巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune103

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2015.2.4

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  後編   涙香小史 訳

                  百三

 是から男爵と小浪嬢との間に、如何なる椿事が起ころうとするのだろう。
 それは暫(しばら)く後に譲り、茲(ここ)に皮林が嬢に逢った日から一月ほど以前、彼が英国を立ち去った頃の事である。
 倫敦(ロンドン)ベルセー街の、非常に静かな酒店に入り、一瓶(びん)の焼酎を抜き、チビリチビリと飲みながら、人待ち顔に待って居る一人があった。これこそ皮林の秘密を手の裡(うち)に握り、今迄彼を苦しめていた、「田舎屋」の主人古松である。

 何人を待っているのかは知らないが、眉間に青筋を浮べ、腹立たしそうな相好を現せているのは、何か気に食わない事が有る為に違いない。彼は幾度か時計を眺め、
 「もう帰って来る筈だが。」
と呟(つぶや)くうち、終に夜の八時頃となり、ノソリと此処に入って来て、古松の前に座を占める一人が有った。これは古松の手下であることは、其の様子で察せられる。

 古松は突然に、
 「大層遅かったなア。己(おれ)は待ちくたびれて居た。」
 手下「是でも急いで帰ったのだよ。」
 古「分かったか。」
 手下は力の抜けた声で、
 「アア分かったが了(いけ)ない。彼奴(きゃつ)は愈々(いよいよ)仏国(フランス)へ渡ったよ。私はドブアまで行って探って見たが、彼所(あそこ)で彼奴が、船に乗る所を見た者が三人ある。」

 古松は絶望の嘆息を発し、
 「それはいけない、彼奴(きゃつ)め、己(おれ)に見張られるのが苦しいから、必死になって己の目を掠(かす)め、大陸へ行きやがった。何でも常磐男爵の後を追い、何とかして男爵を殺す積りに違いない。」
 手下「だって男爵も既に一度は、彼の毒薬を呑む間際まで行ったから、もう用心してそう容易には、彼の毒薬には掛かからないだろう。」

 古「そうはいかない、彼奴(きゃつ)め、細かな仕事に掛けては、恐ろしいほど智慧の廻る質(たち)だから、何の様な計略を廻らすかも知れない。」
 手「それではもう最後の手段を用い、彼を其の筋へ訴えれば。」
 古「馬鹿を云うな。彼の居所が此方(こちら)に分かって居てこそ、訴えれば直ぐ捕まるけれど、彼の居所を見失った今となっては、訴えても容易に捕まるものではない。彼奴も充分用心して居るから、うまく姿を隠すに違いない。」

 手下も共に失望した様に嘆息して、
 「アア不味(まず)くなって行く。全体云えば、男爵が旅立ちする時に、此方(こちら)から出したアノ無名の手紙が、うまく行かなければならなかったのだが。」
 古「爾(そう)よ、必ず男爵がアノ手紙に動かされ、ヤルボロー塔の事や、其の他の秘密を聞く為に、己を尋ねて来る筈なのに来なかった。」

 手「アノ手紙が、男爵に着かなかったのかも知れない。」
 古「イヤ着いた事は着いた。己は男爵が馬車に乗って出発する時の顔を見たが、夫(それ)は夫は気の毒な様に欝(ふさ)いで居た。何でも前夜にアノ手紙を見て、胸に様々の疑いが起こり出して、自分でも制し兼ねて居たのだ。惜しい事をしたよ。もう少し、アノ手紙を強く書いて置けば好かった。余り書き過ぎては、却(かえ)って害になると思い、少し筆を控えたのが此方の落ち度サ。」

 手「今となっては、もう皮林の後を追い、此方も男爵の居る所へ行き、再び彼奴を捕えて、其の運動を妨げる外はない。今男爵が死んだ日には、」
 古「さうサ、今男爵に死なれては、元も子も失うけれど、それだからと云って、俺が男爵の近辺へ行くのは実に危険だ。」
 手「何で」
 古「まだアノ探偵横山長作と云う奴が、時々男爵の機嫌を伺いに行くからよ。」

 手「ナニ彼奴(きゃつ)は小部石(コブストン)大佐の病気を見舞いに行くのだよ。」
 古「何方(どちら)にしても同じ事よ、己は彼奴に写真まで持たれて居るもの、若し彼奴に己の顔を見られて見ろ、皮林より己が先に捕縛せられる。」
 手「それは爾(そう)だ。」

 古「爾とも、全体彼奴が常磐家へ現れて来さえしなければ、己は初めの目的通り、直々に男爵に逢い、男爵が旅行に出る前に、一切の仕事を済ませて仕舞ったのだ。所が肝腎な所に、彼奴が現れたものだから、己は「田舎屋」の酒店に居るのさえ危険になり、店を雇い人に任せた儘(まま)で、アノ土地を立ち去る事になった。皮林は恐れるに足りないが、横山ばかりは恐れない訳には行かない。この様にヘマを踏むのも、総て彼奴のためだ。」

 手「と云って今更仕方が無い。此の後はどうする、もう思い切ってお仕舞いにするか。」
 古「馬鹿を言え、この様な大仕事が、そう容易に思い切られるものか。」
 手「じゃ何する。」
 古「爾(そう)さなア」
と云い、古松は暫(しば)らく考え込むばかりであったが、ややあって、何か思案が浮んだ様に手下の耳に口を寄せ、何やら呟(つぶや)くと、手下は驚き、

 手「エ、園枝を」
 古「爾(そう)サ、其の一方だよ。」
 手「だって園枝は、今牢の中に居るじゃないか。」
 古「居ても構うものか。今時の牢番は、賄賂次第で如何にでもなる。」

 手「併し随分危険な仕事だな。」
 古「危険は危険でも仕方が無い。今から直ぐ其の運動を始めれば、皮林が彼地(あっち)で運動し、男爵を殺すのよりも、此方の方が先になる。爾サ一月か精々(せいぜい)二月とは経たないうちに。」
と云い、茲(ここ)に相談は纏(まとま)った様子であったが、其の相談が、どの様な事であるのかは、知る方法も無かった。


次 後編(百四)へ



a:148 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花