巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume26

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.27

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

  
            (二十六) 竹里の当惑

 捨部竹里は、相変わらず背の低いズングリした男であるけれど、名誉は必ずしも低く無い。今では新進批評家の中に、多少の重きを為している。取り分け芝居の批評は、最も其の長所で、其の向きの交際も甚だ広い。また今は独身では無い。既に捨部夫人と云う、立派な瘤が出来て居る。
 竹「私が何うして貴女を忘れましょう。命の親では有りませんか。成るほど斯(こ)う申して居るうちに、段々五年前のお姿に、帰る様に思われます。」

 網守子は、今までの蛭田江南の重苦しい話と違い、竹里の快活な言葉を聞いては、何の気兼ねも無い様な心持になり、殆ど昔の様な口調で、率直に自分の目的を述べた。
 「竹里さん、路田梨英は何うしましたか。」
 竹里は急に返事をしない。唯網守子の首に輝く、古王妃の金環を眺めて居る。勿論彼は、此の金環の事をも忘れない。是で見ると、網守子の心の中に、路田梨英の記憶が、大切に保存せられて居ることも合点せられる。網守子は重ねて、

 「今梨英は何処に居ます。」
 斯う云う中にも、少し離れた所から、蛭田江南の眼は、時々此の二人の様子に対して、光を投げて居る。
 竹里は当惑気に、殆ど答え兼ねて見えたが、漸(ようや)くに、
 「その様にお尋ねを受けて、実は返事に困りまりますが、・・・・。」

 網守子「貴方は、親友と仲違いにでもなりましたか。」
 竹「ナニ、其の様な事では有りませんが、有りのままに申しますと、彼が何処に居るかを、知ら無いのです。」
 網守子は驚きもし、心配にも思い、
 「貴方が梨英の居る所を知ら無いとは---。あれほど親しい友人でお在り成さったのに。」

 竹「ハイ、一緒に命の瀬戸際へ流れ寄り、一緒に貴女の舟に助けられた二人ですから、知って居なければならない筈ですけれど、全くの所、此の数年来、噂を聞いた事も有りません。」

 網守子に取って、是ほど意外な事は無い。最早会い見ない五年の間に、必ず梨英は都に於いて「大発展」を遂げ、其の名前は、誰の耳にも轟いて居る筈であると思って居た。のみならず、多分、都の社交界は、新進の天才画家、路田梨英の臨席を得なければ、物足りない程であろうと思い、今夜も、或いは彼に逢うことが出来るのではないかと、期待して居た。

 其の大天才の地位が、蛭田江南の様な、別な人に充たされて、梨英自らは、親友にさえ忘れられて居るとは、何かの間違いでは無かろうかとさえ思った。竹里は、自然に現われる網守子の失望を察し、気の毒と思う様子で、

 「然し、聞き合わせれば、分かるかも知れません。其の時はお知らせしましょう。」
と慰めの言葉を与へ、頓(やが)て自分とは反対に、ヒョロ長い自分の妻を、網守子に引き合わせなどした。


次(二十七)へ

a:110 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花