巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

simanomusume70

島の娘    (扶桑堂 発行より)(転載禁止)

サー・ウォルター・ビサント作   黒岩涙香 訳  トシ 口語訳

since 2016.3.11

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

         (七十) 三人共に幻境に入った

 全く阿一の失望は、聞きしに優って居る。けれど網守子は言った。
 「一人の批評家が失敗だと言っても、他の批評家に見せれば、又何と言うか分かりません。批評家の意見は、何事に就けて銘々に違って居るでは有りませんか。」
 此の言葉は、阿一に取って幾分の慰めと為った。小笛も其れと見て、

 「兄さん、是ほど親切に言って下さるのですから、兎も角も、網守子さんに読んで戴こうでは有りませんか。」
 阿一は
 「アノ様な大家が失敗と言い切った者を、誰に見せたとて仕方が無い。」
とは言う者の、網守子の顔に溢れる同情には、多少心を動かしたらしい。

 遂に小笛が本文を網守子に読み聞かせると言うことに成った。兄も妹も、実は本文を空で知って居る。今まで二人で、幾度び読み返し幾度び評議して、幾度び作り直したか知れない。今は全く脚本の全文が、自分達の血と為り肉と為り、自分達と引き分けること出来無いほどに同化して居る。

 その上に小笛の読み方は全く旨い。声の調子は低いけれど、作中の人物の情が、悉(ことごと)く言葉に現れる。
 聴いて居る中に網守子は、知らず知らず其の身が戯曲中の人物に化せられて、其の人物と共に喜び、共に悲しみ、共に興じる様が、天真爛漫な其の顔に現れた始めた。

 今まで妹のするがままに打ち任せて、其の身は少しも関係の無い様な態度を取って居た阿一は、網守子の顔に、自分の戯曲の中へ籠めてある気分や精神が、一々浮かび出る様に思い、やがて一幕を読み終わった時には、其の陰鬱な顔色も幾分か晴れて来て、

 「アア貴方は本当の芸術家として生まれて居ます。」
と言った。
 彼は今迄、自分の作品の真の値打ちが、素人に分かるものかと言う様な気位があって、自分が第一流の大家と信じる、蛭田江南の宣告には甚(ひど)く力を落としたけれど、其れだけ素人の非難や讃嘆を、眼中に置か無い積りで有った。けれど、今、網守子の熱心な態度は、彼に一種の尊敬をさえ起こさせた。

 彼は言った。
 「私が人形を使えば、又幾分か戯曲中の意味が、良く現れるかも知れません。」
 是より彼は、小笛の読み声に合わせて、人形を使い始めたが、鼠の巣の様な狭い室が、何時の間にか大世界と為った様に思われ、読む小笛、使う阿一、見聞く網守子も、全く戯曲の意味の中に、全身を巻き込まれ様な気持ちと為り、無我の幻境に入って了(しま)った様で有った。

 凡そ二時間ほどで、三幕が終わった、網守子は漸く幻境から醒めて来た。
 「此の戯曲を、第一流の批評家が全くの失敗だと評しましたか。」
 阿一「そうです。何処の興行人も一顧も与え無い。全く物笑いだと言いました。」

 網「其の批評家は誰です。」
 網守子は、確かに此の戯曲を傑作だと思った。然るに是を失敗だの物笑いだなどと宣告した批評家は、誰で有ろう。
 けれど阿一は妹と顔を見合わせたまま、何とも答え無い。

 網「誰が何と言おうとも、私は是ほど深い感動を与える芝居を、見たことが有りません。脚本として、専門家が何の様に評するかは知りませんけれど、幸い私は、芝居道に精通して居る批評家を、知って居ますので、今一度其の人の鑑定を請うて上げましょう。」
と言う網守子の心中には、捨部竹里の事を思って居るのである。

 竹里ならば誰にも劣ら無い批評家で、玄人(くろうと)社会に、少なからぬ勢力も、持って居る筈である。
 少しも遅疑せぬ網守子の態度に、阿一は大いに力を得たらしい。其の青かった顔に、幾分の血色を浮かべて、
 「尤も、今申した批評家も、此の脚本をば百円与えるから、俺に渡せと云いましたよ。」

 網「其れは不思議では有りませんか。全くの失敗だ、物笑いだと宣告して、其れで百円に買い取ると言うのは。」
 阿「ハイ、そう仰(おっしゃ)られれば、成るほど不思議にも思われますが、私には唯親切に、そう言って呉れるのだと思いました。」

 網「親切ならば、何も貴方が一心を凝らした此の脚本を、百円の代わりに、自分の方へ取るには及びますまい。そうして其の批評家は、此の脚本を何うすると言いました。」
 阿「自分が書き直して、全く自分の名で発表すると言いました。」
 人の傑作を自分の名で発表する。其れでは、其れでは、と考え
て網守子は、愕然として驚いた。

 「其れでは芸術界の盗賊です。其の様な批評家が幾等広い都にも、二人と有ろうとは思われません。して貴方は何と返事しましたか。」
 阿「未だ返事をして居ないのです。私は自分が辛苦して作り上げた戯曲が、幾等拙作でも、他人の名で世に出されることは忍びません。」

 網「其れは御尤(もっと)もです。では何故に明白に断りませんか。」
 阿一は又も小笛の顔を見て、
 「実は其の批評家が、妹の詩稿を買い取って呉れる恩人です。若し私が断れば、其れが為に妹への愛顧を、断たれるかと、其れが辛くて。」

 網「小笛さんの詩稿とても、私が別の批評家に見せて、売れ口の開ける様に相談してあげますから、其様なことを心配せずに、断る者なら、明らかに断るが好いでしょう。」
 兄も妹も一方ならず、力を得たらしい。

 阿一「そうです、妹の詩稿は、兄の口から褒めるのも如何(なん)ですけれど、全く傑作です。貴女がお世話下されば、他にも買って呉れる口が有ろうかと思われます。」
と言い、阿一は妹の詩稿帖を持ち出して、自らその中の一篇を朗吟したが、網守子は聴くと共に、又一種の怪しみに駆られた。


次(七十一)へ

a:123 t:1 y:0
 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花