巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume196

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.15

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百九十六) 疑ふ余地が無い

 梨英と網守子から電報を受け取った谷川弁護士は、何時でも紅宝石(ルビー)を、売ることの出来る様に手配りして置く為め、直ちに宝石商を呼び寄せた。
 けれど果たして谷川の金庫の中に、其の売るべき紅宝石が、今も無難に存して居るで有ろうか。愈々(いよいよ)売ると為った時に、若し実物が、偽物と代わって居る様な事が有ったならば、谷川自らが、非常に迷惑な地位に立つことと為りはしないだろうか。けれど勿論、此の様なことは、思いも寄る筈が無い。

 呼び寄せられた商人は、曾(かつ)て紅宝石をば、責任を以って綿密に鑑定した其の当人である。谷川は先ず問うた。
 「曾てお目に掛けた紅宝石を、愈々売る時機とは為りましたが、今の相場は何うで有ろう。」
 商人A「お売りなさるなら、今が好い時で有ろうと思われます。総て宝石類は、騰貴する一方で有りますが、中でも紅宝石(ルビー)は品払底の為に、あの頃から見ると三割以上も騰貴して居ります。」

 谷「貴方の方で引き取ると云う、実際の値段を明らかに知らせて貰い度い。」
 商人は携えて来た鞄(かばん)の中から、一通の書類を取り出して検めた。此の書類は、曾て鑑定した時の記録で、一々に宝石の形を実物大に写し、其の匁方(めかた)性質を詳しく記してある。彼は、一個一個を、非常に慎重に計算して居たが、
 「七十二万円(現在の約7億円)であります。」
と答えた。

 谷「其の値段ならば、今日と云って、今日直ぐに売買が出来るで有ろうか。」
 商人「何分大金の事でありますから、今日引き取ることは出来ませんが、併し此の中から、私共に三分の一だけ選り取らせて下さるならば、今日中にお買い受け致します。」
 谷「イヤ、三分の一では無い。残らずを一時に引き取って貰い度い。」

 商人「残らず引き取るには、以前から私共と助け合って居る、同業が有りますから、其の中の幾人と連合して買受ます。何うか其れ等の同業と打ち合わせるだけの、猶予を戴き度い。」

 谷「其れは宜しい。実は此の品の持ち主が、今地方に居て、何時でも売り払うことの出来る様に、手配を附けて置いて呉れとの、依頼であるから。」
 商人「同業との打ち合わせの、調(ととの)い次第に、其の旨を申し上げます。」

 更に多少の問答は有ったけれど、話は全く決まって、商人が分かれ去ろうとすると、谷川は思い附いた様に、
 「同業との相談に、見本として実物を持って行く必要は有りませんか。」
 商人「私の此の鑑定書の写しが有れば、玄人には実物も同様です。此の次には同業の一人を引き連れて参りますから、其の時に実物を示します。」
と云って分かれ去った。

 実を云うと、今ここで実物を見た方が、双方の為で有ったかも知れない。けれど双方ともに、疑念など起こす余地が無かった。


注:72万円を現在の約7億円としたのは、この翻案当時(大正2年)の一円を今の1、000円と見積もった額。「yahoo 知恵袋」を参考にしました。

次(百九十七)へ

a:100 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花