巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune25

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.18

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                二十五

 皮林育堂がこの様な所に来て居るのは、是は前から打ち合わせてあったのだ。彼は偶然の様に見せ掛けて、男爵家に出入りする道を開こうと欲(ほっ)し、さも風景を愛して漫遊する人の様に装い、この所で男爵夫婦の登って来るのを待って居たのだ。

 永谷はこの約束を忘れていたのでは無いが、今日ここに皮林が居合わそうとは、今が今まで思って居なかったので、真実に打ち驚き、何うしてと叫び問うと、育堂はずる賢しこさに掛けては第一なので、同じく非常に驚いた様に、顔を上げ、
 「オオ、永谷君か、君こそ何うしてこの様な所に、エ、余(あんま)り不思議じゃ無いか。」

 何の不思議な事が有るものか。自分が勧めて永谷をこの所に来させたのではないか。永谷は唯だ皮林育堂の捷(はしこ)い才智に感心し、この様な男の智恵を借りれば、如何なる願いも成就しない筈は無いと信じ、然るべく言葉を合せて、
 「ナニ、ここは僕の伯父常磐男爵の荘園だから、それで僕は二週間ほど前から、来て居るのさ。」

 皮林は常磐男爵の名を聞いて、急に尊敬の意を生じて、しかもその意を端下(はした)なく現わさ無い様にしようと努力する人の様に装い、少しの間モジモジしていた。最も巧者の俳優と雖もこれ程までには演じる事は出来ない。

 「オオ、そうかネ、僕が今写して居る彼(あ)の立派な屋敷が君の逗留して居る屋敷だネ。是は不思議だ、実に不思議だ。僕はここから直ぐ近くの村に来合わせているのだが、この辺りに君の様な親友が居ようとは実に思いも寄らなかった。」

と且つ驚き、且つ喜ぶ様、心に何の邪気も無く、唯若気の楽しさに満ち満ちて、眼前の小欲に頓着しない前途多望の好年少紳士とのみ見えるので、今まで傍に控えていた常磐男爵は、我が身もかつてこの様な時代が有ったものだと、殆ど懐かしい想いがせられ、新夫人の手を取ったまま、永谷礼吉の立つ辺まで進み出で、

 「コレ、礼吉、己(おれ)をも其方(そなた)の親友に引き合わせて呉れ。」
と云う。
 永谷は益々皮林の魔力に感心しつつ、伯父の意を受け、伯父夫婦と育堂とを引き合わすと、伯父男爵は満足気に笑みを浮べて、育堂に向い、
 「オオ、貴方は中々の絵師と見えます。その書き掛けた下絵を見ても、日頃の御勉強が分ります。」

 皮林は愈々打ち解けた調子の中に、巧みに一種尊敬の様子を籠めて、
 「イヤ、唯だ下手の横好きと云う者です。絵師では有りません。本業は外科医者ですが、未だ実際に人の身体を引き受けると云う程の、重い責任には耐えられませんから、開業は致しておりません。修行中です。この頃、一月程の暇を得ましたから、気保養の為と思い、日頃嗜(たしな)む絵の道具を携え、漫遊かたがた、行き着く先で馬を借り、この通り、目に留まった景色を写しています。」

 男「イヤ、それは若いのに似合わない好いお心掛けです。シタガお宿は。」
 皮「ハイ、直(じ)きこの下の阿部村と云う所で、田舎の宿に泊まって居ます。」
 男「アア爾(そう)ですか。阿部村ならば、私の屋敷から僅かに四マイル、田舎人の言葉で云えば、四マイルは隣同志です。今日は是非、馬の儘(まま)で私の屋敷までお帰りを願いましょう。晩餐を差し上げますから。」

 皮林は寧ろ迷惑そうに、
 「イヤ、更(あらた)めて伺いましょう。ご覧の通り、この様な旅行着の儘で晩餐に列なるのは、余りに失礼です。」
 男「ナニ、その様なご遠慮に及びますものか。」
と云いつつ男爵は、新夫人園枝の心如何にやと相談する様にその顔を振り向き見ると、新夫人は何事も男爵の心を以って心と為し、男爵の好む事は、自分も何より嬉しいと思う程なので、厭な顔する筈は無い。男爵は安心して、

 「イヤ、屋敷へ帰りました所で、外に遠慮する客も有りません。唯この三人丈の晩餐です。何うせその絵は今日中に出来上がりはしないでしょう。妻も懇望致しますから、何うかお出でを。」
と云い、更に、
 「ネ、園枝」
と顧みるに、新夫人も笑顔で賛成の意を示した。

 皮林はここに至って、辞退することは出来ないかの様に、
 「では、ご好意に従いましょう。」
 彼れは勿論、この様な厚意に従う目的を以ってこの土地に来たのだが、更に深く心に計(たくら)む所がある。先ずこの新夫人の人と為りから充分に研究し、その上で、追々その奥に及ぼうとする心なので、初めから熱心過ぎて、却って疑われる事を怖れ、成る丈控え目と云うことを守り、新夫人に向っても、寧ろ遠慮に過ぎる程の有様だが、其の鋭い眼は唯是の間に、通例の人が三日も夫人と交わったほど、夫人の身辺(みのまわり)を見て取り、心の中に、

 「フム、非常な美人だ。男爵家の夫人となる丈の徳は天然に顔に備わって居る。ハテな、乞食同様の境涯から救い上げられたのだと云うけれど、生まれは矢張り高貴の家に違いない。下等社会や貧乏の家に育った者は、務めてもこう自然の品格は出て来ない者だ。併し待てよ、自然の品格が有っても、天然の徳が備わって居ても、俺の智恵には叶わないだろう。今に見ろ、この新夫人が勝つか、己(おれ)が勝つか。」
と呟(つぶや)いた。


次(二十六)へ



a:249 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花