巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume249

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.9. 6

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (二百四十九) 帰国

 梨英と網守子とが英国に帰ったのは、倫敦(ロンドン)の最も賑わう六月の初めであった。多くの芝居や展覧会なども開かれ、人の心も浮き立って、何事の催しも賑わい盛って居た。
 もう梨英は、非常に名高い人と為って居た。彼等夫婦の一挙一動は、新聞紙の電報で通信せられる程であった。両人は先に此の国を出発した時と同じく、非常に忍びやかに、殆ど誰にも知らさないほどにしたけれど、到る処で写真のレンズを向けられた。

 無論両人は網守子の元の住居(すまい)には入ったが、梨英は此の住居が非常に変わって居るのに驚いた。
 彼は曾て、此の住居で、江南の銀行券を裂き捨てて逃げ去った時以来、足踏みしたことも無い。此の時と言っても、好くは見なかった。唯立派だと思う丈であった。今と其の時と、何の様に違って居るかは、詳しく知らないけれど、立派の上に又幾らかの立派さを加えたことは明らかである。

 其れはその筈である。網守子が、旅行中も絶えず捨部竹里と手紙の遣り取りをして居たのは、竹里に万事を頼み、造作会社に、此の住居の内部を、作り直させる為であった。大体の意匠は総て自分の心から出たので、初め自分の居室(いま)であった所を、取広げて梨英の画室にした。是ほど好く出来た画室は多く類が無いであろう。

 外に美術品蒐集室も作り、寒村(サムソン)島の家に伝わって居た珍品は、大抵取り寄せて陳列した。余り広くは無いけれど、一私人の美術室としては、希世の陳什(ちんじゅう)に富んで居る点に於いて、如何なる旧家の其れにも劣らないであろう。中にも中古の西班(スペイン)の画家の作品などは、ここより外に見ること出来ない逸品も少なく無い。

 只此の一室だけの為にも、両人の名は社交界に響き渡るに足りたであろう。
 最初網守子の考えでは、梨英の名を以て蛭田江南の名を圧倒しなければ、必ず梨英の地位が江南に圧倒せられ、色々不愉快なことが有るだろうと気遣い、全く梨英の地位を、江南よりも優絶させる為に、特別にこの様な点に、力を入れたので有った。けれど今は江南が逃亡した為、又梨英の名が一時に高くなった為、其の心配が無くなった。

 網守子は此の住居に落ち着いて、改めて結婚披露をする積りである。其れも通例の披露とは違い、実は画家としての梨英の地位を高くする為であるから、美術の批評家や愛好家を主として。知ると知らざるとの別けなく招待状を出したが、其の招待状は殆ど羽が生えて飛ぶほどに所望された。

 けれど梨英の心には、余り妻の世話にのみなると云う、一種の心苦しさが、人知れず徘徊して居た。


次(二百五十)へ

a:67 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花