巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume58

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.2.28

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

            (五十八) 小切手の一片(ひとひら)

 網「では本当に今夜を新紀元として、生まれ変わって下さるか。」
 梨英はまだ震える声で、
 「生まれ変わります。けれども網守子、私は今夜、もう何事をも言う力が有りません。考える力が有りません。生まれ変わると決心はしても、何の様にすれば生まれ更ることが出来るか、其の方法は篤(とく)と考えなければ成りません。今夜は是で暇にして、更に貴女へお話の出来るだけの筋道が立った時に、又お目に掛かります。」

 言葉の調子が、今までの感情に走った調子と違う。必死に思い定めた意思から発する様である。網守子は又梨英の手を取って、
 「私は嬉しくて仕方が有りません。全く昔の通りの路田梨英に成り、大発展を遂げて下さいよ。」

 梨英は、立ち去ろうとして、まだ立ち去り難い事が有る。其れは蛭田江南が、何れほど網守子に接近して居るか知りたい。
 「貴女は此の都に於いて、何事をも相談する人は有りませんか。」
 網「谷川弁護士の外に誰も有りません。」
 梨「特別懇意にする人は」
 網「先刻の柳本小笛嬢より外にーーー。」
と言い掛け、初めて気の付いた様に部屋の中を見廻して、
 「何時の間にか小笛嬢は去って了(しま)いました。私は嬢より外に誰も親しい人は無いのです。」

 梨英の眼は一寸江南詩集の方を射たが、又網守子の顔に返えり、
 「貴女の様な大財産の有る若い女が、都に居るのは色々の危険が有ります。何事も谷川弁護士に相談して、ーーーー。」
 網「是からは貴方に相談します。」
 梨英は心の痛手に耐えられない人の様に、殆ど顔を顰(しか)めて、

 「私自ら過ちばかりで、自分の身の始末さえ出来ず、人の相談を受ける資格の無いのは残念です。けれど是からは其の資格を作らなければ成りません。」
と言い、硬く網守子の手を握り〆た。是が彼の分かれであった。

 網守子は、家の入口まで梨英を送り出した。其の帰りに、初鳥夫人の居間を覗くと、添子は炉の前に居眠った振りをしている。
 網「若しや柳本小笛嬢がここに来ませんでしたか。」
 添子は睡(ねむ)相に目を擦(こす)りながら、
 「来ましたけれど、先ほど帰りました。」
 其のまま網守子は自分の部屋へ引き返した。

 部屋に帰って、炉の前に身を置き、今夜の事を考えて見ると、路田梨英の零落れた様も甚(ひど)いが、愈々(いよいよ)奮発して、大発展の道に入る決心の出た事も確かである。是はだけは全く嬉しい。彼は今夜を、自分の身の新紀元であると言った。此の新紀元が何の様な事を生み出すであろうなどと思ううち、炉の前に異様な一片の紙切れの落ちて居るのが目に留まった。是は梨英が破り捨てた小切手の一屑(ひとかけら)である。


次(五十九)へ

a:106 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花