巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume192

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.11

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百九十二) 初めから貴方のもの

 
 両人(ふたり)が話して居るうちに、午後の日は漸く海の彼方に傾き、両人の座して居る岩も、全く日陰と成ってしまった。云わば人懐かしい黄昏の時である。けれど両人は、時の移るのも知らない。
 梨「其れで谷川弁護士が、何時かお話のあった鰐革の嚢を、私へ引き渡そうと云うのです。」
 網守「其れは当然の事ですわ。」

 梨「イイエ、当然とも限りません。谷川氏が云うには、是は先祖の遺産を相続するのとは違い、完全に寒村網守嬢の所有品で、嬢が自分の随意に、誰へでも与える事が出来る故、権利として受け取る可きでは無く、云わば貰い受ける様な者であると云うのです。

 成るほどそう聞けば、私の方に我物だと主張する筋が有りませんので、私は貰い受けるのなら要らないと云い、一旦は断りましたけれど。」
 網「先(マ)ア何だって谷川さんは、其の様に分からない事を云うのでしょう。あの紅宝石(ルビー)の話が出さえすれば、キッとそう言うのです。是は自由贈与であるから、遣るのは惜しいなどと。

 良く考えると私の為を思って、そう云って呉れるのでしょうけれど、私としては、自由に人に遣るのでは無く、全くの義務ですよ。祖母(おばあ)さんが、是は古江田利八へ渡すのだと幾度も云い、私もハイと請け合いましたから、自分の自由には何うすることも出来ません。古江田利八の子孫へ渡さなければ、私の義務が済まないのです。」

 梨「貴方の方ではそう思っても、私の方では受け取る権利が有るとは云われませんから、私は受け取ろうか受け取らないか、兎も角も、篤(とく)《じっくり》と貴女に相談した上で無くてはと思い・・・」
 網守は考え考え聞いて居たが、忽(たちま)ち何事をか思い出した様に、殆ど飛び立って、

 「アア私が間違って居ました。祖母さんは古江田利八の子孫に渡せとは云わず、古江田利八へ渡せと云いました。其れで祖母さんの云う古江田利八とは貴方の事です。爾(そう)です。爾です。祖母さんは、貴方を古江田利八と呼び、貴方に向かって、
 「鰐革の嚢を其のまま返します。」
と確かに言い切りました。

 其れを私が、古江田利八の子孫へ渡す事と心得たのは、全く私の間違いです。あの品は、あの時から貴方の物と為ったので、私は貴方へ渡す義務が有ります。貴方より外の誰へも渡しては成らないのです。何で私は今まで、此の様な明白な事を思い違ったのでしょ
う。」

 網守子は、殆ど悔し気である。
 「貴方はあの時、祖母さんと握手成さった。其の握手で、祖母さんは、もう貴方に鰐革の嚢を返す目的が達した者と思い、約束が済んだのです。あの品は、今更受け取らないも無く、初めから貴方の物です。」


次(百九十三)へ

a:94 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花