巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume29

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.30

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 
            (二十九) 天才と作品

 梨英が何れほど怒っても、江南は、直ちに取鎮める秘訣を知って居る。彼の絵を褒めさえすれば好いのだ。
 江南は打って代わって柔らかな言葉を発し、
 「イヤ実を云うと、此の絵は大傑作だよ。僕を少しの間、静かに画面の前に立たせて呉れ給え。眺める中に潮風が、ソヨソヨ吹いて来る様な気持ちがする。」

 是、必ずしも世辞では無い。全く画面から、潮風が吹き起こるかと疑われる。
 果たして梨英は忽(たちま)ち心が解け、
 「そうかね。絵を書くことの出来ない君にも、本当に其の様な気持ちがするかえ。有難い、有難い、アア、僕と一緒に画面の前へ立って眺めよう。」
と却(かえ)って梨英が江南の手を取って、画面の方に向き直らせ、自分も共に眺め入った。

 全く芸術家には、褒め言葉ほどの妙薬は無い。褒め言葉に逢わなければ、天才と雖も、思う様な絵は書けない。
 褒め言葉には、如何なる憂いをも忘れて了(しま)う。江南は自ら絵を書くことは知らなくても、其の呼吸は知って居る。
 江南「今日君を招いたのは、既に買い人が付いたから、少し質問して置きたい。此の海は何処の景色だ。」

 梨英「何処ので有ろうと、画(え)の真価に変わりは無いよ。何処とでも君の随意に答え給え」
 江「僕は西南の海辺だと思うが。」
 梨「そうよ。西南の海上だよ。」
 江南は、再び梨英の気を損じない様にと、無言のままで大テーブルの方に退いた。梨英は椅子を引き寄せ、独り画面に対して座し、次第に思いに沈み行く様に見えたが、果ては深い嘆息を洩らして、

 「アア俺の幸福は、此の少女に分かれた時に尽きて了(し)まった。少女の言葉が、一々気を引き立てる様に感ぜられ、他日必ず大発展をするなどと語り合ったが、何と云う大発展だろう。絵は書いても買い手が無し。借金は出来る、病気にはなる、宿の亭主からは立ち退きを迫られる、仕方無く江南と取結んだ契約を、其の時には嬉しい様に思ったが、その後は、年一年に自分の書いた絵を、他人の名前で賞賛せられるを見るに就け、浮かぶ瀬の無い自分の境遇が、恨めしく成って来る。アア厭だ。全く此の世が厭になった。」

 彼はやや久しく独り言い、独り答えた末、急に立ち上がり、江南の前に行って、殆ど身にしみて、心に深く感じる事を、どうしようも無いと言った様な声を発し、
 「蛭田君、僕はもう絵は書かぬ、絵などは書かぬ。」
と云い、其のまま走り去ろうとした。江南は慌てて引き留め、且つ励ます様に、

 「君は天才を粗末にするのか。自分の大天才を尊敬しないのか。」
 此の一語が急所を衝いた。梨英は両手を顔に当て、
 「唯僕は辛い。僕は辛い。」
と 男泣きに泣き声を洩らした。

 江南「此の絵が千円に売れるぞ。次の火曜日に来たまえ、ソックリ千円(現在の約103万円)君に渡すわ。」
 実は三千円に売れるのである。

注 大正2年の一円は現在の約1、027円、1000円は現在の約103万円

次(三十)へ

a:124 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花