巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume184

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.3

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百八十四) アア傑作

 
 江南の去った後に、谷川弁護士は独り倩々(つくづく)と考えて、
 「アア江南は感心な正直だ。時価六十萬円(現在の約6億円)以上の宝を、一旦我物と思った後で、アノ通り吐き出すとは、今時の人に出来ない事だ。先日は路田梨英の断念(あきら)めの早いのに敬服したが、江南は殆ど梨英よりも以上だ。尤も両人とも似寄った天才で、似寄った絵を書くだけに、無欲な点も似寄って居ると見える。」
 などと呟(つぶや)いたが、何にしても二女と三女が間違って居たと分かれば、是から其の間違いの出処を、取り調べて見なければならない。

 其の為に谷川は、古江田利八に関する書類の原本を持って居る同業へ、此の日の中に交渉を始めた。
 数日の後に漸く調べが終わり、全く二女梅子、三女竹子、と言う順序であるのに、幾度か謄写せられる間に、誰かが梅子竹子と云う名に釣り込まれ、竹子を二女、梅子を三女と誤記して、其の過ちが、谷川の持って居る写しへも伝わった者と分かった。

 こう分かると取り敢えず谷川は、路田梨英に知らせるべきで有ると思い、再び彼の画室を尋ねて行ったが、此の時梨英は書き懸けた「古い家庭」の絵に対し、殆ど一生懸命の様で、筆を振るって居て、自分の部屋へ他人の入って来たのにも、気が附かない様に見えた。

  今更の様に谷川は、梨英の筆の早いのに驚いた。画面はもう出来上がって居る様に見えるけれど、当人には爾(そう)でないのか、加筆しては見直し、見直しては又加筆するなど、全く丹精を凝らして居る。
 谷川は無言で立って見て居る中に、画面の中に確かに生気の動いて居る様に感じたので、思わずも、

 「アア傑作だ。」
と呟いた。此の声が耳に入ったか、梨英は静かに筆を置いて、
 「先刻から貴方の来たことは知って居ましたけれど、丁度筆を離されない所で有る為失礼しました。」
と謝した。

 其の物言いも容貌も悠(ゆ)ったりと寛(くつろ)いで居て、先日見た奇人とは思われない。多分は美の神に崇(あが)められて、心に希望が満ちたものと見える。谷川は自分が来た用事を忘れたのでは無いけれど、
 「貴方は何と云う天才でしょう。此の様な手腕を以って、今まで名の聞こえて来ないのが不思議です。」

 梨英は笑って、
 「次の展覧会に及第しましょうか。」
 谷「無論でしょう。全体貴方は誰に絵を習いました。」
 梨「数年前に、王国美術院を卒業しました。学窓に居る頃は、学友も沢山有りましたけれど、其の後は不幸続きで、懇意な人にも忘れられました。」

 谷川は思った。画風は江南と同じで有るけれど、決して江南の弟子では無く、江南の下で無い。又江南の云う様な妄想家でも狂人でも無い。唯画風が余り似て居る為、互いに嫉(ねた)み合って、人格をまで悪し様に思うのであろう。


次(百八十五)へ

a:115 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花