巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume199

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.7.18

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (百九十九) 全く重大な疑い

 路田梨英が警吏に捕らえられたことは、実に意外である。既に谷川弁護士は、電話を以て警察へ問い合わせた所、是から此の倫敦(ロンドン)に於いて、裁判所へ廻される筈であるとの事だけが分かった。
 谷川は非常に重大な顔をして、
 「地方の警吏に捕らえられれば、勿論其の地方へ送られる筈ですのに、其れが倫敦で裁判所へ廻されると云うのは、余ほど重い事柄です。」

 竹「其れ以上は分かりませんか。」
 谷「此れ以上は、中央の検事局へ問い合わさなければ、分かりません。」
と言って又電話を掛けた。けれど係官が不在であるとの事が分かった。

 谷「明朝、私が直々に係官に逢い、篤(とく)と聞き糾(ただ)します。」
 捨部竹里は仕方なく家に帰り、翌朝又も谷川の事務所を尋ねた。谷川の顔は昨日分かれた時よりも曇って居る。

 竹「分かりましたか。」
 谷「分かりましたが、全く重大です。」
 竹「路田梨英に限って、罪を犯す筈は有りませんが、良くお聞かせ下さい。」
 谷「中々込み入った事柄です。」
 竹「何の様に」

 谷「今から数週間以前に、ワルシー市と筆捨(ペンブローク)市との登記所に行き、登記原簿を切り取った者が有ります。其れが梨英だと言うのです。」
 竹「何して」

 谷「検事局へは、ワルシー市の方が、先に其の事を報告しました。其れは或る夕方、登記所の最も忙しい刻限に、原簿を借覧して出て行く男が、何だか贋髯(にせひげ)に顔を包んで居る様に見えた。

 そうと気の付いた一人の書記が、直ちに其の原簿を検めた所が、鋭利なる刃物を以て、一枚だけ切り取って持ち去ったことが分かった。直ちに走り出て其の人の後を追ったけれど、何所へ立ち去ったか、もう姿が見えなかった。何しろ、大変な事件で有るから、直ちに検事局へ上申した。所が数日の後、其れと同じ事件が筆捨市の登記所でも起こった。」

 竹「矢っぱり贋髯を付けた男がーーー。」
 谷「いや、筆捨市の方は少し違う。是れは、同市の弁護士が、私の依頼に由り、路田梨英の戸籍を見る為に、原簿を借覧した、其の原簿の中の一枚、而も路田梨英の事を記した一枚が、矢張り鋭利な刃物で切り取られ、紛失して居る。

 是も驚いて中央の検事局へ上申した。検事局では双方ともに無論同じ人の仕業と見て、双方の警察へ、「良く打ち合わせて調査せよ。」と命じた。所が調査の結果、筆捨市の方では、路田梨英へ疑いを掛けたのです。」

 捨「梨英が其の様な事をする筈は有りません。」
 谷「筈は無くても疑いを掛けて、彼の行方を尋ねた所、行方は分からないけれど、多少のの事情が分かったので、当人欠席の儘(まま)で予審を開き、彼を有罪と決定した。」

 竹「ヤ、ヤ、路田は既に有罪のーーー。」
 谷「そうです。有罪とと云う予審の決定を、欠席の儘で与えられて居るのです。」
 竹「成るほど重大だ。」


次(二百)へ

a:109 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花