巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume38

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.8

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (三十八) 天才の筆でしょうか

 貧民窟の一語を、何気なく聞く網守子の胸の中には、耐え難いほどの或る感じが有った。彼女は少しの間、言葉を発する事が出来なかった。若し発したならば、声が震えて竹里に怪しまれるであろう。
 漸(ようや)くに、
 「竹里さん、路田梨英は絵を書きますか。」

 竹「彼は専門に絵画を修行し、天才の自信を持って居ましたので、無論、絵を書く筈で有りますが、私は殆ど彼の絵を見たことが有りません。彼は画家の社会から消えてしまったと言うよりも、寧ろ、一度も画家の社会に現れずに終わりました。」
 網「終ったのでは無いでしょう。是から現れるのではないでしょうか。」

 網守子はこれ程までに信じて居る。
 竹「イヤ人の身の上ばかりは、何とも断言出来ませんが、私は切には彼が世に現れることを希望します。」
 希望はするけれど、甚(はなは)だ難しい事であろうとの意味が、言葉の底に隠れて居る。

 網守子は手文庫の中から、幾枚かの下絵を出して来て、
 「竹里さん、是は天才の筆でしょうか。」
と言って示した。竹里は一々に目を通して、怪しそうに眉を顰(ひそ)め、
 「作者は誰です。」

 網「貴方に分かりませんか」
 竹「サア、先ず分から無い方です。」
 網「場所は」
 竹里は更に塾々(つくづく)と見て、
 「アア、紫瑠璃群島の景色です。成るほど是は寒村島、実に筆勢が活きて居る。是ならば天才の筆と言っても、誰も否定することは出来ないでしょう。」

 網「是は梨英の書いたのです。」
 竹里は怪しそうに見入って、
 「ハハア、是が梨英ですか。此の様な筆を以て、世に埋もれる筈は無い、本当に梨英の筆なのでしょうか。」
 網「彼は貴方の去った後、私の家に二十日も逗留し、毎日群島の諸所を写生しました。其の中の幾枚かを私に呉れたのが是です。」
 竹「其れでは無論、間違いは無い、この様な筆を持っていて、アア実に惜しい。」

 是から話は様々な事に移り、竹里は自分で、総ての芸術の批評に関係して居ることや、又都に於いて、学生時代の親友が、学校を出て間も無く互いに相忘れ、別々の生活を送る様などを話し、最後には又古美術の話に復(かえ)り、

 「谷川弁護士に聞きますと、貴女の家には余程の珍品が伝わって居るとの事ですが、古美術品を、彼(あ)の様な孤島に置くのは惜しい者です。私なども是非拝見したい。其れを都に取り寄せて、美術室でもお作り成さっては何うです。芸術家が、何れほど喜ぶかも知れません。」

 網「イイエ、見度い人は、島へ来るのが好いのです。来れば幾等でもお目に掛けます」
などと言う談話まで交換せられ、双方ともに全く旧情を温め、凡そ二時間も経て、竹里は梨英の居所を書き記して分かれ去った。


次(三十九)へ

a:114 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花