巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume52

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.22

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五十二) 逆境の打撃

 五年前には、人の気を引き立てる様な、快活な青年であった梨英が、今は何うして此の様な神経の亢進(たかぶ)った、拗(す)ねた様な、陰気な泣き虫と為ったので有ろう。今でさえも彼は未だ二十七歳の、男盛りにも成ら無い、ホンの青年である。
 他でも無い、五年前には心に前途の希望が満ちて居た。
 其の後の逆境に希望の光が次第に消え、唯だ現在の暗黒に包まれてしまっている。

 思えば無理も無い、彼の逆境は、全く前途の光明を、掻き消して了(しま)う様な逆境である。彼だからこそ、未だ真の自暴自棄にまでは陥らず、不正な事もせず、人間の道だけは歩んで居るのだ。網守子はこうまでは知ら無いけれど、いずれにしろ、一方なら無い艱難辛苦が、彼の勇気を挫(くじ)いて了(しま)ったのだとは知った。

 網守子は成るべく彼を励まし度いと思い、
 「昨日此の絵を捨部竹里に見せましたら、彼は全く天才の筆だと、甚(ひど)く感心しましたよ。」
 梨英は漸く涙を止め、

 「オオ、捨部竹里、私は自分の逆境が面目なくて、彼とさえ音信不通です。彼が此の絵を天才の筆だと褒めましたか。彼は鑑識の目だけは有る男です。彼が褒めるのは世辞では無い。けれど彼は、此の絵を、私が書いた者と認めましたか。」

 網「イイエ、私が是は梨英が書いたと言いましたら、彼は何だか他の人の絵だろうと疑う様に、暫し怪しんで居たけれど、私が再び説明した為、ヤッとそうだと信じました。」
 梨英「捨部竹里までもーーーー、捨部竹里までも、此の梨英の書いたものを、梨英の絵とは信じて呉れないーーー。」

 網「イイエ、彼は全く信じました。」
 梨「世の中に、路田梨英が絵を書くと知る人は、一人も無い。」
 網「でも貴方は、絶えず絵を書いて居るのでしょう。先刻も書き始めて居たでは有りませんか。」

 梨「ハイ絵を書くのは私の生命です。書かずには居られません。書いて居る間だけ、私は身の憂さを忘れて居ることが出来るから、常に絵は書いて居ますけれど、駄目です。駄目です。私の絵は人が認めて呉れません。」

 言葉の中に隠れて居る、無言の意味と、無限の身に浸みて深く感じていることは、網守子には知ることが出来無い。唯梨英が貧乏であり、社交界に知られ無い為に、其の画を人が顧みないのであると思い、網守子は一種の憤慨さえ感じて、

 「余り世間が甚(ひど)いですねえ、貴方の様な天才を顧みないとは、けれど、貴方が世間に負けて居るのが悪い。是から世間と戦いなさい。戦って、路田梨英の絵を知らなければ成らない様に、お勝ちなさい。戦うのにお金が要るなら、幾らでも私のお金を使って下さい。」


次(五十三)へ

a:107 t:2 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花