巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume3

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.1.4

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

 

           (三) 両人(ふたり)は何者

 百四十の群島が、様々に潮の流れを妨げて、水面が、或る所は低く或る所は高い。其の高低が平均を求める為、驚くべき急流もあり、波と波とが打ち合う所もある。今は風も加わり、物凄い音が益々物凄く聞こえて来る。

 「助けて!」
と叫ぶ両人は、この様な音に急に度胸を奪われたものであろう。
 当年五十余歳の子供は、高い声で之に応じ、
 「お前達ち、慌てるでは無い。舟の中へ立っては卒(おえ)ないよ。」

 彼は慣れた腕(かいな)で櫂を取り、様々に操(あやつ)って向こうの舟に接近し、片手に綱を取って投げた。実に巧妙である。
 「サア、その綱を、ナニお前の手に持つでは無い。繋(つな)ぐだよ、舳(へさき)え。そうだ。」

 この様にして助けられた両人は、果たして都から来た見物で、二十歳の上を僅かに超えた青年である。一人は細く長く、一人は太く短い。長いのは路田梨英と云う青年画家、短いのは捨部竹里と云う新進文士。一人は此の紫瑠璃群島の絶景を写生する為め、一人は雑誌へ紀行文を投稿する為め、連れ立って来て、先刻隣島の宿屋に荷物を預けて、直ぐに舟を借り海には出た。

 これ程の危険が有ろうこととも思わず、絶景に見惚れてツイ櫂を流したけれど、数ある島の一つへ流れ着くか、或いは他の船に逢うだろうと、呑気極まる考えで、命の瀬戸まで引き込まれて、初めて驚いたのであった。

  頓(やが)て此の舟を曳舟にして、舳(へさき)を隣島に向けたが、全く風も逆、汐も逆、その上に曳舟の重さが加わり、先刻「子供」が、今身体を疲れさせてはと、用心した言葉が思い当たられた。

 漕いでも漕いでも舟は進まない。「子供」と調子を合わせて櫂を取る網守子は、幼い頃から学校へ通うにさえ、一人で漕いで行き、漕ぎ帰った程であるのに、今夕ばかりは、力が尽き果てたように感じた。

 その様子を見る此方の二人は気の毒で仕方がなかった。
 梨「代わって遣ろうよ。」
 竹「生憎僕はボールの選手だった。舟は漕げない。」
 梨「では僕が代わろう。」
 と言って手を揚げて、

 「船頭さん、僕を娘さんに代わらせてお呉れ。」
 「子供」は目を怒らせ、
 「黙って居さっしゃれ。都人の腕に今夜の海が漕げる者か。」 と叱り付けた。
 竹「見給え、君の漕ぎ自慢も、ここでは小娘だけの信用が無いワ。」

 其れでも終に隣島へ漕ぎ付けた。両人は舟から降りるに当たり、身分姓名を告げて礼を述べ、
 「明日はお礼に行きますから。」
 網守子は無邪気に。
 「お出で、きっと」
 竹「寒村(さむら)家と尋ねれば分かりますね。」
 網守子は心から笑い、

 「ハハハ、私の家より外に無いのに誰に尋ねるの?」
 梨英「では直に分かりますね。」
 網守子「目印に私が岩の上に立って居て上げるワ。」
 飾り気の無い自然の子の言葉や素振りが、都の偽りに慣れ来たった芸術家には、非常に深い興感を起こさせた。



次(四)へ

a:141 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花