の知恵を金に替えて来たけれど、知恵などと言う者は高が分かって居る。又何の様な場合に、泉の源が涸れないとも限らない。知恵に比べて見れば財産は有難い。百万円と言えば、年に四、五万円の収入は容易だ。巧みに廻せば六万円も得られる。寝て居たとしても、病気だとしても間違いは無い。

 今までは千円の金にさえ何れほど危険を冒したかも分からない。アア馬鹿げて居た。馬鹿げて居た。成るほど戴冠式は追々接近するし、そうで無くても、年々騰貴する一方の宝石類は、何れほど高く成るかも知れぬ。事に由れば百二十万円にも売れるかも知れない。

 彼が、喜ばれるだけ喜んで、漸く頽(くず)れた顔の造作が、其れぞれ元の位置に回復した頃、自動車の音と共に妻添子が帰って来た。添子は夫の顔を見るよりも、
 「貴方は何所へ行ってお出ででした。」
 江「ナニ悪い事柄では無い。善い事柄の為で有った。是からはもう和女(そなた)と一緒でなければ、何所にも出ぬ事にするよ。」

 添子も何と無く嬉しそうに見える。
 「喜んで下さい。貴方のお留守に、思う通りの幽霊が捕まりましてネ。何事も思うより旨く運び、もう次の雑誌の原稿も印刷所へ送って了(しま)いました。詩も絵も小説も、今までのより何れほど優って居るかも知れません。是から発行紙数の増す一方で、必ずドンドン儲かりますよ。 貴方の編集して居る時よりも、総ての調子をズッと低くし、俗分かり専一に勉めましたから、読者の範囲が幾倍も広がります。」

 江「其れは結構だが、私しも和女に喜ばせる事が有る。先ア静かに身を落ち着けて。」
 やがて夫婦は睦まじく相対して座した。江南は、隠すことが出来ない満足に顔を光らせ、
 「和女が先日此の家へ来たのは、今思うと大なる幸福の小さい緒口(いとぐち)であったよ。」

 添「小さい緒口!」
 江「爾(そ)うさ、私が今度得た幸福に比べて見ると、和女の持って来た四万円は小さな緒口であった。」
 添「其の様な大きな幸福が湧いて来ましたか。けれど本当の幸福は、貴方に取っては金より外に無い筈ですが。大金が手に入りましたか。」

 江「爾(そ)うだ。金だ。金だ。私には金ほどの幸福は無い。其の金が転がり込んで来たよ。」
 添「何れほどです?何れほどです?」



次(百六十四)へ

a:101 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花