巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume56

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.26

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五十六) 其の人に逢ひましたか

 梨英が打ち明けて話そうと言うのは、既に自分の身が、人に人格を売る迄に落ちぶれて、最早網守子から、深い同情を受ける資格も値打ちも無いと、知らせようと思うのである。網守子が聞くに及ばないと言うのは、何の様に零落しても、梨英を信ずる自分の心は変わらないので、此の上梨英には恥ずかしい想いをして、打ち明けさせるには及ばないと思うのである。

 網「何の様な事が有ろうと、貴方は昔の通り希望に満ちた心に返り、是から大発展の道へ歩み入って下さい。私は修行して居た五年の間、毎日貴方の大発展を思い続け、ロンドンへ行けば、今は梨英が必ず豪(えら)い人に成って居るであろう。彼の名がどれほど高く成って居るか、きっと世の人々から尊敬せられ、大天才として輝いて居るに違い無いと思い、少しでも貴方に似なければ成らないと、唯貴方のみを手本にして貴方の事のみを思って居ました。

 其れが此の都へ来て見れば、路田梨英の名を、知る人さえ無いでは有りませんか。私の失望を察して下さい。けれど私は其れを何とも思いはしない。直ちに私は思い直しました。貴方が今、現在の事まで失望するには及びません。今までの事は夢と思い、今から改めて立派な路田梨英に成って下さい。」

 此の言葉が心に浸み入らない筈は無い。梨英は首を垂れ、両の拳を握り〆め、唯だ、
 「残念だ、残念だ。」
と呟(つぶや)くばかりである。

 網「其れですから、私は此の都に来て、初めて同姓の寒村家と言う家へ招かれ、社交界の人々に引き合わされた時に、寒村男爵が、今夜は大天才に紹介して遣ると言われました。其の大天才とは必ず貴方の事と思い、自分の身が貴方の前へ出れば、五年の修行も、何の甲斐も無く、自分の身が何れほどか見劣りのする事かと、恐ろしいやら、恥ずかしいやら、出来ることなら身を隠し度いと言う程にも思いました。イイエ、貴方の事と思う筈です。

 私は、大天才とは、路田梨英の外には無いと思い、雷鳴を轟かせて居るなどと言われ、全く自分が、未だ貴方の前へ出る資格も無い程に感じました。其れに寒村男爵は、其の人の書いた浪の絵を見ると、全く海の際に居る様な心持がするなどと言われましたので、愈々貴方と思い詰め、嬉しくも有り、恥ずかしくも有る。私は何うしようかと思いました。」

 其の人が誰であるかは、梨英の察し得ぬ筈は無い。
 彼は忽ち首を挙げ、殆ど腹立たしそうに、網守子の顔を見、鋭い声で、
 「して貴女は其の人に逢いましたか。」


次(五十七)へ

a:105 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花