巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume55

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.25

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五十五) 私の守り神

 「音楽を聴いて頂きましょう。」
と言って網守子は、先ず胡弓を取り出した。
 「是は五年前に島で用いて居た、あの古い胡弓ですよ。」
と言い、其の時梨英に聞かせた島歌の一曲を奏したが、梨英は甚(ひど)く感心して、
 「音楽には、貴女は珍しいほどの天才です。其れに修養を積んだので、昔とは全く違いました。アノ時には姿勢にさえ、申し分が有りましたのに。」

 網「そうです。貴方に其の姿勢では、若し都の貴婦人の前へでも出れば、笑われると言われ、私は貴方の前で泣きました。」
 成るほどそうであった。梨英は昨日の事の様に、ハッキリと思い出した。

 次に網守子はピアノに向かい、梨英の心を引き立てるのに、役立つだろうと思う様な曲を選び、様々に弾じたが、梨英は聴くに従って、非常に感動し、
 「網守子さん、もう私は聴いて居られないほど、感動しました。貴女の音楽には音響の美しさの外に、霊妙な在る声が有って、一々に曲の伝えようとする意味を、人の心へ浸み込ませます。何して是ほどの進歩が出来ました。」

 網守子はピアノを離れ、
 「今も言った通り、全く貴方の言葉に励まされたのです。私は稽古して居る間、絶えず貴方の言葉が耳の底に響いて居る様に思い、モッと進まねば梨英に逢った時に笑われる、モッと勉めねば梨英に褒められることは出来ないと、常に自分の身へ意見して居ましたの。」

 梨英の身は揺(ゆら)いだ。
 「其れは全く貴女の心に、非常な強い点が有る為です。アア実に羨ましい。私なども其の様に、自分で自分を励ますことが出来れば好いのに。」
 まさしく梨英の心は、網守子が望む通りの気分に成ったらしい。網守子は両手に梨英の手を握り、

 「私を励ましたのは、貴方では有りませんか。人を励ます貴方が、自分を励ますことが、出来ない筈は有りません。梨英、梨英、自分で自分を励まして、昔の通り、希望に満ちた、勇気の有る心にお成りなさい。貴方は常に大発展と口癖の様に言って居て、其の言葉は、今でも私の身の守り神の様に成って居ます。是から心を持ち直して、大発展に勉めて下さい。」

 真心から出る網守子の言葉は、梨英の真心へ徹する様に響いた。彼は胸も張り裂ける程に、身にしみて心に深く感じ、我知らず立ち上がって、
 「網守子、網守子、実に私は大発展をしなければならないーーー、けれどーーー、アア、今は遅い、取り返す道が無い。私は堕落の底に達した。自分の人格をさえも失った。何も彼も貴女へ打ち明けて話しましょう。」
 網「イイエ、イイエ、私は何も聞くには及びません。」
と制した。

 先刻網守子が聞かせて呉れと言った時は、梨英が拒み、今梨英が聞かせようと言えば、網守子が拒む、自然に深く信じ合う心が通うのである。此の様な時に、二個の魂が溶けて、一つになるのでは無いだろうか。


次(五十六)へ

a:112 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花