巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume245

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.9. 2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百四十五) 展覧会

 谷川は自殺する様な無責任な人では無いけれど、自殺の外に道が無いかと思われる。彼は実際に机の引出しから短銃を取り出した。そうして、宛(あたか)も自殺と決心した人の様に、其れを持ったまま考えた。

 彼の考えは夜の明けるまで続いた。事務所の窓が白む頃になり、静かに短銃を本の引出しに納めた。けれど更に考えた。爾(そう)して朝の八時頃に及び、何う思い定めたか、馬車を駆って検事長を尋ねるため事務所を出た。
 此の様な正直な気質の人に、此れほど困難な問題の降り掛かったのは実に気の毒の極みである。
 *    *     *     *     *    *     *
 谷川は此の様に困って居るのに、呑気なのは網守子と梨英である。両人は何の用意もせず、咄嗟に結婚の登記を済ませて、咄嗟に蜜月の旅に出た。唯だ金銭に困らないだけにーーー、困れば網守子の手紙一通で、幾らでも銀行から取り寄せることの出来るだけに、其れから其れへと旅行した。殆ど帰るのを忘れたかとも疑われた。

 けれど網守子は手紙の遣(や)り取りを怠らなかった。其の第一の相手は捨部竹里である。尤(もっと)も竹里へは、梨英も度々手紙を寄越した。第二は柳本小笛である。第三は従妹藤子である。外に唐崎夫人とも手紙の交換があった。

 この様にして両人は、絵の修行になる様な土地は残らず廻り、眺めもし、写しもしつつ、仏国から伊太利、独逸にまで行ったが、其の間に三月を経た。

 谷川弁護士は其の間に果たして身代限り《破産》をしたであろうか。勿論両人(ふたり)は、谷川が自殺の身構えで一夜を考え明かし、たことなどは知らない。唯だ紅宝石(ルビー)の事と谷川の事とは折々思い出すけれど、両人とも口に出す事を避けたのみならず、谷川の事に就いては、誰からも何の知らせも無い。

 頓(やが)て倫敦(ロンドン)の社交季節として知られる、五月の月に入った。梨英が心の底で待って居た絵画展覧会も、此の月から開かれるのである。梨英は竹里から何とか便りの有る事を心待ちに待って居たが、果たして竹里からの手紙が来た。

 其の中には、
 「君の依頼の通り、君の「古家庭」の絵を君の名で出品して置いたが、合格して陳列せられた。今年は蛭田江南の絵が出ないので、失望して居る人も有るが、其の代わりに、新たなる作家の中に、必ず人を驚かすのが有るであろう。」
と記して有る。

 是は暗に、梨英の画が、大評判に成るだろうと思う心を仄(ほの)めかしたのである。梨英は是だけの文句では物足りない様に感じたが、次の便で唐崎夫人から網守子へ来た手紙は、全く梨英の帰心を、矢の様に急なものにした。


次(二百四十六)へ

a:65 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花