巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume32

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.2

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (三十二) 江南と添子

 今は社交季節の初めである。家の外には寒い冬の風が吹いて居る。無精な人は、家に籠って炉の前に身を置きたがる。
 網守子の侶伴初島未亡人添子が其れである。彼女は読み掛けたフランスの小説を脇に置き、未だ日の暮れるのには、間があるけれど、温かい炉の前に居眠って居る。折しも下女が、名刺を持って来た。その面には蛭田江南とある。

 「此の部屋へ通してお呉れ。」
と言って召使を去らせ、急に添子は頭を撫でたり、服装を整いたりなどした。
 間も無く入り来た江南は、四辺を見廻し低い声で、
 「貴女独り?」
と聞いた。

 「誰も居ません。若し人に来られて悪いなら、戸の鍵を下ろして置きなさい。」
と答える様は、余程打ち解けた間と見える。けれど江南は戸に鍵を下ろすまでに用心はしない。其のまま添子の傍に差し寄り、矢張り他に聞かれるのを恐れる様な低い声で、

 「今度の奉公は安楽だろう。」
 「何不自由の無い位置ですもの、安楽には極まって居ますわ。けれど貴方の妻でありながら、初島未亡人などと、好い加減な姓を名乗って、後家さんの真似ばかりして居るのは、随分気骨ですよ。僅かに三年でも四年でも、舞台で稽古した覚えが有ればこそ、出来る様な者の、唯の女ならば、直ぐに化けの皮が現れますわ。」

 江南は妙に優しい口調と為り、
 「和女(そなた)に、何時までも苦労を掛けては済ま無いけれど、全くの所、知っての通り・・・・・。」
 親切に言われると、直ぐ弱くなるのは、流石に女である。
 「なに、辛くとも、貴方の為なら辛抱しますよ。辛抱はしますがね。」

 江南「そう言って呉れるのは有難い。シタがもう先日頼んだ通り、大凡そ財産の額は探っただろうね。」
 添「ツイ一昨日か、谷川弁護士が報告に来ましたから、大抵立ち聞きしました。五年前に四十万円(現在の約4.1億円)の金貨を、島から取り寄せましたとさ。」

 江南「ナニ、四十万円の金貨、そんなに沢山。」
と江南の眼は光った。
 添子は少し笑談(じょうだん)の様に、
 「アレ、眼を光らせてさ、貴方はインスピレーションとやらを得ましたか。四十万円と云う詩でも作ったら何(どう)です。」
 江南「馬鹿ッ、舞台の真似などする場合では無い、其れから何うした。」

 添「お聞き成さいよ。其の金貨は孰(いず)れも古代のもので、中には十円が二十円に売れるのも有り、今のお金に引き替えて六十万円以上」
 江南「其の金が今でも有るのか。」
 添「先(ま)ア急がずにお聞き成さい。、銀行へ預けた利子だけが、五年間に十万円以上積り、年々三万円づつ使うなら、元金へ手を附けずに、幾等づつか殖えて行きますとさ。」

 江南「其れ程とは思わなかった。」
 添「イイエ、其の外に古代の宝物が沢山あって、谷川弁護士は云いましたよ。『貴女は確かに四百万円(現在の41億円)以上の長者』ですって。」

次(三十三)へ

a:122 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花