巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花、青空菜園、晴耕雨読、野鳥、野草

黒岩涙香の巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花の口語訳、青空菜園、野鳥・花の写真、ピアノ、お遍路のページです

sutekobune26

捨小舟   (博文館文庫本より)(転載禁止)

メアリー・エリザベス・ブラッドン作  黒岩涙香 翻案  トシ 口語訳

since 2014.11.19

下の文字サイズの大をクリックして大きい文字にしてお読みください

文字サイズ:

更に大きくしたい時はインターネットエクスプローラーのメニューの「ページ(p)」をクリックし「拡大」をクリックしてお好みの大きさにしてお読みください。(画面設定が1024×768の時、拡大率125%が見やすい)

         捨小舟  前編   涙香小史 訳

                二十六

 是から皮林育堂は男爵の言葉に従い、連れられてその屋敷に行ったが、彼れの才、彼れの弁は少しの間に男爵の心を迷わせ、この後は又と無い珍客の様に思われ、毎日この屋敷に来る事と為り、果ては阿部村の宿を止め、永谷礼吉と同じく、男爵の客分として、この屋敷に逗留する迄になった。

 この屋敷の仕来たりとして、毎年秋期には主人の知り人を遠近より招き集め、幾日幾週の長い間逗留させて、懇親の情を温め、共に様々の遊びを催す事があるが、今年も秋既に半ば近く、最早や諸方の客を招く可き時になったので、男爵は新夫人と共に、日々招待状を出すのに忙しく、特に今年は新夫人の披露を兼ね、例年よりは倍ほどの人を招くとやらで、その用意も大変であった。

 皮林育堂はこの様な来客の逗留する間は、自分も気兼ねなく逗留出来るので、その間に事を果そうと思う様に、その計(たくらみ)が、如何なることかは知り難いが、男爵と膝を交える度に、それと無く永谷礼吉の人柄を褒めて止まない。

 礼吉が男爵に勘当せられて、今まで二年ほど身を謹(つつし)み、人の口端(くちは)に掛らずに暮らしたことは、今時の年少紳士には例の無い所であると云い、或いは又永谷の様に贅沢に育った身が、急に勘当せられれば、必ずや失望の余り、或いは博打に身を委ね、或いは酒色に溺れ、或いは多くの借金を作り、他人に一方なら無い迷惑を掛けるはずだが、

 永谷はそうでは無くして、只管(ひたすら)に謹慎し、行ないを正した事は、心の底に流石貴族の天性を備えている所がある為だなどと、あからさまに直接は褒めずに、遠回しにその意を洩らし、更に、永谷の勘当以前の不身持ちは、必ずしも当人の罪だけでは無く、余りに気儘(まま)を許し過ぎた境遇の罪であるなどと云うのに、男爵は追々に感心し、口には出さなかったが、心の中で、さては永谷への我が仕向け方が、寧ろ邪険に過ぎたかなと自ら思い直す程となった。

 皮林は男爵のこの様な心を見て取って、今は是だけで充分だ、この上の計略は、唯時節を待つ外無しと、気長くその時を伺って居た。
 この様にして幾日も経ないうちに、追々に招かれた客は到着して、広い屋敷の室々に満ち渡る程となったが、誰一人として、新夫人の顔と心の美しさに感心しない者は無く、この様な美人が何れの土地に潜んで居たのだろうと窃(ひそ)かに怪しむばかりだったが、何れの時、何れの社会でも、妻の余りに美しいのは、得てしてその良人(おっと)が笑われる種となる者である。

 特にその良人(おっと)が早や五十にも近いのを見ては、嫉(ねた)ましさも有り、羨ましさも有り、男爵の前で褒めて、後ろで悪口を云う人は無い訳が無い。しかしながら、男爵は後で人が如何なる評を逞(たくま)しくするのを知ら無い。唯だ新夫人が褒められるのに満悦し、笑顔の止む暇も無かった。

 数多い客の中に、男爵が若い頃からの親友とし、非常に懐かしく思い、又最も尊敬するのは、多年英国の陸軍に在って、剛直の名を轟かし、今は罷役と為って、田園に帰り臥す、老武官小部石(コブストン)大佐と云う人である。読者は知っている事でしょう。この人は即ちかつて悪人古松と云う者に殺された、彼の船長立田の叔父である事を。

 この人だけは、その言葉はその心と同じく、前に諂(へつら)い、後ろに笑う様なことは無く、何事も思うが儘(まま)を口に言って、更に憚(はばか)らない気質なので、男爵は早くこの老友が何と云って、我が妻を褒めるかを聞きたいものと、只管(ひたすら)に二人が差し向かいと成る機会を待って居たが、漸(ようや)くその機会を得、他の人々が皆自分銘々の部屋へと、退いた後に、小部石大佐唯一人接待室に残るのを見たので、男爵は今だと思い、両手を広げて、大佐の傍に寄り、多年の打ち解けた交わりに何の飾りも無い言葉で、

 「のう、老友、己(おれ)は最う早くお前の口から、何とか祝詞(しゅくじ)を聞き度(た)いと待って居たが、痛(きつ)う機嫌の悪いのは何うしたのだ。」
 大佐は犬の唸(うな)る様な語調で、
 「己(おれ)の祝詞(しゅくじ)は聞か無い方が好いだろうよ。己(おれ)はもう、先程から大勢の馬鹿な客が、お前の前で、目出度いの何のと云うのをヤット辛抱して聞いて居た。彼等は今頃は銘々にお前の悪口を言って居るのだ。ドレ己(おれ)も行ってその仲間に入ろう。お前の前で、自分の思う儘(まま)を云って、何も老友と喧嘩するには及ばないことだ。」
と云い、更に大声で打ち笑った。男爵は、

 「何だ、お前は己(おれ)を馬鹿だと云うのか。エ、老友。」
と不愉快そうに問詰めるが立腹した様子は無い。何と言われても腹の立たないのは、茲等(ここいら)が老友の老友である所だろう。
 小「爾(そう)サ、五十に成って、十九や二十の妻を娶り、余り賢人とも云われないだろう。」

 男「ハハハハ、お前は未だ己(おれ)の妻を見ないから爾(そう)云うのだ。見れば必ず感心するよ。」
 小「見ても駄目だよ。美人で無くて醜婦なら己(おれ)は感心して、ウム褒めてやるかも知れないが、醜婦で無くて美人ならば、褒めたくても褒められ無い。何うしてもお前が馬鹿に見えるよ。」

 折りしも次の部屋の方から、絹服の音爽やかに新夫人園枝、前から我が良人(おっと)の老友と聞く、小部石大佐に挨拶しようと、此方(こなた)を指して入り来ようとする。男爵はそうと見て、
 「まア、老友、そう邪険な裁判を下す前に、己(おれ)の妻を良く見て呉れ。此の婚礼が馬鹿気て居るかか居ないかは妻の顔で分るから。」
と云った。



次(二十七)へ



a:231 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

巌窟王、鉄仮面、白髪鬼、野の花